【アルセウス】ポケモンHOMEとの連携はいつから?その他仕様まとめ【ポケモンレジェンズ】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケモンHOME』のアップデートによって『Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモン レジェンズ アルセウス)』で新たに出来るようになる事や注意点について掲載しています。

ポケモンHOMEがアルセウス、BDSPに対応

ポケモンHOMEがレジェンズアルセウスやBDSPと対応する事により、他作品で捕まえたポケモンをポケモンHOME経由でレジェンズアルセウスに移動出来るようになり、逆にレジェンズアルセウスで捕まえたポケモンも別作品に移動出来るようになります。

実際に使えるのはいつから?

5月18日の9~15時にポケモンHOMEのメンテナンスが予告された為、この時間に連携される可能性が高いです。

また、アクセス負荷分散の為にユーザー毎にログイン可能になるタイミングが異なり、最大で19日の10時ごろになる可能性があると発表があったので、15時になったらすぐにHOMEにログインが可能かはわからない状況となっています。

[PR]

他作品に移動した際の影響について

ステータスは各ソフトごとに対応した数値で表示される

ポケモンレジェンズアルセウスでは、種族値とがんばレベルを基にステータス数値が計算されています。ポケモンHOME上でも、レジェンズアルセウスとの連携中は、この数値が表示されます。

BDSP・剣盾など、種族値と個体値・努力値を基にステータスを計算しているソフトと連携すると、その間アルセウスから送ったポケモンも対応した数値で表示されます。

つまり、各ポケモンごとにがんばレベル・個体値・努力値が記録されており、それぞれのソフトが計算に使う数値だけを参照して表示するといった形になっているようです。

また、がんばレベルと個体値・努力値は完全に別の物として扱われているため、がんばレベルを上げても個体値や努力値にボーナスがある状態で他のソフトに送ることができるということはありません。

特性はそのポケモンの持つ通常特性から決まる

特性はレジェンズアルセウスとHOMEとの連携画面では表示されません。そのため、レジェンズアルセウスで捕まえたポケモンの特性を確認したい場合は、一度レジェンズアルセウスからHOMEに預けたあと、改めてBDSPや剣盾との連携画面を開くことで確認できます。

ただし、現状レジェンズアルセウスにしか登場していないポケモン、およびリージョンフォームはその方法でも特性が表示されないため注意が必要です。今後スカーレット・バイオレットの発売後に送ることができるようになるまで特性は確認できないものと思われます。

オヤブン個体はどうなる?

オヤブン個体は3V以上が確定

レジェンズアルセウスでオヤブンとして登場したポケモンを剣盾・BDSPに送った場合、個体値が3V以上になります。

大きさや二つ名・証などはつかない

他作品にいる間は同じ種類のポケモンと同じ大きさで表示され、オヤブンマークが表示されることもありません。ポケモンを繰り出す際に表示される二つ名などが付くといった特典もないようです。再度アルセウスに送ってきた場合、オヤブン個体の表示などは元に戻ります。

技構成について

作品によって覚えられる技に差があるため、初めてその作品に送られたときに「その作品の現在レベルで覚える技のレベルの高い物から順に4つ」に技が上書きされます。ただし、覚えていた技のデータは作品ごとに記録されているため、元の作品に戻したときには元の技構成に戻すことができるようです。

他作品との移動の影響簡易表

それぞれの作品に存在しない技やボールについては以下のようになります。

移動の影響がある要素

ソードシールド(BDSP)→アルセウス

アルセウス→ソードシールド(BDSP)

現在レベルで覚える技に自動的に上書き

(元の作品に戻せば元の技に戻る)

現在レベルで覚える技に自動的に上書き

(元の作品に戻せば元の技に戻る)

入っているボール

見た目がストレンジボールに変更

見た目がモンスターボールに変更

特性

特性は一旦消える

通常特性から選ばれる

(一度決まった後は固定)

個体値

記録されている

(アルセウスから戻ってきた場合元の数値になる)

ランダム

オヤブン個体

存在しない

通常の個体と同じで扱われる

(アルセウスに戻した場合はオヤブンになる)

見た目が変わったボールに関しては、あくまで各作品での表示が変わるとのことなので、元の作品に戻せばボールも元に戻るようです。

ポケモンを移動させる時の注意点

新たに連携する作品間でポケモンを移動させる際注意が必要なのは、覚えている技が変わる点とボールの見た目が変わる点です。

ただし、ボールの見た目、技構成どちらも作品ごとに記録されるため、元の状態に戻すことも可能です。

リージョンフォーム(ヒスイ)のポケモンや各地方に居ないポケモンについて

ゲーム内で登場しないポケモンはそのソフトに送ることはできません。リージョンフォームも含めて、その作品に登場するポケモンのみを送ることができます。

剣盾・BDSPにはレジェンズアルセウスの新登場ポケモンとリージョンフォームを送ることができず、逆にレジェンズアルセウスにはヒスイ図鑑に登場しないポケモンを送ることはできません。

ポケモンを移動させるメリット

別地方でも旅が出来る

レジェンズアルセウスで共に冒険をしたポケモンをポケモンHOMEに移動させれば最新作でもそのまま一緒に冒険をする事が可能です。

思い入れのあるポケモンと新しい地方を旅出来るのは1つの大きな楽しみだと言えます。ただし、最新作「スカーレット・バイオレット」では、発売と同時にHOMEと連携されるわけではないようなので注意しましょう。

いっぴき道などの攻略

難易度や要求レベルが高い事の多いいっぴき道ですが、ソードシールドであれば育成が非常に簡単なので育成した個体をレジェンズアルセウスに送ってくる事で効率的にクリアが可能です。

ただし、がんばレベルを上げる必要がある場合はアルセウス内でしか上げられないので注意しましょう。

色違いや新しいボール

ソードシールドで捕まえた色違いポケモンをレジェンズアルセウスに送る事で、好きなポケモンをソードシールド以上に美麗な3Dグラフィックで楽しめます。

また、別地方から送ってきたポケモンが入っているボールの見た目はストレンジボールというこれまでに無かった新しいボールのものが適用される為、このボールが似合うポケモンであれば特にレジェンズアルセウスに送ってくる価値はあると言えるでしょう。

記事内の画像は公式サイトから引用しています。

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ