【マイクラPE/Switch】ベータ版1.12.0.2更新情報まとめ【統合版/BE】

最終更新日

Xbox One、Windows 10、 Androidベータ版のバージョン1.12.0.2(Bedrock)の内容が公開されました。

既知の問題

このベータ版における既知の問題は、将来のアップデートで修正される予定です。

  • Mobの頭の形状 – 猫や村人などのMobは、寝ているときや座っているときに頭の位置がずれていることがあります。
  • トライデントと盾がプレイヤーによって握られていると見えなくなることがあります。
[PR]

新機能

アイテムインスタンスIDをクライアントとサーバー間で同期できるようになりました。
コマンドブロックにオートコンプリートを追加しました。
spawnRadius gameruleを追加しました。
プレイヤーはspawnRadiusと呼ばれる自分の世界で指定することができます。この概念は、Java Editionがそれを実装した方法から適応されました。これは、スポーンが行われるための許可された領域を作成するためにプレイヤーが0から32の間の数を指定することを可能にします。そのため、27の出現半径は12の半径よりも大きい円になります。その後、プレイヤーはその半径内のランダムな場所に出現します。
Bedrock Dedicated Serverでコンテンツロギングを有効にしました。
コマンドブロックに遅延オプションを追加しました。
新しいフィールドを使用して、コマンドブロックに遅延を追加できます。この遅延の目盛りはRedstoneの目盛りです。

マップメーカーとアドオンクリエイターのために

  • 新しい項目はアドオンを使って追加することができます。
  • Mobのイベントはワールドテンプレートで有効/無効にできるようになりました。
  • アニメーションやパーティクルは、エンティティにリンクしなくても追加できます。
  • インベントリ、鎧、そして手のコンテナーはスクリプトを通して適応させることができます。
  • 効果音はアニメーションイベントによって引き起こされることができます。
  • スクリプトAPIに新しいexecuteCommandを追加しました。
  • 次のようなアイテムとのやり取りのためのスクリプトイベントを追加しました。
    拾ったアイテム
    アイテムが落とされた
    手持ちのアイテム変更
  • ワンショットアニメーションのサポートを追加し、エンティティ上で単一のアニメーションを実行できるようにしました。
  • パーティクルエミッタがスクリプトイベントをトリガーできるようになりました。
  • リソースパックにおけるアクターイベントのクライアント側の使用法を文書化するための、アクターイベントの文書の更新をしました。
  • ブロック追加コンポーネントがJSONスキーマを使用するようになりました。
  • コンテンツログエラーを表示するための画面を作成しました。
  • ログ画面はCtrl + Hを使用するか、Settings(設定)→Profile(プロファイル)を選択して開くことができます。
  • 静的検証スクリプトをローカルで実行できるようにするコードを追加しました。
  • スクリプトを使ってカスタムブロックを追加できるようになりました。
  • これは現在まだ「進行中の作業」機能であり、今後のアップデートでより多くの機能が追加される予定です。
  • カスタムブロックは現在、追加のJSONスクリプトを介してのみ追加できます。
  • カスタムブロックはスラッシュコマンドでのみ配置できます。
  • 新しいデータ駆動型パーティクルを追加しました。
    ラマの吐き出すもの
    大爆発
    色付きの炎
    レッドストーンダスト
    落下ダスト
    溶岩
    エンチャントテーブル
    コンジット
    新しいデータ駆動型アニメーションを追加しました。
    オオカミ
    牙の攻撃
    矢印
    シュルカーの弾丸

  • 「重大な変更」セクションを含むようにドキュメントを更新しました。
  • Item API V0
    基本的なアイテム関連のイベントはScripting APIに公開されています。
    actor_acquired_item
    actor_carried_item_changed
    actor_dropped_item
    actor_use_item
    actor_equipped_armor
  • Inventory API V0
    基本的なインベントリイベントはScripting APIに公開されています。
    inventory_container
    armor_container
    hand_container(handコンテナはメインハンドとオフハンドの両方になります)
    hotbar_container
  • Block API V0
    ブロックを照会するための新しいブロックイベントと2つの新しいAPIが含まれています。
    API
    getBlock(ティッキングエリア、x、y、z)
    getBlock(ティッキングエリア、PositionObject)
    getBlocks(ティッキングエリア、x最小、y最小、z最小、x最大、y最大、z最大)
    getBlocks(ティッキング領域、最小位置オブジェクト、最大位置オブジェクト)
    Events
    block_destruction_started
    block_destruction_stopped
    iston_moved_block
    player_destroyed_block
    player_placed_block
  • executeCommand API
    Scripting APIがスラッシュコマンドの結果を取得できるようにします。
  • Event Data API
    作成者がイベントデータを作成し、登録し、それをイベント関数に渡すことを可能にします。
    アップデートデモパック

修正

クラッシュ/パフォーマンス

  • ゲームプレイ中に起こりうるいくつかのクラッシュを修正しました。
  • マルチプレイヤーでのチャンクロードパフォーマンスの向上をしました。
  • コマンドでセレクタを使用するときのパフォーマンスのさらなる向上をしました。
  • Xboxでプレイヤーを切り替えると起こるクラッシュを修正しました。
  • キャッシュされたリソースパックによって、ニンテンドースイッチで遅延が発生しなくなりました。
  • 一部のWindows 10デバイスでゲームを起動したときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • Realmに参加しているときに特定のインタラクティブブロック(ベッド、チェスト、かまどなど)が読み込まれているときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • 海底神殿でガーディアンとの戦いに参加した際に発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • 忠誠心エンチャントをしたトライデントを投げたときに起こりうるクラッシュを修正しました。
  • ゲームを終了するときに時々起こることがあるクラッシュを修正しました。

全般

  • 複数のオペレータがそれらを調整しようとしたときに、プレイヤーの権限が正しく適用されるようになりました。
  • ブロックに撃たれた矢は、世界をリロードするとき、その位置を保ちます。
  • 時間帯が変更されたときに、Area of​​ Effectクラウドが過剰な数のパーティクルを生成しようとしなくなりました。
  • マーケットプレイスリソースパックは、ワールド編集メニューでダウンロードした後すぐに適用されるようになりました。
  • 「常に昼間」トグルが正しくアニメーション化され、正しい設定が表示されるようになりました。
  • 流れる水が紐の上を流れた後も取り残されなくなりました。
  • 釣り竿のウキがコマンドで殺された後、プレイヤーは二度右クリックする必要なしに再び釣りをすることができます
  • プレイヤーがニンテンドースイッチのネットワーク設定を調整するたびにスクリーンリーダーのプロンプトが表示されなくなりました。
  • 不要なXbox Liveサインイン通知を削除しました。

ゲームプレイ

  • マーケットプレイスのオファーページに25を超えるアイテムを表示できるようになりました。
  • 村人の交易ウィンドウのスロット間で分割されているアイテムは、依然として合計取引金額としてカウントされます。
  • ブロックはレッドストーン鉱石のあった場所に再度置くことができます。
  • ワールド設定が異なるXboxデバイス間で正しく同期するようになりました。
  • レイドで戦ったプレイヤーだけがRealmでヒーロー効果を見たり受けたりすることができます。
  • スプラッシュと効果延長ポーションで叩かれると鐘が鳴るようになりました。
  • Mobのスポナーは今度から明るさが7以下の場合にのみMobをスポーンします。
  • ココア豆はピストンで押されると壊れて落ちるようになりました。
  • エンドゲートウェイポータルに関するいくつかの関連問題を修正しました。これらは使用時にプレイヤーを正しい安全な場所にテレポートするはずです。
  • 効率のつるはしは今やより速い速度で氷塊を壊します。
  • 癒されているプレイヤーはまだTNTによってノックバックすることができます。
  • 村人は治癒しても仕事を続けます。
  • 砥石は2つのダメージを受けたアイテムを正しく組み合わせて修復します
  • あなたは今タッチデバイス上のチャージクロスボウでブロックと接触することができます
  • Bad Omen効果はPillager Captainを倒したときにのみ受け取られ、弓やダメージポーションで致命的でないダメージを与えたときには受けられません。
  • ゲームが再開されるまで特定のブロックを配置できなかったさまざまなシナリオを修正しました 。

ワールドジェネレーション

  • 専用サーバーとRealmで、間違ったブロックタイプが生成される可能性があったバグを修正しました。
  • 村の職業用ブロックの数を微調整しました。

Mob

  • 村人たちは今も仕事を続けています。
  • ヴィンディケーターはレイド中にカーペットの上を正しく通過できるようになりました。
  • 世界をリロードするとき、ウィザーはもうその生成アニメーションを再生しません。
  • Mobは調合台上で移動経路を探したりしません。
  • 村人が交易をしたくないときを示すためのサウンドを追加しました(例えば、レイドの間など)。
  • Pillager Captainsは今度から世界がリロードされても正しく旗をドロップします。
  • Mobはハーフブロックに出現するようになります。
  • ゾンビ村人のサウンドを再追加しました。
  • はしごでパスファインディングするときにMobが動けなくなりました。
  • 新しい行商人のサウンドを追加しました 。
  • タグコマンドを使って通常のPillagerからCaptainに変換すると、旗が正しく表示されるようになりました。
  • エヴォーカーは「村へ移動」という目標であまり速く移動しなくなりました。
  • プレイヤーと活発に取引している村人は、襲撃の鐘が鳴っても走り隠れなくなります。
  • 司祭は彼らの仕事場に正しくパスファインドできるようになりました。

ブロック

  • 足場はコンジットtブロックに配置できなくなりました(これは現在Javaに一致します)。
  • 当たったとき、鐘はプレイヤーに向かってスイングするようになりました(Javaと一致します)。

アイテム

  • 落とされたアイテムはトロッコがレールに置かれるのを妨げなくなりました。
  • 空のガラス瓶は、調合台から取り外されたときに正しくスタックされるようになりました。
  • 盾はアイテムフレーム内で明るすぎて見えなくなりました。
  • 海草テクスチャの明るさを修正しました。
  • タルはクリエイティブインベントリ内の適切な場所に配置されました。

グラフィック

  • 一部の村人スキンのテクスチャがちらつく問題を修正しました。
  • オオカミのリードの位置を修正しました。
  • ノートブロックのパーティクルは演奏されたノートに正しく対応するようになりました。
  • ゾンビ村人のスキンが欠けているのを修正。
  • 農地の側面と底面のテクスチャが正しくなりました。
  • ドアとトラップドアのテクスチャの問題を修正しました。
  • 染められた革の馬の鎧の色はもう他の馬の鎧に影響を及ぼしません。

ユーザーインターフェース

  • Lectern UI用のコントローラツールチップを追加しました。
  • クラシックUIの使用時にAndroidの画面に合わせてカートグラフィUIを調整しました。
  • プレイヤーがあまりにも遠くに立っている場合、村人取引のUIは開閉しなくなりました。
  • 講師用UIコントローラのツールチップを追加しました。

アドオンとスクリプトエンジン

  • プレイヤーが浮遊する可能性があるスクリプトのバグを修正しました。
  • ピックブロック(中クリック)が、アドオンを使用して追加された非バニラエンティティで正しく機能するようになりました。
  • ScriptAttackComponentおよびScriptCollisionBoxComponentは、更新されたデータを正しく取得するようになりました。
  • ゲームループで実行された関数は、所有者権限ではなく、ゲームマスター権限を持つオリジンを使用するようになりました。
  • 関数マネージャがアップグレードされた権限でインスタンスを作成できるようにServerCommandOriginに新しいコンストラクタパラメータを追加しました。


(参考)
https://feedback.minecraft.net/hc/en-us/articles/360027059411-Minecraft-Beta-1-12-0-2-Xbox-One-Windows-10-Android-

 

ベータ版をプレイする方法

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら