【SEKIRO】宮の桜牛の攻略法|倒し方・攻撃パターン解説【隻狼】

最終更新日

『SEKIRO(隻狼/せきろ)』の源の宮のボス宮の桜牛の戦闘の流れ、おすすめの義手忍具・アイテム、各攻撃パターンの回避方法や反撃のタイミングについて掲載中です。

宮の桜牛の攻略法

戦闘の流れ

1回忍殺を行うと勝利となります。

鬼仏-花見舞台から屋根を伝って上空忍殺を行うと大きくHPを減らす事が出来、非常に有利に戦闘を進められます。

攻撃パターンは火牛と変わらない上に炎上も無いので落ち着いて立ち回れば問題ありません。

正面に立たず、常に側面や背面に回り込むようにしましょう。

爆竹も変わらず有効です。

あると良いもの

爆竹

桜牛を爆竹によって怯ませる事が出来ます。

月隠の飴

戦闘に直接有効ではありませんが、道中の屋根の上の敵を背後忍殺しやすくなります。

[PR]

宮の桜牛の攻撃パターン

チャンスとなる攻撃

突進

ひたすら突進を繰り返します。

壁際に誘導すると方向転換に時間がかかるので、ダッシュで側面に回り込むようにして立ち回ると

角の振り回し

横に広い範囲攻撃です。後ろに回っていると攻撃のチャンスとなりますが、攻撃範囲に入ってしまっている場合はガードでやり過ごし、隙を突いて側面や背後に回りましょう。

宮の桜牛の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら