【マイクラ統合版】古代の残骸(古代のがれき)の生成場所とネザライトブロックの作り方【PE/スイッチ】

最終更新日
6
件のコメント

マインクラフト統合版(BE版)でVer1.16から追加された、新しいブロック「古代の残骸(古代のがれき)」と「ネザライトブロック」について解説します。

2020/07/27追記:コメントでのご意見を参考に情報を修正しました。

基本情報

古代の残骸(古代のがれき)

スタック数 適正ツール ID
64 ツルハシ ancient_debris

ネザライトブロック

スタック数 適正ツール ID
64 ツルハシ netherite_block
[PR]

古代の残骸(古代のがれき)の生成場所

古代の残骸は、Ver1.16から追加されたネザーの全てのバイオームで高さ(Y座標)8~22のところに生成されやすくなっています。

高さ(Y座標)15が1番多く生成されます。

高さ(Y座標)22以上でも古代の残骸は生成されますが、見つかる事は珍しいです。

古代の残骸(古代のがれき)の特徴

回収するには?

ダイヤモンド以上のツルハシでしか回収できません。

鉄や金と同じように鉱石ブロックのようにドロップします。

なので、幸運のエンチャントの効果で数を増やすことはできません。

爆発やマグマで消滅しない

古代の残骸は黒曜石と同じくTNTの爆発で壊れないブロックです。

ネザーではTNTを使ってブランチマイニングができます。

古代の残骸がマグマに落ちてしまったとしても、燃えてなくなることはありません。

耐火のポーションを使ったり防具に防火のエンチャントを付けたりして、マグマ対策をすればブランチマイニングしやすくなります。

古代の残骸(古代のがれき)の使い道

ダイヤモンドの剣やツルハシ、防具などを強化する素材を作る

古代の残骸はまず、かまどか溶鉱炉で焼いてネザライトスクラップにします。

作業台でネザライトスクラップ4個・金インゴット4個をクラフトすると、ネザライトインゴットが1個作れます。

ネザライトブロックをクラフトする

古代の残骸からネザライトインゴットを作ったら、ネザライトインゴット9個でネテライトブロック1個にクラフトすることができます。

ネザライトブロックは再びクラフトすることで、ネザライトインゴットに戻すことができます。

ネザライトブロックをクラフトして、お宝部屋などを作って飾って置いたりと装飾に使うこともできます。

コメント一覧(6)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

自分も高さ64で発掘しました。
8〜22でしか生成されないという事はないですね。

8~22は出やすい高さで、たとえy座標が104だったりしても生成はされます。嘘だと思うなら、
/give @s command_block
/summon tnt (反復、赤石必要でレバー起動)
でしてみてください。高いところでも出ます。



記事へのご指摘・ご意見はこちら