【マイクラ統合版】マインクラフトに導入された永久BAN制度について【マイクラPE】

最終更新日
10
件のコメント

Mojangが発表した、マイクラ(マインクラフト)における『永久BAN制度』についてまとめています。

永久BANに該当する行為

コミュニティ標準への重度の違反が判明したプレイヤーは、マインクラフトにサインインする際に【Banned】のエラーメッセージが表示され、プレイができなくなります。

コミュニティ標準への違反とは、以下のような行為をさします。

 

  • ヘイトスピーチ
  • 性的なコンテンツ
  • 他人の個人情報の漏洩
  • 悪質なソフトウェア等へのリンク添付
  • 商業用のスパム
  • 詐欺行為等の現実での脅威

 

[PR]

永久BANとなった場合

永久BANとなったプレイヤーは、以下の行為ができなくなります。

  • サーバーでのプレイ
  • Realmsへの参加
  • マルチプレイ
  • マーケットプレイスの使用

なお、Realmsなどのサブスクリプションを利用している場合、課金の状態はそのままなため、アクセスできないコンテンツへ支払いが続いてしまうという注意喚起もなされています。

 

永久BAN後の対応

今回追加されたこの永久BAN制度では、違反者に対して禁止は恒久的であり交渉もできないとしており、その後のサポートもされないという、極めて重たい処置になっています。

また、今後は軽微な違反者に対しても、一時的な禁止措置を施す可能性も同時に示唆されました。

コメント一覧(10)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

荒らし0への兆しが見えてきた!…

今回の件についてはあらしたったはほとんど関係ない。

> ヘイトスピーチや、他人の個人情報の流布、
> 悪意のあるソフトへのリンク、
> なりすましや詐欺、商業スパム、
> 性的なコンテンツや、未成年に対する性目的の接触など、
> 他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為
つまり、チャットや本・看板などでの「メッセージのやり取り」の中で多くの国で普通に犯罪となりうる行為がBAN対象ってだけの話。
一部「なりすまし」とか、相手の暴言などに「危害を加えるもの」と見られる部分が感じられるものの、
彼らの動画でやってるような荒し行為に対するBANではないよ。少なくとも今回のは。

怖...への返信

なんもしなかったら多分大丈夫でしょ



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ