【マイクラPE/Switch】ハチの生態や繁殖方法関連ブロックを解説!【統合版/BE】

最終更新日
2
件のコメント

マインクラフト統合版(BE版)のベータ版1.14.0.1から登場した中立Mobの『ハチ』について解説します。

この記事はベータ版1.14.0.1の内容をもとにしています。

ハチの生態

ハチは雨の降っていない昼間に活動します。常に飛んで移動して、花から花粉を集め、巣へ花粉を持っていくため、花と巣の往復をしています。このため、ハチを見つけたら追いかけていくと巣を見つけることができます。

雨が降っていたり、夜には巣の中にいるので、巣を破壊しない限り外に出ることはありません。

ハチの好物は花なので、花を手に持っていると近くに寄ってきます。

ハチのスポーンする場所

ハチは平原、花の森、ヒマワリ平原など、花の咲いている場所にスポーンします。

巣は木にくっついた状態で生成されます。

ハチの攻撃方法

ハチは中立のMobなので、こちらから攻撃した場合怒って反撃してきます。

ハチの攻撃方法は、プレイヤーに毒針を刺すというもので、刺されたプレイヤーは毒状態になります。
毒針攻撃をしたハチは、時間が経過すると自然に死んでしまいます。

近くに仲間のハチがいた場合、群れで攻撃してくる場合もあります。

繁殖方法

ハチに花を与えると、ハートマークが出て繁殖モードになります。繁殖モードになったハチが2匹揃うと、自動で交配して仔のハチが生まれます。

仔のハチに花を与えると、成長速度を速めてすぐに大人のハチにできます。

[PR]

ハチに関係するブロックとアイテム

ハチの実装に合わせて追加されたブロックとアイテムを紹介します。

ハチの巣

自然に生成される、ハチの巣です。通常は木にくっついた状態で生成されます。

ミツがあふれるほど中に溜まっているときに、空のガラスビンを巣に向かって使うとハチミツのビンが、ハサミを使うとハニカムが入手できます。

ハチの巣箱

作業台で、木材6個とハニカム3個でクラフトできます。
機能は自然に生成されるハチの巣と同じです。

ハチのブロック

ハチミツのビン4個でクラフトできるブロックです。

粘着質なブロックで、上を歩くと歩行スピードが落ち、上でジャンプするとジャンプの高さが低くなります。

また、ピストンで押した際には隣接しているブロックを一緒に移動させる性質があります。

ハニカムブロック

ハニカム4個でクラフトできるブロックです。

ベータ版1.14.0.1時点では特に機能は無く、装飾用ブロックとして利用できます。

ハチの巣の成長

ハチの巣(巣箱)はハチが花粉を運んで中で作業をすると、巣のレベルが上がっていきます。

この画像は巣作りを開始したときの状態です。
丸で囲った部分の巣を見ると、窓のような部分が茶色く空いています。

 

巣の中にミツがいっぱいに溜まって、ガラスビンやハサミを使える状態になった巣です。

窓のような部分が黄色くなり、地面にはミツがしたたり落ちています。

ミツが地面に落ちるのは巣のレベルが最高の時だけなので、ミツが落ちているかどうかで採取ができるか確認しましょう。

 

ハチの巣がいっぱいになった状態のアップです。

 

こちらは巣箱がいっぱいになった状態です。

巣や巣箱に空のガラスビンやハサミを使うと、巣のレベルが下がり、再びミツを溜めることができるようになります。

関連動画

解説動画を追加しました。

 

コメント一覧(2)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

名無しさん 22日前

1

なおさ 24日前

ハチがマイクラに出るとは思っていませんでした。



記事へのご指摘・ご意見はこちら