【桃鉄ワールド】必勝法③所有物件を増やす方法まとめ【桃太郎電鉄ワールド~地球は希望でまわってる!〜】

攻略大百科編集部
URLコピー

『桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~』で、所有物件を増やす方法を解説します。

物件を増やすメリットとは

物件を増やすことで、毎年の決算時(3月終了後)に物件の金額と利益率に応じた収入がもらえます。また、特定の物件を所有するとイベントが発生し、臨時収入やカードがもらえることもあります。

その他、所持金はボンビーや他プレイヤーの攻撃で奪われやすいものの、物件は比較的奪われにくいメリットもあります。

桃鉄の勝敗は総資産で決まりますが、これは持ち金と所持物件の総額で決まります。ある程度の持ち金は残しつつも、物件はどんどん買っていくことをおすすめします。

所有物件を増やす方法

お金を増やす

物件を手に入れるには、基本的にはお金を増やして購入することになります。目的地にゴールしたり、物件から収益を得たりしたお金を使って物件を購入しましょう。

以下の記事では、お金を増やすさまざまな方法を解説しています。

カードを使う

カードの中には、物件の購入や入手に便利なものがあります。

例えば 物件飛びカード は、ランダムに選ばれた独占可能な物件駅まで飛び、物件を購入できるカードです。目的地に近づきながら移動できるため、貧乏神がとりつくリスクも減らせます。

虫メガネで確認して行動する

サイコロを振った後に虫メガネで確認すると、購入できる物件がある物件駅には¥マークが表示されます。

中でも、独占できる物件駅は¥マークがくるくる回っていますので、もし止まることができるのであれば積極的に狙っていきましょう。

他プレイヤーを借金に追い込む

他プレイヤーの所有する物件を奪う方法としては、乗っ取りカードや強奪飛びカード、100倍で買い取り(ゲーム進行で利用可)などがありますが、一つ一つ買ったり奪ったりするのは、時間もお金もかかります。

最も手っ取り早いのは、借金に追い込んで物件を売らせる方法です。これなら本来の金額で購入できますし、同じ物件駅の物件をまとめて購入できるメリットもあります。

キングボンビーなど貧乏神の変身形態をなすりつけることで、相手に大きな被害を与えることができます。

ただし、農林物件だけは借金でも売却の対象になりませんので、こちらはひとつひとつ乗っ取るか、 ポコン ばらまきボンビーなどで手放すのを待ちましょう。

物件を増やす効果のある歴史ヒーロー

エジソンがおすすめ

都市

独占金額

ニューヨーク

1兆2163億1千万円

エジソンは、物件を効率よく入手できる効果が多数あります。

  • 物件1件を半額で購入できる「ブッケンカーウ」
  • 物件が買われていない物件駅を半額で独占できる「ブッケンゼンブー」
  • 他のプレイヤーから物件1件を奪う「ブッケントール」

ニューヨークの独占金額はかなり高いものの、より多くの物件を集めたいなら優先して狙いましょう。

エリザベス1世も便利

都市

独占金額

ロンドン

9671.2億円

エリザベス1世 は、仲間にしたときやランダムなタイミングで、持ち金を使えるだけ使って高額物件から順に購入する効果があります。

持ち金がゼロに近くなる点は注意する必要がありますが、物件を集めるという意味では役立つ効果でしょう。

このほか、確率でスリの銀次を防いでくれる効果がとても便利ですので、優先して仲間にしたい歴史ヒーローの1人です。

物件を増やせる歴史ヒーロー一覧

上の2人を含め、物件を買ってきたり奪ったりする効果がある歴史ヒーローは以下のとおりです。

歴史ヒーロー

独占都市

効果

イブン・ハルドゥーン

チュニス

中東の物件を無料でもらえる

エジソン

ニューヨーク

半額で独占できる効果など

エリザベス1世

ロンドン

持ち金で高額物件から買えるだけ買う

ジャンヌダルク

パリ

ヨーロッパの物件を奪う

シュヴァイツァー博士

リーブルビル

医療物件を半額で買える

チンギス・ハン

ウランバートル

物件1件を奪う

ボリバル

カラカス

中南米の物件を無料でもらえる

マルコ・ポーロ

広州

物件1件を半額で買える

メネリク2世

アディスアベバ

アフリカの物件を無料でもらえる

リンカン

リンカーン

北米の物件を奪う

ランキング

  1. 歴史ヒーロー(偉人)一覧・マップ・効果・発生条件まとめ
  2. クイズの精霊クエスニャンの質問と回答
  3. 「八大財宝を探せ!」スタンプラリー全駅一覧と勝つコツまとめ
  4. 伝染病にうちかて!イベントの解説と勝つためのコツ・物件一覧・マップまとめ
  5. とりかえしカードの効果・入手方法

新着コメント

もっと見る
トップへ