【パルワールド】快適プレイ可能な推奨スペックは?200時間プレイして見た結果とおすすめゲーミングPC【Palworld】

攻略大百科編集部
1
件のコメント
URLコピー
PR

Steam版の「パルワールド」を遊ぶために必要なPCスペックやおすすめのゲーミングPCについて、筆者が実際に200時間以上プレイした体験を元に解説しています。

推奨スペックについて

出典: store.steampowered.com

最低

推奨

OS

Windows10 or later

(64-Bit)

Windows10 or later

(64-Bit)

CPU

i5-3570K 3.4GHz 4Core

i9-9900K 3.6GHz 8Core

メモリ

16GB RAM

32GB RAM

GPU

GeForce GTX 1050

(2GB)

GeForce RTX 2070

DirectX

Version 11

Version 11

ストレージ

40GB以上の空き容量

40GB以上の空き容量

推奨スペックはどのくらい?

2024年現在、CPUの「i9-9900K」とGPUの「GeForce RTX 2070」を求められているということは、ミドルクラス以上のゲーミングPCのスペックを求められています。

実際にプレイしてみるとさらにスペックは要求されることが一般的なので、現行機のハイエンドクラスの少し手前のスペックが求められているといっても過言ではありません。

最低スペックはどのくらい?

2024年現在、CPUの「i5-3570K」とGPUの「GeForce RTX 1050」を求められているということは、エントリーモデルのPCでも動かせるには動かせるスペックとなっています。

しかし、予想以上にスペックが必要なゲームとなっており、フレームレートを30にしたり、フルHDでは動かなかったりと…プレイすることもやっとということは起こり得えます。

実際にプレイしてみた

テスト環境について

パーツ

OS

Windows10 pro (64-Bit)

CPU

Ryzen 7 5700X

メモリ

CORSAIR DDR4-3200MHz 32GB

GPU

GeForce RTX 3070Ti

マザーボード

ASRock X570 Steel Legend

ストレージ

Samsung SSD 980 1TB (M.2 NVMe)

筆者がメインで使用しているPCです。

大まかなスペックですが、要求されている上記のようなハイエンドクラスの少し手前からハイエンドクラスの下程度のスペックとなっています。

DLSSについて

パルワールドは「NVIDIA DLSS 2x」に対応しています。

「NVIDIA DLSS」とは、低解像度の画像をAIの力によって高解像度にアップスケールさせて画面に表示させるシステムのことです。

要するに、AIのおかげで低負荷でも高解像度の状態でゲームをプレイできるということですが、「NVIDIA」のグラフィックボードでないとこの機能は使えないことに注意しましょう。

テスト環境では、このDLSSを「バランス」設定で使用しているため紹介させていただきました。

快適に動作するスペックの詳細

実際にプレイしてみて、フルHDで60fpsが問題なく動作していれば、十分推奨スペックを満たしているといえます。

「VALORANT」や「Apex Legends」のような競技性のあるゲームでもなく、マルチプレイだったとしてもみんなと協力していくゲームなので、平均60fpsが出ていれば問題ありません。

プレイしてみた結果

上記のテスト環境で、実際にパルワールドのグラフィック設定を最高で200時間以上プレイしてみました。

60fps、FHDでも快適に動作する

フレームレートが60、フルHDで動作が不安定になったタイミングは200時間以上プレイしても一度もありませんでした。さらに、WQHDでも動作が不安定になった場面は一度もありませんし、90fpsに上げても問題なく動作していました。

ちなみに、マルチプレイ中ならサーバーの状況によってフレームレートが下がってしまうことはあるため、一概に自身のPCだけが問題というわけではありません。

こんな状況でも快適!

拠点にNPCやパルが襲撃に来た場合、画面内に大量のキャラとエフェクトが表示されることになります。

この場合でも少しフレームレートが下がった程度なので、それが気になる方なら厳しいかもしれませんが、個人的には快適に動作していました。

要するに、上記のテスト環境なら最高設定のグラフィックでも何の不便もなく、快適にプレイできるということです。

ゲーム側の設定を変更すれば低スペックでも大丈夫

ゲーム側の設定を下げていけば低スペックのPCでも動作するようになります。

PCへの負荷が大きくなる要因として特に、

  • 「高解像度」
  • 「フレームレートが高い」
  • 「描画距離が高い」
  • 「テクスチャの品質が良い」

    が挙げられます。

    これらをすべて設定で下げたり低くすれば、グラフィックが落ちたり、没入感のようなものはなくなる代わりに、快適に動作するようになります。

    以下の記事に詳細にゲーム側の設定を載せているので、ぜひご覧ください。

    おすすめのゲーミングPC

    ここからは推奨スペックを元に、おすすめのゲーミングPCをいくつか紹介します。

    安定の高スペックPC:PvPが実装されても安心

    出典: twitter.com

    「パルワールド」は今後のロードマップにおいて、プレイヤー同士で戦うことができる「PvP(Player vs Player)」を実装することを発表しています。

    PvPはマルチプレイが快適にプレイできる前提で、さらにフレームレートを上げていくことが求められます。

    おしゃれなハイエンドPC

    FRGLB760/SG2

    出典: www.frontier-direct.jp

    パーツ

    OS

    Windows 11 Home 64bit

    CPU

    Core i7-14700F

    メモリ

    32GB (16GB x2) DDR4-3200MHz

    GPU

    NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPER

    ストレージ

    1TB M.2 NVMe SSD

    電源ユニット

    1000W ATX電源 80PLUS GOLD

    価格

    319,800円(税込)

    PvPが配信されても問題ないスペックな上、このスペックならパルワールドどころか他の高負荷のゲームも余裕をもってプレイできるようなハイエンドPCです。

    さらにデザインもかっこよく、メモリやストレージの増設も簡単にできるため、利便性もあります。WQHDや4K、90fps以上でも問題なく動作するので、パルワールドを最高のグラフィック設定で遊びたい方はぜひ。

    販売ページはこちら

    高コスパスペック:マルチプレイでも快適

    コスパの良いハイエンドクラスの少し手前並のPC

    G-GEAR Aim GB5J-D231BN

    出典: shop.tsukumo.co.jp

    パーツ

    OS

    Windows 11 Home 64bit

    CPU

    Core i5-13500

    メモリ

    crucial 16GB(8GBx2) DDR4-3200

    GPU

    NVIDIA GeForce RTX 4070 12GB

    ストレージ

    1TB M.2 NVMe Gen4 SSD

    電源ユニット

    750W 80PLUS GOLD認証

    価格

    199,980円(税込)

    ハイエンドクラス並のスペックなのに価格が抑えめなので、非常にコスパの良いPCとなっています。

    ミニタワーケースなため拡張性は少しありませんが、メモリやストレージの増設などは問題なくできるので、ゲーミングPCとして十二分の性能です。

    販売ページはこちら

    さらに安価なハイエンドクラスの少し手前並のPC

    NEXTGEAR JG-A5G6T

    出典: www.mouse-jp.co.jp

    パーツ

    OS

    Windows 11 Home 64bit

    CPU

    Ryzen 5 7500F

    メモリ

    16GB(8GBx2) DDR5-4800

    GPU

    NVIDIA GeForce RTX 4060 8GB

    ストレージ

    1TB M.2 NVMe Gen4 SSD

    電源ユニット

    750W 80PLUS BRONZE認証

    価格

    169,800円(税込)

    上記のPCと同クラスのスペックで、さらに安価なPCが欲しいならこのPCがおすすめです。

    安易にどちらが優れているのかを決めるのは難しく、違いを挙げるならこちらのPCのほうがメモリは良い性能ですが、グラフィックボードはワンランク下のグラフィックボード、CPUがAMD製となっています。

    販売ページはこちら

    低価格スペック:プレイできる必要最低限のスペック

    出典: www.ark-pc.co.jp

    出典: www.ark-pc.co.jp

    パーツ

    OS

    Windows 10 Home 64bit

    CPU

    Ryzen5 5600 3.6GHz 6Core

    メモリ

    crucial 16GB(8GBx2) DDR4-3200

    GPU

    Radeon RX 6600 8GB GDDR6

    ストレージ

    1TB M.2 NVMe Gen4 SSD

    電源ユニット

    650W 80PLUS BRONZE認証

    価格

    108,000円(税込)

    パルワールドをプレイできる最低スペックを少し上回るスペックで、デザイン性などを削ることによって価格を抑え、コスパを重視したPCとなっています。

    しかし、グラフィックボードがAMD製なので、「DLSS」が使用できないことは注意しましょう。

    設定次第で十分プレイは可能で、10万程度で購入できる価格が大きな魅力です。

    販売ページはこちら

    ノートパソコンでもプレイしたいなら

    GF63-11UC-062JP GF63

    出典: shop.tsukumo.co.jp

    パーツ

    OS

    Windows 11 Home 64bit

    CPU

    Core i7 11800H(2.3GHz)

    メモリ

    16GB DDR4-3200

    GPU

    NVIDIA GeForce RTX 3050 4GB

    ストレージ

    512GB M.2 NVMe SSD

    バッテリー駆動時間

    約7時間

    価格

    116,800円(税込)

    ノートパソコンでパルワールドをプレイしたいなら、このノートパソコンがおすすめです。スペックは上記の必要最低限のPCより高く、パルワールドは問題なく動作するスペックとなっています。

    ノートパソコンなので、持ち運びがしやすく出先でもゲームをプレイできたりしますが、拡張性がほぼないことには注意しましょう。

    販売ページはこちら

    ランキング

    1. MODの導入方法とおすすめのMOD
    2. ポケモンのパクリ!?登場パルと似ているポケモン比較一覧 | 株ポケの公式見解も追記
    3. 暑さや寒さの対策|火山地帯や雪山・砂漠に行く前に
    4. 属性別 戦闘最強パルのランキング|戦闘向け最強パルの作り方も紹介
    5. 移動おすすめパルのランキングを陸上・飛行で分けて解説!|移動・飛行速度ランキングと最速パルの作り方解説

    新着記事

    新着コメント

    もっと見る
    トップへ