【レジェンズアルセウス】ヒスイのすがたのゾロアとゾロアークが公開|映像に映っていたポケモンの正体が明らかに【Pokémon LEGENDS】

最終更新日
攻略大百科編集部

「Pokemon LEGENDS アルセウス」に関連して10月19日に公開された動画に関する情報・考察を掲載しています。

10月19日に公開された不思議な映像について

10月19日にポケモン公式YouTubeチャンネルに投稿された以上の映像は、シンオウ地方のミオシティにあるミオ図書館の奥から発見された映像資料のようです。

この映像は、古い映像のためか映像と音声が非常に乱れてしまっていますが、調査員のような人物が雪に包まれた場所でポケモンの撮影をしているようで、ユキワラシが映像に映っています。

その後、「あれは、ガーディでしょうか?いや、ロコン、ではないぞ?」との音声が聞き取れ、別のポケモンにも出会っているようです。映像はこの後、何かに襲われたかのような音声の主の叫び声と、近づいてくるような足音とともに終了します。

公式サイトでは、この映像専用のページも公開されています。ハッシュタグ「#ポケモン調査報告」をつけてTwitterへ映像で気付いたことを報告することができるようになっているので気になる方は他の方の考察を見てみるのもいいでしょう。

10月21日新情報:ゾロアとゾロアークのヒスイのすがたが公開

[出典元:公式サイト]

公開された「不思議な映像」の復元作業が行われていると公式ホームページで記載されていましたが、10月21日に復元の完了した映像が公開されました。

復元完了した映像には、「ヒスイのすがた」のゾロアとゾロアークのがはっきりと確認できます。この2匹は「ノーマル・ゴースト」の初登場となる複合タイプを持っているようです。

最後の男性の叫び声は、ゾロアを見つけ撮影していたところに、ゾロアークによって幻を見せられたため上げた叫び声だったようです。

映像の最後で出会っているポケモンは何者?

※ここで紹介した考察は復元前の映像の情報に基づき、映像の全貌が公開される前に記述した推論です。

映像の最後で出会っているガーディかロコンのようなポケモンの手がかりとなる情報は映像から分かるもので以下のものが挙げられます。

  1. ガーディやロコンのような、四足歩行かつサイズがあまり大きくはないポケモン
  2. 首回りと頭の上にふわふわの白い毛が生えている
  3. 瞳は丸く黄色い
  4. 尻尾に赤い模様が入っている
  5. 雪山の奥深くであろう場所に生息している(映像1:10秒あたりからもう少し奥まで入ってみようとの発言がある)
  6. 調査員らしき男性が叫び声をあげて逃げ出すような何かを引き起こしたポケモンである可能性もある

結論から挙げると調査員が出会ったポケモンは「ゾロアのヒスイのすがた」なのではないかと予想しています。いかに理由を挙げます。

ガーディやロコンのようなサイズで頭と首回りに毛が生えている

①で挙げた通り、サイズの小さなポケモンを挙げていることから、そこまで大きなポケモンではないであろう(ウインディやキュウコンのような進化した後のポケモンのサイズではなさそう)ことが分かります。舞台となるヒスイ地方の元となった、「北海道の雪深い地域に生息している犬のような動物」といえばまずキタキツネと見ていいでしょう。ロコン以外でキツネをモチーフにしているポケモンはゾロア系統とフォッコ系統とクスネ系統ですが、頭と首回りに毛が生えているという特徴はゾロアにのみ見られます。

外見の特徴だけでいうとイーブイやブースターも当てはまりますが、ポケモン図鑑でのたかさでガーディ・ロコンと比べるとイーブイはかなり小さく、ブースター含む進化後では大きいこと、そして雪山である必要性がなさそう(シンオウ地方の雪山はグレイシアの進化条件ですでに使っているというのもあります)なことから、イーブイ系統ではなさそうだと予想しています。

調査員の叫ぶタイミングがあまりに急であること

調査員の叫び出すタイミングが、ポケモンの瞳の特徴を挙げた瞬間で、それまで「大声を上げて逃げ出さないといけない」ような事態になる前兆すら感じ取っていなかったのは少し不自然に感じられます。また襲われた際の反応の仕方は元々いたはずの小さなポケモンに襲われたにしては大きすぎる反応ですし、その進化後のポケモンに襲われるとしてもそれこそ足音など物音で少しは予兆を感じ取っていてもいいのではないでしょうか。

また、急な雪崩のような自然現象で逃げ出したのであれば、ポケモンだってその場から逃げなければいけないので投げ出されたカメラにゆっくりとした落ち着いた足音が残るのは不自然です。

以上のことから、「実際には調査員は襲われていなかったが、ここからいますぐに離れないと危ないと錯覚するような幻」のようなものを見せられたのではないかと予想しています。ポケモンソードの図鑑説明ではゾロアークの項にて「仲間想いのポケモン。恐ろしい幻を見せて住処や群れを守るのだ。」とあります。

もうひとつ挙げられる根拠として、映像の最後に残された足音は、ロコンやガーディのようなポケモンの足音にしてはずっしりとしていますし、足音の数から四足歩行の生き物の足音ではなさそうですが、進化後のゾロアークは二足歩行のため、この矛盾も解決されます。

つまり、ゾロアに近づいてきた人間に気付いたゾロアークが人間に幻を見せて追い払ったとみるのが自然な解決となりそうです。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ