【DbD】2020年版最強キラーランキング!トップ10を紹介!【デッドバイデイライト】

最終更新日
3
件のコメント

出典: deadbydaylight.com

「Dead by Daylight」におけるキラーの強さをランキング形式によってご紹介!

現在2020年5月の時点、キラーは計19名としています。

しかし、つい最近では5周年記念を祝い、噂の新キラーについての情報も公式から発表されましたね。

なので最終的には、計20名で着地することでしょう。

今回の記事では、現状の19名からのランキングを作成していますので、あしからず。

ランキングの評価基準について

出典: deadbydaylight.com

評価基準のまえに

プレイヤー毎によって、各キラーの勝率も「使いこなした経験・プレイスタイルとの相性」で変わってくると思います。

よって一概に順位をつけることで、自分の好きなキラーを勝手に下位へとランクインされている場合に、納得がいかないでしょう。

上記を想定して、このランキングでは「攻略大百科の独断と偏見」がある、ということを大前提におきたいと思います。

もちろんそれだけでは、根拠の薄い順位づけとなってしまいますから、出来るだけ現状のゲームシステム・環境に考慮し、忠実に順位をつけていくことは徹底します。

3つの評価基準

今回は「中級プレイヤー視点」で各キラーの強み、特殊能力をみることにしました。

例えるならば、遠投命中率が95%以上のハントレス使いからしてみた場合、No.1キラーは間違いなくハントレスとなるでしょう。

その他にもプレイヤースキル次第(玄人レベルであれば)で、強力になるキラーはいます。

しかしそれでは、ランキングの統一性がなくなってしまいます。

なので、この様な熟練プレイヤー視点からではなく、もう少し下の中級プレイヤーの視点として考えます。

 

そして、ランキングの評価ポイントは以下3つに絞ることにしました。

 

① チェイス力 ② 機動力 ③ 扱いやすさ

それでは、最恐キラートップ10!

ランキングの方に入っていきたいと思います!

最恐キラートップ10!ランキング

1位:ドクター

出典: deadbydaylight.com

ドクターの評価
チェイス力 アドオン効果により様々な妨害効果・幻覚作用を起こしチェイスを有利に展開できる
機動力 全キラーで最も高い索敵力、放電爆破と狂気度進行によって試合全体に遅延を生む
扱いやすさ 初心者〜でも扱いやすい特殊能力、索敵が異常なほど楽になってしまう
弱点 パーク「魂の平穏」「真っ向勝負」、ロッカー開けの時間ロス、2ヒット1ダウン

索敵能力がトップクラスのドクター。

過去の強化によって、キラー自体の性能も大きく変わり、さらに索敵能力が向上しました。

初期キラーの中でも恐らく最も性能性も高いですが、現在はドクター専用のBGMまでも登場しました。

こちらのBGMは、反響音にようなサウンド設定となっているのか、ドクターとの距離が少し分かりにくい様になっています。

よって、奇襲までのメリットも持ち合わせています

ちなみに電撃を当てるたびに、ブラッドポイントが入るため、ポイント稼ぎにも適したキラーと言えるでしょう。

2位:ヒルビリー

出典: deadbydaylight.com

ヒルビリーの評価
チェイス力 板グルチェイス・ロングに強い、またチェーンソーのワンパン狙いによってチェイスの時短可能
機動力 全キラーで最も早い機動力(チェーンソー)が、巡回・索敵に強い
扱いやすさ チェーンソーの当て勘も、プレイヤースキルにあまり影響しづらい
弱点 室内、隠密性の低さ、チェーンソーの使いどころ(タイミング)を熟知する必要アリ

トップクラスの機動力と攻撃性を誇るヒルビリー。

本来、サバイバーにとっては板を使ったら別のチェイスポイントまで移動したりと、逃げながら次の場所を見つけていく必要があります。

しかしヒルビリーの場合、板はチェーンソーで瞬時に壊すことが可能ですし、別のチェイスポイントを移動中には背後からチェーンソーを使って一瞬で溶かすことも可能。

ただし最近では、室内マップが増えていることがヒルビリーにとっては逆風ですね。

チェーンソーを構えるタイミングや当てるタイミング、これをマスターすることも比較的簡単なので、積極的に使っていき、攻撃力と機動力を存分に活かしていきましょう。

3位:スピリット(山岡凛)

出典: deadbydaylight.com

スピリット(山岡凛)の評価
チェイス力 FW(フェーズウォーク)を使った2撃目のチェイスに強い、フェイトを仕掛けることも可能
機動力 FW以外は普通の徒歩キラー、FWにはクールダウンがあるため索敵・巡回には限りがある
扱いやすさ FW時の最長距離の把握・足音や声を拾うコツ・チェイス中の読み合いなどの練習が必要
弱点 パーク「魂の平穏」、固有建築(ジャングルジム)の窓グル、練習時間

スピリット(山岡凛)以上に、奇襲を得意とするキラーは他にいないでしょう。

自分に迫ってきているのか、チェイス中では忽然と姿を消した彼女がいきなり真後ろに現れるなど、スピリット相手に混乱をするサバイバーも多いはずです。

FW(フェースウォーク)を使った奇襲では、足跡・血痕・うめき声などからサバイバーの位置を特定する探知力がプレイヤーには必要になってきます。

以前は不動の女王であった「ナース」が弱体化されてからというもの、現在はスピリットがその地位に君臨しています。

圧倒的なチェイス力と奇襲の高さは、いかなるマップでも縦横無尽にサバイバーを斬りつける戦いを生み出すことが可能です

しかしその最大の強みでもあるFWは、ナースと違い「障害物は通り抜けられない」という決定的な違いがあります。

よって固有建築などの窓グルには、それほど強くないという欠点がつきものではあります。

4位:ナイトメア

出典: deadbydaylight.com

ナイトメアの評価
チェイス力 窓枠・板・発電機周辺など、強ポジを罠で埋めることでチェイスを有利に運べる
機動力 テレポートを使って発電機の巡回・チェイス中の先回りに強い、サバイバーの牽制にもなる
扱いやすさ 夢落ち状態以外では至って普通の徒歩キラー、罠の設置やテレポートも最初から癖なく扱える
弱点 試合開始序盤の遅さ(罠設置に時間をロス)、サバイバーが夢落してからが本領発揮

トリッキーなプレイスタイルが要求される、ナイトメア。

サバイバーがドリームワールド状態のうちにしか罠が発動しなかったりと、序盤に限ってはナイトメアの強みが活かしにくいのが否めません。

しかしサバイバーがドリームワールド状態に入ってからは、チェイスポイントでの強ポジや、窓枠・板周りに罠を事前に仕掛けておくと、試合中盤からはゲーム展開もキラーライクなものに変わっていきます。

なので、試合開始直後は「下準備」と割り切ることが大切。

現ゲーム設定では遅延系パークの弱体化、発電機の修理速度の向上もあって、序盤ではガンガン発電機がついてしまいがちです。

またその他には、発電機へワープすることもできたりと、機動力も申し分ありません。

発電機へのワープは巡回に使う以外にも、チェイス中の先回りや修理中のサバイバーを払いのけるのにも使えたりと、柔軟に使い分けれます。

5位:ゴーストフェイス

出典: deadbydaylight.com

ゴーストフェイスの評価
チェイス力 闇の抱擁によるワンパン状態が可能、チェイス中にも心音0にできたりと極めて奇襲型に近い
機動力 発電機の巡回・索敵には目立った特徴もない、足の遅さも考慮すると立ち回りには経験と勘が必要
扱いやすさ ある程度サバイバーの行動を予測する力が必要になる、サバイバーへの視線切りにも練習が必要
弱点 心音0からの奇襲により初撃は狙いやすいが、追撃(純粋なチェイス)に手間をとる

ステレス性能と隠密に長けたゴーストフェイス。

「闇の包容」が発動すれば、視界内のサバイバーへの「付け回し」が可能となり、一定時間付け回されたサバイバーは一気に無防備状態へと化します。

このワンパン状態のサバイバーには、チェイス時間を大幅に短縮できるほか、序盤からでも積極的に心音0にしたまま索敵をキメることができます。

またチェイス中でも付け回しは可能となっています。

なので壁や小屋周りのチェイスになったら、積極的に闇の抱擁を発動し、心音0・赤い光を消した状態でサバイバーにプレッシャーをかけていくと、相手側もこちらの位置把握に困惑しダウンへと持っていけます。

そしてゴーストフェイスは、普段の移動から隠密を意識する必要があるのも一つのクセ。

発電機に近づく際もマップ中央からではなく、サバイバーの死角から回り込むのを常に意識することが大切。

6位:ナース

出典: deadbydaylight.com

ナースの評価
チェイス力 ブリンクを使用した縦横無尽のチェイスを展開する、逆に扱えなければ最弱キラーとなってしまう
機動力 通常の移動速度が他キラーよりも遅い、よって巡回や索敵にもブリンクの熟練度が全てを決める
扱いやすさ プレイヤースキルによって大きく化ける、玄人レベルとなれば間違いなく最高位に入る
弱点 ブリンク・読み合いに熟練していないとキラーとして機能しない、逆に扱えれば不動の強キラー

恐らく、全キラー史上最もプレイヤースキルが必要となるナース。

ブリンクのスキル次第では、最弱キラーから怪物キラーまで進化します。

ただしナースは基本的な移動速度(足のはやさ)が遅いため、ブリンク頼りの戦い方がベース。

発電機から発電機までの移動・チェイス中の追い込みまでもがブリンクになります。

よって、サバイバーにブリンクを正確に当てるのも最初はとても難しく、使い始めは心が折れそうになり、諦めてしまうプレイヤーも多いです。

がしかし、本当に上手いナースプレイヤーからは逃げ切ることはほぼ不可能。

見つかった時点でほぼ死亡フラグ。上級者の特権ともいえる殺人鬼、それがナースです

7位:鬼(山岡崋山)

出典: deadbydaylight.com

鬼(山岡崋山)の評価
現在作成中
チェイス力 鬼の猛進(高速移動)と鬼の一撃(ワンパン)による攻撃力の高いチェイスを繰り広げる
機動力 鬼の猛進では発電機の巡回・救助狩りにも効果的な高い機動力を持つ、しかし時間制限がある
扱いやすさ 比較的扱いやすい、パーク「伝播する怖気」「ずさんな肉屋」との相性もいい、血球は索敵に有効
弱点 通常状態では単なる徒歩キラー、負傷者の量産・治療速度の遅延が大切になる

条件付きで、どこまでも爆発力を秘めた鬼(山岡崋山)

負傷状態のサバイバーが落とす血球によって、試合の展開・土壇場の巻き返しの可能性を潜めています。

ただし試合開始時では、血球も溜まっていない状態では単なる徒歩キラーに過ぎません。

生存者の血を集めて「山岡の怒り」状態になると、ヒルビリー並みの移動速度&ワンパンを振り回すことが可能。

これによって、この時間はサバイバーを次々とダウンさせることを意識するといいでしょう。

この爆発力は全殺人鬼の中でも随一であります。

ちなみに、負傷者から放出された血球は一定時間消滅せずにその場に残り続けることになります。

これは壁越しでも見えるため、足跡や血痕がなくても血球でサバイバーの索敵や追跡が可能です。

8位:ハントレス

出典: deadbydaylight.com

ハントレスの評価
チェイス力 手斧の命中率によってチェイス力が大きく変わる、単純な追いかけっこには弱い
機動力 鼻歌が広範囲であるためサバイバーにはすぐに隠れられてしまい索敵も難しい
扱いやすさ 手斧の命中率の高さがハントレスの強さに匹敵する、当て感を掴むには練習が必要
弱点 ナース同様にプレイヤースキルによって大きく化ける、試合で通用するまでには時間が掛かる

遠距離攻撃を得意とするハントレス 。

使いこなせれば「チェイス・トンネル・吊り場守り」まで、どちらもバランス良く立ち回ることができます。

手斧(ハチェット)を投げて攻撃することで、板グルポイントでさえも攻撃を当てることも可能。

中距離〜遠距離のサバイバーも攻撃できるため、キャンプ・トンネル性能が高く、複数のサバイバーを同時に相手にできる優秀な殺人鬼です。

しかし、手斧の当て感には少しばかりコツが要ります。

ハントレスを使っていく上では、手斧を当てていくことがチェイス時間の短縮にも繋がって、結果的に試合展開もうまく運ぶことができます。

手斧の上手さは、純粋にハントレスの強さになります。

9位:トラッパー

出典: deadbydaylight.com

トラッパーの評価
チェイス力 トラバサミを使った強ポジョン埋め、移動速度も高め
機動力 発電機の巡回・索敵に関する特徴はこれといってナシ
扱いやすさ クセのないトラバサミは設置・使い方や応用についても幅広く扱いやすい
弱点 試合序盤の罠の設置によって時間ロスが発生、罠以外は普通の徒歩キラー

中盤にかけての追い込みが強いのがトラッパー。

試合中盤にかけてはマップの至る所にトラバサミが仕掛けることで、一人が罠にかかると連鎖的に他のサバイバーもダウンすることもあります。

これによって一気に試合が傾くことも多く、中でもフックからの救助中にトラバサミにかかれば全滅を十分に狙えます。

またサバイバーがよく逃げ込む窓枠前後や小屋周辺の草むら、板の周囲にもトラバサミを設置しておく先方も有効的。

しかし板の目の前にトラバサミを設置してしまえば、倒れた板の下敷きになってしまい板乗り越えで回避されてしまうため注意が必要。

10位:クラウン

出典: deadbydaylight.com

クラウンの評価
現在作成中
チェイス力 1 on 1ではサバイバーを確実にダウンさせる決定力が高い、強ポジつぶしが可能
機動力 移動速度・心音範囲は徒歩キラーの平均、機動力については特に目立ったところはナシ
扱いやすさ 瓶の当て感が簡単、瓶の応用によってチェイス・吊り場守備の攻防を柔軟に対応
弱点 ワンパンでの時短や心音0などの奇襲が不可能、純粋な2ヒット1ダウン

否定的な意見が集まるクラウンですが、チェイスに特化したキラーは他にいません。

確かに発電機の巡回、索敵に関してのこれといった特徴はないものの、試合展開において最も時間を短縮したいのがチェイス。

チェイスの時間を縮め、サバイバーをできるだけ早く退場させることがキラーにとって有利な展開であることに間違いありません。

逆にいうと、索敵・巡回は優良のパークが現在の環境では数多く存在しているので、そこで補えれば赤帯でもかなり高い勝率をあげることができます。

瓶の構え状態でも移動速度は停止しない他、パーク「決死の一撃」対策にも便を応用することできます。

上手いサバイバーと遭遇しても、1 on 1のチェイスでは板グル・窓枠阻止もでき、小屋中でも確実にダウンすることができます。

瓶の最長射程距離は、感覚的にはデススリンガーの銛、心音範囲では恐らく25mは届くようになっています。

コメント一覧(3)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

クラウンとフレディのチェイスの強さと来たら…

中級者対象なのにナースが6位で草



記事へのご指摘・ご意見はこちら