【SEKIRO】剣戟・体幹・忍殺について【バトルシステム】【隻狼】

最終更新日

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (隻狼)」の戦闘システムである剣戟と、戦闘に関する危険攻撃・体幹・忍殺について解説しています。

剣戟 (けんげき)

SEKIROでは刀と刀がぶつかり合う、本格的な剣戟アクションを楽しむことができます。

攻撃やガードを成功させると相手の「体幹」にダメージが入り、体幹ダメージを蓄積させれば、とどめの一撃「忍殺」を決められるようになります。

「防御さえも攻撃になる」というのが大きな特徴であり、攻略の上でも重要になってきます。

危険攻撃

戦闘中に赤い文字で「危」と表示された時はガードできない攻撃が発生します。

この場合は刀によるはじき返しを狙わず、ジャンプやステップなどの回避行動をとる必要があります。

[PR]

体幹 / 体幹ゲージ

HPとは別で「体幹ゲージ」というものがあり、体幹にダメージを与えるほどゲージがたまっていきます。ゲージがいっぱいになると相手に隙が生まれて、とどめの一撃「忍殺」を決められるようになります。

体幹ゲージは攻撃やガードを成功させると溜まっていきますが、時間経過によって回復します。HPが減っているほど回復速度が遅くなるので、「ヒットアンドアウェイでHPを削って忍殺を狙う」といった戦法も可能です。

忍殺 (にんさつ)

一瞬の隙をついて大きなダメージを与えられる必殺の一撃です。

剣戟による体幹ダメージ、隠密による意表をついた攻撃などで発生します。

中ボス以上の強敵は体力がなくなっても倒し切ることができず、完全に倒すには忍殺を決める必要があります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら