【マイクラPE/Switch】ベータ版1.12.0.3更新情報まとめ【統合版/BE】

最終更新日

Xbox One、Windows 10、 Androidベータ版のバージョン1.12.0.3(Bedrock)の内容が公開されました。

変更点

  • メインメニューの「Store」ボタンは「Marketplace」に名称変更されました。
[PR]

アドオン作成者の場合

  • Behavior Packテンプレートには、もう一度 ‘spawn_rules’フォルダーが含まれています。
  • レシピとアイテムのJSONファイルがBehavior Packテンプレートに追加されました。
  • aka.ms/MinecraftAddonsで最新のBehavior Packテンプレートを入手してください。

修正

クラッシュ/パフォーマンス

  • ゲームプレイ中に起こりうるいくつかのクラッシュを修正しました。
  • 特定のマーケットプレイスの世界を読み込んだときに時々発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • 村や村人の職場周辺でのパフォーマンスの向上をしました。
  • スクリプトエンジンで発生したメモリリークを修正しました。

全般

  • メインメニューのスプラッシュテキストを更新しました。
  • 実績を解除するためにスタックの最後のアイテムを消費すると実績が解除されないことがあるという問題を修正しました。

ゲームプレイ

  • プレイヤーモデルはもはや腕と足を反転させていません。痛い!
  • 要件が満たされると、Hagglerの実績は再び解除されます。
  • 該当する場合、村人の取引は2番目のスロットからアイテムを正しく奪うようになりました。
  • 盾とトライデントが持った時に見えなくなる問題を修正しました。
  • ボートを出た後にブロックに切り取られたとき、ワールドが見えなくなることはなくなりました。

Mob

  • 飼いならされたタキシード猫は現在適切なテクスチャーを使用します。
  • 野良猫は、バージョン1.10から変換された世界用の村のベッドをもう請求できません。
  • マーケットプレイスの世界を含むテンプレートの世界を使用するとき、村人は常にV1として出現します。
  • 魔女は攻撃時にジャンプしなくなりました。
  • さまざまなスキンパックのジオメトリアニメーションの問題を修正しました。
  • モンスタースポーンエッグのガスト回転モデルは正しいサイズになりました。
  • 可変サイズのモブのためのにパスを改良しました。
  • ゾンビとビンディケータはドアを早く壊します:D
  • 行商人のポドゾルとサンゴの取引を修正しました。
  • 矢師は現在5の代わりに16の矢を交換します。
  • 肉屋の調理済みウサギの取引コストを変更しました。
  • 革職人のサドル取引が10から6エメラルドに引き下げられました。

ブロック

  • 流れる溶岩が水にぶつかると再び丸石に変わります。
  • 雪のついた氷のブロックは今壊れることができます。
  • ハーフブロックやその他の固くなっていないブロックが再び芝生が土の上で成長するのを防ぎます。
  • 丸太は再び軸を持つ裸の丸太に変えることができます。
  • T型のレール配置がレッドストーンで駆動されると、方向が変わります。
  • 燻製器の下段に正しい素材がない問題を修正しました。
  • 防具立ては再び防具立て用アイテムを保持できます。

アイテム

  • レシピブックに色付きの旗を作成するのに必要な材料として、正しい色のウールが表示されるようになりました。
  • 使用時に耐久性を失うことのないいくつかのアイテムを修正しました。

グラフィック

  • プレイヤーの腕は食べ物を食べた後に一人称視点で移動しなくなりました。
  • コンポスト成長粒子が正しい場所に表示されるようになりました。
  • いくつかのテクスチャパックで溶岩と水が流れるアニメーションテクスチャを修正しました。
  • 竹の葉が明るくなり、Javaのテクスチャと一致するようになりました。
  • ドアや落とし穴に時々現れる灰色のテクスチャを修正しました。

ユーザーインターフェース

  • 同じアイテムのスタックを結合しようとしたときに、タッチコントロール上でそれらが代わりにスワップされなくなりました。
  • タッチコントロールのオフスロットとの間でアイテムを交換してもアイテムが失われることはなくなりました。
  • 製図台の使い方ボタンは、適切な内容を表示するようになりました。
  • それらがハイライトされるとき、スイートベリーはもうホットバーで消えません。
  • 行商人のラマを倒してもインベントリ画面が表示されなくなりました。

コマンド

  • ‘/ give’コマンドの “tile”プレフィックスを削除しました。
  • クリエイティブインベントリで使用できないブロックやエンティティは、スラッシュコマンドのパラメータとして使用するときに “minecraft”名前空間を必要としなくなりました。
  • /で始まることなく、コマンドブロックでコマンドを自動補完できるようになりました。

アドオンとスクリプトエンジン

  • 「minecraft:entity_use_item」ドキュメントが正しく生成されるようになりました。
  • ブロックイベントの説明を修正しました。
  • カスタムエンティティは現在のターゲットの妥当性を正しく再評価します。
  • ‘getBlocks’はブロックオブジェクトの3D配列を返すようになりました。
  • 新しい「water_movement」コンポーネントを持つエンティティの誤ったコンポーネント名を修正しました。
  • アクター位置(または整数以外の位置)を指定した場合のgetBlockおよびgetBlocksは、ブロックの取得を正しく処理するようになりました。


(参考)

https://feedback.minecraft.net/hc/en-us/articles/360027543692-Minecraft-Beta-1-12-0-3-Xbox-One-Windows-10-Android-

ベータ版をプレイする方法

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら