【サバイバー向け】【DbD】生存者(サバイバー)のためのリージョン対策【デッドバイデイライト】

最終更新日
攻略大百科編集部

この記事では「DeadbyDaylight(デッドバイデイライド)」に登場する殺人鬼『リージョン』に、生存者(サバイバー)として遭遇した時の対策をまとめました。


記事:chiro

特殊能力への対策

・リージョンの特殊能力

愚連の狂乱

・愚連の狂乱を発動して高速で走り、複数の生存者に次々と攻撃する。能力ゲージが満タンになると、能力ボタンを押して愚連の狂乱を発動できる。愚連の狂乱発動中は、リージョンの移動速度が上がり、追加アビリティであるパレット乗り越えと愚連の切り裂きを使用できるようになる。

・特殊アビリティ:パレット乗り越え。愚連の狂乱発動中にアクションボタンを押すと、パレット乗り越えで倒されたパレットを乗り越えられる。
・特殊攻撃:愚連の切り裂き。愚連の狂乱発動中に攻撃ボタンを押すと、愚連の切り裂きを発動する。愚連の切り裂きで生存者を攻撃すると、生存者は負傷状態に陥り、深手のステータス効果を受ける。リージョンの能力ゲージが回復し、脅威範囲以内にいて深手のステータス効果を受けていない生存者の位置が、殺人鬼の本能により明らかになる。生存者が既に深手のステータス効果を受けている場合、愚連の狂乱は効果なしで即座に終了する。

プレイ画面左下のサバイバーの状態表示に注意しておきましょう。狂乱で深手を負わされたサバイバーの体力ゲージは赤く点滅しています。その状態の時リージョンの脅威範囲内にいるサバイバーは、赤く点滅して場所を特定されてしまいますので、すぐに脅威範囲外に逃げましょう。

なおこの時はロッカーに隠れていてもリージョンに居場所が表示されてしまいます。味方に深手状態の人がいるときはロッカーに隠れることは全体にやめましょう

狂乱状態で追いかけられた時は、タイミングを見計らって急旋回で攻撃を避けましょう。攻撃を外したリージョンがスタンしますのでその間にその場を離れます。

負傷した時毎回治療しているときりがない場合、深手のみ治してその後の治療はせず発電機を回すのも手です。ただしリージョンがパーク「死恐怖症」を付けている場合、負傷したままだと修理、治療、破壊工作の速度にペナルティを受けてしまうため、状況を見て回復しましょう。

[PR]

気をつけるべきリージョンのアドオン

リージョンのアドオンで特に知っておいた方が良いものを紹介します。
愚連の狂乱の持続時間が延びるものや、発動後のチャージ時間が短くなるものもありますので、いつもと違うな?と感じたら以下のアドオンを付けている事を予想してみてください。その他の効果のリージョンのアドオンはさほど強くありませんので、あまり使う人はいない印象です。
またリージョンにはマップ全体が脅威範囲になるウルトラレアのアドオンもありますので、どこに行っても心音が聞こえる場合こちらを疑いましょう。

アドオン

効果

・マップ全体が脅威範囲になる

・自分が乗り越えたパレットが即座に破壊される

・愚連の狂乱のクールダウンがかなり減少する

・愚連の狂乱のクールダウンがそこそこ減少する

・愚連の狂乱の持続時間がかなり上昇する

気をつけるべきリージョンのパーク

リージョンが付けがちなパークを紹介します。

パーク

効果

・視野が通常よりも9/12/15度広がる。

・他の視野拡大効果と重複しない。

・生存者を吊るすと、次に破壊する発電機の修理進行度が即座に25%減少する。その後、発電機の進行度は通常通り減少していく。
・生存者が吊るされた後35/40/45秒間有効。

・生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。

・生存者が初めてフックに吊るされるたび、全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で50/75/100%まで。この効果は重複する。
・追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

・20/24/28メートル以内にいる治療中、または治療を受けている生存者のオーラを視ることができる。

リージョン特有で強いパークというのはあまりなく、他のキラーにも人気なバベチリやナースコールなどに警戒しましょう。バベチリ対策はしているのにやけに生存者の居場所を特定される時は「ナースコール」を疑って、治療より治りかけの発電機を優先する、心音範囲内では治療しない、などの対策を取りましょう。

リージョンに刺さる生存者パーク

リージョンは脅威範囲内にいる時に味方が狂乱で切られてしまうと自分の場所を特定され、狂乱状態で追いかけてきます。しかし狂乱状態が終了すると数秒スタンし、そのスタン中は視界が真っ暗になり生存者を目で追うことができません
追いかけられた時にダッシュで逃げることができる全力疾走」や「スマートな着地」「しなやか」があると便利です。
もしリージョンに自分が深手を負わされてしまった場合は、リージョンは別の生存者の方へ走って行きますのでは慌てて逃げなくても大丈夫です。自分しか脅威範囲内にいなかった時は引き続き追われ続けて狂乱終了と同時に殴られることが多いので、狂乱終了時のスタン中に慌てず赤い傷マークをうまく消して撒くことができるとラッキーです。

パーク

効果

・走り始めた時、通常の150%の速度で最大3秒間全力で走る。
・疲労時に使用できない。
・60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・走っている間、疲労は回復しない。

・急いで乗り越えを行うと加速し、最大3秒間、移動速度が通常の150%に上昇する。

・60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・しなやかは疲労時に使用できない。
・走っている間、疲労は回復しない。

・高所から落ちた後、猫のような反射神経により落下時のよろめく時間が75%減少し、うめき声の大きさが100%低下する。通常の150%の速さで、最大3秒間走ることができる。

・60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・疲労中はスマートな着地を使うことができない。
・走っている間、疲労は回復しない。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ