【マイクラPE/Switch】ベータ版1.13.0.1更新情報まとめ【統合版/BE】

最終更新日
8
件のコメント

Xbox One、Windows 10、 Androidベータ版のバージョン1.13.0.1(Bedrock)の内容が公開されました。

2019/7/2追記
シュルカーボックスの誤字を修正しました。
コメントでの指摘ありがとうございます。

試験的なゲームプレイ

  • 新しく改良された構造ブロックを追加しました。
[PR]

新機能

  • キツネを追加しました。
  • 亜種として北極ギツネを追加しました。
  • キツネは、雪の多い気候では北極ギツネとして出現するようになり、ホッキョクグマはそれらを挑発されると攻撃します。
  • 懐いたキツネはプレーヤーを守ります。
  • キツネは自分の口でアイテムを拾い上げて運ぶことができます。
  • キツネは彼らが持っているものを食べるかもしれません、時々面白い結果で!
  • コマンドを書くときに座標をタブ補完できるようになりました。
  • Mobの永続化のための新しい“ PersistComponent”を追加しました。
  • 新しく改良された構造ブロックを追加しました。
  • 保存と読み込み機能は試験的なゲームプレイの中にあります。

変更点

  • マーケットプレイスパックが自分のバージョンのMinecraftと互換性があるかどうかをプレイヤーに知らせるメッセージを追加しました(特に、新しいバージョンのゲームのブロックが含まれている場合)。
  • iOS上のMinecraftは、そのアプリの動作をサポートしていないため、「Minecraftを閉じますか」というポップアップは表示されなくなります。
  • アクセシビリティを向上させるための新しいチャット設定オプションを追加しました 。

マップメーカーとアドオンクリエイターのために

  • 新しいデータ駆動型アイテムを追加しました。
  • データドリブン矢にシェイクアニメーションを追加しました。
  • データ駆動型アクタープッシュロジックと動作を追加しました。
  • 分割アイテムのパーティクルはデータドリブンになりました。
  • データ駆動型環境損傷の実装しました。
  • データ駆動型花火粒子を追加しました。
  • データ駆動型Guardian / Elder Guardianアニメーションとレンダリングしました。
    1.8より前のガーディアンのジオメトリ。
    エルダーガーディアンのトゲのアニメーション。
  • jsonを通じて既存のバイオーム装飾を実装する新しい機能ルールデータを追加しました。
  • 完全にデータ駆動型の機能をサポートするために必要な最終的なインフラストラクチャの変更しました。試験的なゲームプレイを有効にして、ルール自体をビヘイビアーパックで提供する必要があります。
  • 釣り針アクターをデータ駆動型に変換しました。
  • バルーンアクターをデータ駆動型に変換しました。
  • データ駆動型プレーヤーのレンダリングを実装しました。
  • スノーゴーレムトレイルの振る舞いはデータ駆動型になりました。
  • 馬のモデル/アニメーションはデータ駆動型になりました。
  • ユーザーストーリーDragon Breath Particlesはデータ駆動型になりました。
  • 鉱石はデータ駆動型になりました。
  • ActorDamageSourceのスクリプティングドキュメントを追加しました。
  • 死亡イベントに追加のスクリプト情報を追加しました。
  • ブロックコンテナスクリプトコンポーネントを追加しました。
  • 「Projectile Hit」スクリプティングイベントを追加しました。
  • ‘Actor Hurt’スクリプティングイベントを追加しました。
  • Scripting APIに新しいActorタグを追加しました。
  • 爆発用のBlock Destruction Scriptingイベントを追加しました。
  • アクター定義イベントはスクリプトから発生させることができます。
  • ‘actor_sneak’スクリプティングイベントを追加しました。
  • ‘アクターが攻撃した’スクリプティングイベントを追加しました。
  • レバーは独自のブロック状態になりました。
  • ディスペンサーから矢を放つときに表示されるであろうスクリプトエラーを修正しました。
  • データ駆動型レシピのための ‘build document’コードを追加しました。
  • ゲームの実行中にプレイヤーはスクリプトログを開いて表示できるようになりました。
  • すべての柱ブロックは、方向ブロック状態のいくつかの値を使用する代わりに、独自のブロック状態を持ちます。これにより、構造ブロックとの鏡面回転が可能になります。

修正

クラッシュ/パフォーマンス

  • ゲームプレイ中に起こりうるいくつかのクラッシュを修正しました。
  • ゲームのUIをナビゲートしている間の矛盾したクラッシュを修正しました。
  • 時々発生する可能性があるキャッシュされたリソースに関連したクラッシュを修正しました。
  • グラフィックレンダリング性能の向上を行いました。
  • ネットワークとリソースのタスクを最適化することで世界の生成時間を短縮しました。
  • Oculus Riftでゲームを起動したときに時々起こるクラッシュを修正しました。
  • Windows 10でゲームを終了するときに時々発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • Oculus Riftでゲームを再開したときに時々発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • Windows 10 Mobileでゲームを再開したときに時々発生する可能性があったフリーズ問題を修正しました。
  • グローバルリソースパックを適用してゲームを再起動したときにiOSでクラッシュする問題を修正しました。
  • ワールドテンプレートを探索するときに時々発生する可能性があったクラッシュを修正しました 。
  • Xboxでゲームを起動したときに時々起こるクラッシュを修正しました。
  • Xboxでゲームを起動したときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • サインにいくつかの文字をタイプしたときに起こり得るクラッシュを修正しました。
  • Inspiration Hub Worldをプレイしているときに起こりうるクラッシュを修正しました。
  • 新しい世界を作ろうとしているとき、またはマルチプレイヤーゲームに参加しているときに時々起こるクラッシュを修正しました。
  • Microsoftアカウントにサインインしたときに時々発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • 特定のスキンを選択したときに起こることがあるクラッシュを修正しました。
  • マーケットプレイスパックを使用して新しい世界を作成するときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました 。
  • 草ブロックの成長の最適化を行いました。
  • チャットに特定の文字を入力したときに起こるクラッシュを修正しました。
  • Xbox Oneでプロファイルを切り替えると発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • ディテクターレール(感知レール)ブロックの下にあるブロックを壊すとクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • 実行コマンドが関数内でそれらをターゲットにしている間に分割画面プレイヤーがゲームを離れる場合に起こり得るクラッシュを修正しました。
  • 大人のパンダが竹を食べている間に世界を離れて再会するときに起こり得るクラッシュを修正しました。
  • プレイヤーが “Wildlife:Jungle”マップ上の3〜4人のプレイヤーの分割画面を離れた後に起こり得るクラッシュを修正しました。

全般

  • ビーコンはコンジットの音を再生せず、正しいビーコンの音を再生します。
  • 「遊び方」セクションを調整し、彫刻されたカボチャをエンダーマンからの保護として使用するように記載しました。
  • レイドの「遊び方」セクションの文言を微調整しました。
  • アクセシビリティの色とコントラストの修正、ドロップダウン、ボタン、および再生画面の調整を行いました。
  • プレイヤーはゲームを再起動せずにXbox Oneのユーザーアカウントを切り替えることができるようになりました。
  • 新しいバージョンで作成されたワールドテンプレートをインポートしようとしたときのメッセージを修正しました 。
  • リードは正しい位置でMobに接続するようになりました。
  • 「遊び方」セクションのエリトラの修復に関する情報を更新しました。ここでは、ファントムの飛膜を使用してエリトラを修復する方法について説明します。
  • 許容量のチャンクがロードされると、ワールドロード画面が閉じるようになりました。(部分的な修正、チャンクが時々正しくロードされない問題がまだ解決されていません)
  • 炉は適用可能なすべてのサウンドを正しいピッチで再生するようになりました。
  • 最近表示したスキンがスキン選択メニューに正しい順序で表示されるようになりました。

ゲームプレイ

  • 防具立てが不可視効果の影響を受けた場合、防具立ての装備品は正しくレンダリングされるようになりました。
  • TNTが点灯時にブロックを通過しなくなりました。
  • 点灯しているレッドストーンでピックブロックを使用すると、プレイヤーに正しいブロックが与えられるようになりました。
  • 鍛冶取引の更新を行いました。
  • スプラッシュ水のビンは再びブレイズとエンダーマンのMobにダメージを与えます。
  • 世界に参加する画面分割プレイヤーは、正しい安全な場所に出現し、無効になって出現することはもうありません。
  • 矢は砂と砂利を再び落とすでしょう。
  • カメラを真っ直ぐ見上げたときにプレイヤーが後方に歩く原因となっていた固定ピッチの問題を修正しました。
  • 三人称ビューでカメラが正しく回転するようになりました。
  • ベルが武器ではなくアイテムとして手の中で保持されるように変更しました。
  • クリエイティブモードで落下着地したときにダメージ音が聞こえなくなりました。
  • “Education Edition”トグルがオンになっていないと、クリエイティブインベントリにカメラが表示されなくなります。
  • 水中のプレイヤーはTNTの爆発によりノックバックされます。
  • ディスペンサーから発射されたファイヤーチャージはTNT付きトロッコに点火するようになりました。
  • 花に骨粉を使用すると、タンポポやポピーだけでなく、花の周りにその種類の花がさらに生成されるようになりました。
  • シュルカーボックスはプレイヤーと同じ場所に配置できなくなりました。
  • 溶岩入りの大釜に立つとプレイヤーに正しい量のダメージを与えるようになりました。
  • 地図作成出力スロットで[すべて配置](Y)を使用すると、表示されている結果の多くが可能な限り作成されます。
  • 略奪者のキャプテンがプレイヤーとの戦闘で死亡したときに、プレイヤーは悪い前兆の効果を正しく受けるようになりました。
  • Mobによる妨害を無効にすると、Mobは亀の卵を壊しません。
  • 雪が降っても他のブロックを交換できるようになりました。
  • 製図家の取引は、10の代わりに11のガラス板を必要とします。
  • 忠誠心のトライデントはシールドから跳ね返った後に正しいプレイヤーに戻るようになりました。
  • ネザーポータルは難易度イージーでゾンビピッグマンを出現させるようになりました。
  • 激流のトライデントがプレイヤーを正しく前進させない問題を修正しました。
  • バランスのとれたエンチャントの本 – 3つ以上のエンチャントを持つものは、もはや落下耐性IVや爆発耐性IVを持っているとは限りません。
  • キャンプファイヤーは、Java Editionと一致するように、スプラッシュ水のポーションを浴びせる事ができます。
  • 爆発によってエンドゲートウェイブロックが破壊されなくなりました。
  • Mobの出現のスポーンロジックを調整することにより、クリーパー農場を修正しました。
  • 溶岩は接触するモブに正しく影響するようになりました。

ワールドの生成

  • 砂漠の寺院で生成されるチェストは正しい方向になりました。

Mob

  • アイアンゴーレムは爆発によってもう押し戻されません。
  • ラヴェッジャーは水を通過するようになります。
  • 子供ゾンビの騎乗位置を修正しました。
  • クモの死のアニメーションを修正しました。
  • 怠惰なパンダが仰向けになっても地面から浮くことはもうありません。
  • 赤ちゃんの豚が落雷を受けると赤ちゃんのピッグマンに変わります。
  • 寝ているときのプレイヤーのベッドへの寝る方向を修正しました。
  • ゾンビは鉄の扉を壊すことはもうできません。
  • アイアンゴーレムや猫のような村のMobは草や耕地のようなブロックの内側にスポーンしなくなりました。
  • Mobは水で濡れたブロックを通して正しく経路検索できるようになりました。
  • Mobは消灯しているキャンプファイヤーブロックで正しく経路検索できるようになりました。
  • Mobは1.5ブロック以上の高い障害物を経路探索しようとしなくなりました。
  • 夜が来たとき、村人たち全員が正しく眠りにつくようになります。
  • ストレイとスケルトンはエンチャントされた弓を持っている場合、表示されるようになりました。
  • まだ取引されていなくても、村人はプレイヤーに当たったときに怒ったパーティクルを見せるようになりました。
  • ソウルサンドの上に立っている間、Mobはプレイヤーを正しく攻撃します。
  • 村人は、プレイヤーまたはレッドストーンによって開かれたドアを閉めるようになりました。
  • 村人の貿易レベルが5つの職業レベルのバッジでJavaに一致するようになりました。
  • 「トースト」ウサギのイースターエッグを修正しました。

ブロック

  • TNTが点灯時にブロックを通過しなくなりました。
  • 点灯しているレッドストーンでピックブロックを使用すると、プレイヤーに正しいブロックが与えられるようになりました。
  • 霜のついた氷が地下で溶けるのを待っているときにラグが発生しなくなりました。
  • 木ブロックの方向が正しいようになりました。
  • 花崗岩、閃緑岩、安山岩はなめらかな石に変化しなくなりました。
  • 木が一番上に成長したときに、粗い汚れが汚れに置き換えられなくなりました。
  • 木ブロックは配置時に方向性を持つようになりました。

アイテム

  • プレーヤーのホットバーでボタンが回転して表示されなくなりました。
  • 盾の耐久性バーはダメージを受けたとき正しく更新されるようになりました。
  • ロックされた地図はユニークなインベントリアイコンを持っています。

グラフィック

  • ピストンを任意の方向に配置しても正しいテクスチャが表示されるようになりました。
  • Androidでゲームを再開した後にホームスクリーンに黒い破損したテクスチャが表示される問題を修正しました。
  • 細かなテクスチャクリッピングの問題を修正するために、手で握ったときの盾の位置を微調整しました。
  • 目に見えない岩盤が倒れたときに石の粒子を放出しなくなりました。
  • 一人称攻撃のアニメーションの調整をしました。
  • アイテムを持っている状態から空の手に切り替えたときの手のアニメーションを修正しました。
  • ゲームを中断して再開した後にブロックエンティティ(ベッドなど)がレンダリングされない問題を修正しました。
  • Oculus Riftでゲームを起動した際のグラフィカルエラーを修正しました。
  • 保持され投げられた時のトライデントの位置の問題を修正しました。

ユーザーインターフェース

  • プレイヤーの座標の背景色がチャットの背景と一致するようになりました。
  • フルインベントリでオートクラフトするときにコントローラーのカーソル位置を微調整しました。
  • タッチスクリーンを使用しているプレイヤーは、タッチアンドホールドを使用して釣り竿を使用しているときにブロックを壊すことはもうできません。

コマンド

  • Execute detectコマンドでローカル座標が正しく使用されるようになりました。
  • ローカル座標の場合に回転点を移動するためにオプションのオフセットを指定できるようにCommandPositionを変更しました。
  • ExecuteCommandの検出オプションを修正し、位置ではなくエンティティを正しく使用して、カメラの相対オフセットを計算するためにエンティティの向きを使用できるようにしました。

アドオンとスクリプトエンジン

  • 古いコンテンツについてログに記録されていたMoLangスクリプトエラーを修正しました。
  • 行動が変更されたエンダーマンは発射物で撃たれてダメージを受けることができます。
  • チャンクの境界をまたがるエンティティは、移動によって破損することはもうありません。
  • 人型の食べるアニメーションを修正しました。
  • スクリプトパックのプレイヤー以外のすべてのモブでが小さい弓がレンダリングされる問題を修正しました。
  • “has_equipment”フィルタはダメージを受けやすいアイテムで正しく動作します。
  • 多数のカスタムアイテムを含むパックのロードが正しく機能するようになりました。
  • 「Abstraction Cubes」マーケットプレイスマップでの新しいエンドゲートウェイポータルの作成が正しく機能するようになりました。
  • パーティクルUVに、選択したUVの横にテクスチャの線が含まれなくなりました。
  • “nearest_attackable_target”を使ったカスタムエンティティは現在のターゲットの妥当性を再評価します。


(参考)
https://feedback.minecraft.net/hc/en-us/articles/360029655632-Minecraft-Beta-1-13-0-1-Xbox-One-Windows-10-Android-

ベータ版をプレイする方法

 

コメント一覧(8)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

スイッチ統合版はいつ頃アプデ入りますか?ワクワク☺

マイクラの、アプデ楽しみですね!!w



記事へのご指摘・ご意見はこちら