【マイクラJava版/統合版/スイッチ】【Ver1.20】「模様入りの本棚」について!見た目や普通の本棚との違いなど【Minecraft】

攻略大百科編集部
URLコピー
対象プラットフォーム:Java版 統合版

今回はMinecraftの「旅路と物語」アップデート(Ver.1.20)で新しく追加された「模様入りの本棚」について紹介していきます。

「模様入りの本棚」の特徴

作り方、機能

「模様入りの本棚」は、木材6個、ハーフブロック3個でクラフトできます。クラフト時に本は必要ありません。

 

「模様入りの本棚」は「本」「記入済みの本」「エンチャントされた本」「本と羽ペン」最大6冊まで収納することが可能です。本の収納に関しては、「模様入りの本棚」に向かって右クリック(PS4/PS5コントローラー:L2ボタン、Switchコントローラー:ZLボタンなど)を押すと本棚を収納できます。

 

収納した本を取り出す時は、右クリック(PS4/PS5コントローラー:L2ボタン、Switchコントローラー:ZLボタンなど)を押すと最後に収納した本から順番に取り出されます。この時、取り出された本は周りにドロップしたりせず、直接インベントリに入るようになっています。

見た目

「模様入りの本棚」(ピンク色の○で囲まれた部分)は、周りに格子模様が施された見た目が特徴で、本の収納部分が前方しかありません。

一方で本棚は前後左右から本の収納部分が見られます。↓

 

また、「模様入りの本棚」は収納した際の本の色が先程「作り方、機能」で4つ挙げた「本関連のアイテム」の種類を問わず決まっており、「左上が水色、左下がピンク、真ん中上が緑、真ん中下がオレンジ、右上が紫、右下が青」となっています。↓

 

コマンド

「模様入りの本棚」の召喚コマンドは以下のようになります。

/give @p chiseled_bookshelf

使い道

この項目では「模様入りの本棚」についての使い道について紹介していきます。

本の保管

本を収納して保管することができます。

 

レッドストーン回路

模様入りの本棚はレッドストーンの信号を発信することができます。信号の強さは本の収納場所、本を収納するまたは出す順番が反映され、最大強度6のレッドストーン信号を発信することができます。(レッドストーン信号の強度の目安は1の場合、ブロック1マスです。

 

「模様入りの本棚」は本を収納する場所によって下の画像のようにレッドストーン信号の強度が決められています。

 

例えばの部分に本を収納すると、強度3のレッドストーン信号が発信され、3ブロック分のピストンが作動します。↓

 

の部分に本を収納すると、強度6のレッドストーン信号が発信され、6ブロック分のピストンが作動します。↓

 

また、複数冊収納した本棚では、最後に本を収納した場所によって反映されるレッドストーン信号の強度が変わってきます。

例えば同じ6冊収納した本棚でも、最後に収納された場所がの場合はレッドストーン信号の強度が最大の6になりますが、

最後に収納された場所がである場合は、下の画像のようにレッドストーン信号の強度1が反映されます。↓

 

この仕組みは本を取り出す時も同様です。

注意点

「模様入りの本棚」には注意点があります。

壊すとなくなる

既存の本棚と同様、普通に壊すと模様入りの本棚が消えてしまいます。回収するときは「シルクタッチ」のエンチャントを付与した道具を使って回収しましょう。

 

エンチャントには使えない

模様入りの本棚を下の画像のように並べても、エンチャントはできないので注意しましょう。

 

 

まとめ

今回は、「模様入りの本棚」について紹介しました。やはり、今までの本棚と違い「本を収納できる」というのは個人的にかなり大きなポイントだと思っています。また、レッドストーン信号も発信できるので「模様入りの本棚」を利用したレッドストーン回路など本の保管以外にもさまざまな使い道がありそうです。今回の記事を見て気になった方、使ってみたい方は是非プレイしてみてください。

ランキング

  1. ネザー座標計算ツール!ツールの使い方やワープ装置の作り方、ネザーゲートの距離の仕組みも解説!
  2. fillコマンドを使って整地する方法
  3. エフェクトの基本と効果一覧、コマンドで付与/治す方法|パーティクルを消す方法も解説
  4. スキンの作り方と編集や変え方!スイッチやスマホでも作れる?
  5. 影MOD(リソースパック)の統合版での導入方法を紹介!|MODの入れ方

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ