建築初心者必見!基本の家づくりを解説!

「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 (DQB2)」での家づくりの基本について解説します。

家の基礎をつくる

家の広さを確認する


まずは、作りたい広さや形に高さ1ブロック分だけブロックを置いていきます。
こうすることで、実際にどんな広さになるかイメージしやすくなります。

ブロックを積んでいく


家の形が決まったら、ブロックを積んでいきましょう。
好きな高さまで積んだら、天井部分にもブロックを敷いていきましょう。


画像は高さ4ブロック分まで積んで、家の中に入ったものです。

家の基本部分が完成!


ブロックを積み、とびらを取り付ければ、家の基本部分が完成します。

この形を基本にして上に屋根を作ったり、もう一つ基本部分を乗せて2階建てにしたり、となりに基本部分をつなげて部屋の数を増やしたりと自分の好みに合わせてアレンジできます。

[PR]

屋根を作ってみよう!

屋根を作るには屋根用ブロックを使ったり、ビルダー道具「カッター」を使ってみましょう。

屋根ブロックとカッターの違い

  • 屋根用ブロック:置く場所によって形が変わる。置き方を間違えると思ったような形にならないときがある。
  • カッター:自分で「ななめ」「半分」「引っ込んだ形」の3種類から選んでブロックの形を変える。形を変えたブロックの上に物を置くと、浮いたように見えるときがある。

ここでは基本的な三角屋根の作り方を紹介します。

屋根の壁をつくる


屋根の壁部分に、階段状にブロックを積んでいきます。
このとき、屋根用ブロックをあとで置くので、1ブロック分小さく置きましょう。

屋根用ブロックを置く


階段状に置いたブロックのところに、屋根用ブロックを置いていきます。


屋根用ブロックのかわりに普通のブロックを置いて、カッターで斜めにカットすることでも屋根になります。

残りの部分にブロックを置いていく


三角屋根になるように、残りの部分にもブロックを置いていきます。
隣にブロックがある場所にはブロックを置けるので、それを利用してブロックを置いていくと、使うブロックの数を節約できます。


天板用ブロックは下にブロックが無いと正しい位置に置きにくいので、下にブロックを置き、その上に天板ブロックを敷いていきます。

 


一番手前の屋根だけカッターで作ってありますが、屋根ブロックを全部設置した状態です。


屋根ブロックを1ブロック分はみ出すように置くと、さらに屋根らしく見えます。

自分の好みにアレンジしよう

建物ができたら、自分の好きなようにアレンジしてみましょう。

家の中をアレンジ!


床のブロックが地面系のままなら、床系ブロックにリフォームコテを使って置き換えてみましょう。
また、壁の一部をまどにしたり、家具を置いてみましょう。

外見をアレンジ!


リフォームコテで壁の素材を変えてみたり、家の周りに植物を置いたりしてみましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら