【マイクラ統合版】魂のランタンと魂のたいまつの作り方と使い方など特徴まとめ【PE/スイッチ】

最終更新日
1
件のコメント

マインクラフト統合版(BE版)でVer1.16から追加された、新しい光源「魂のたいまつ」と「魂のランタン」について特徴と入手方法を解説します。

基本情報

魂のたいまつ(ソウルたいまつ)

スタック数 適正ツール ID
64

なし

(素手で回収できる)

soul_torch

魂のランタン(ソウルランタン)

スタック数 適正ツール ID
64 ツルハシ soul_lantern
[PR]

入手方法

魂のたいまつのクラフトレシピ

魂のたいまつは、作業台で木炭または石炭1個・棒1個・ソウルサンドまたはソウル土壌1個をクラフトすると作れます。

ソウルサンドとソウル土壌は、ネザーのソウルサンドの谷でたくさん集めることができます。

魂のランタンのクラフトレシピ

魂のランタンは、作業台で魂のたいまつ1個・鉄塊8個をクラフトすると作れます。

特徴と使い方

氷が溶けない明るさ

魂のたいまつと魂のらんたんの明るさレベルは10の光源です。

敵Mobが湧かなくなる明るさレベルは7以上なので、湧き潰しに使う時は普通のたいまつとランタンより間隔を狭くする必要があります。

明るさレベルが10は、氷がギリギリ溶けない明るさです。

雪山などに氷製造機を作り、明るさが欲しい時に役立ちます。

ピグリンは魂の光源から逃げる

魂のたいまつや魂のランタンを置くと、ピグリンは怖がって逃げていきます。

ネザーを冒険していてピグリンに襲われた時の回避方法として使うことができます。

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります



記事へのご指摘・ご意見はこちら