【ドラクエビルダーズ2】PS4版とSwitch版の違い【DQB2】

最終更新日

「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 (DQB2)」のPlayStation4版とNintendo Switch版の違いとおすすめについて解説しています。

PS4版とSwitch版の違い

値段

希望小売価格はどちらも「7800円+税」で同じですが、販売店舗によってはPS4版とSwitch版で値段が異なる場合があります。

内容

どちらであってもゲーム内容には違いがありません。

画質

画質はPS4の方がわずかに良いように感じますが、本当にわずかな違いで普通に遊んでいる分にはほとんど気にならない・気づかない程度の違いです。

遠くの景色が少し違う


Switch版は遠い場所のオブジェクト(家具など)の表示が省略される事があります。

かなり遠くの場合のみ省略されるので、普通に遊んでいる分にはあまり気になりません。

マルチプレイ

マルチプレイは他機種間(PS4とSwitch)ではできません。

マルチプレイ料金の違い


マルチプレイにはPS4ならPlayStation Plus、SwitchならNintendo Switch Onlineへの加入が必要です。

料金はPS4が1ヶ月514円、Switchが300円なのでSwitchの方が安く遊べます。

おすすめは?

引き継ぎ特典で決める

前作「ドラゴンクエストビルダーズ1」をプレイしている場合はビルダーズ2で引き継ぎ特典を受け取る事ができます。

  • 伝説のビルダー帽 ビルダーズ1の主人公と同じ見た目の帽子
  • 竜王の玉座 座っている間だけりゅうおうの姿になれる玉座

この引き継ぎ特典を受け取るには1をプレイした機種と2の機種が同じ必要があります。

1をPS系列(PS3/PSVita/PS4)でプレイしているならPS4版を、SwitchでプレイしているのならSwitch版をおすすめします。


遊び方で決める

PS4はSwitchよりも性能が高いため、巨大建築やモンスターとのバトルなどで処理落ちする心配が少なく、しっかり遊ぶならPS4版の方が適していると言えます。

一方でSwitchはマルチプレイの料金が安く、手軽さもある事からマルチプレイの盛り上がりはSwitch版の方が高くなると考えられます。

体験版で決める

どちらの機種も所持している場合は現在配信されている体験版を両方プレイしてみて決める事をおすすめします。


コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら