【SEKIRO】義父(過去梟)の攻略法・倒し方・攻撃パターン解説【隻狼】

最終更新日

『SEKIRO(隻狼/せきろ)』の平田屋敷のボス義父の攻略方法を掲載しています。の攻略情報まとめです。戦闘の流れ、おすすめの義手忍具・アイテム、各攻撃パターンの回避方法や反撃のタイミングについて掲載中です。

義父の攻略法

戦闘の流れ

2回忍殺をすると勝利となります。天守楼閣での梟とは少し攻撃パターンが異なっている部分もあるので注意が必要です。

1回忍殺をするとフィールドに梟が飛び回るようになり、梟を使った瞬間移動や攻撃パターンが追加されます。

ステージが横に狭く、柱などの障害物が回避に非常に邪魔になる事が多いです。

なるべく壁を背負わずに前に出るようにしましょう。1回忍殺後に行ってくる梟による瞬間移動攻撃はダッシュをし続けていると回避しやすいです。

あると良いもの

長花火(爆竹)

回復する為の隙を作る、回復禁止が切れるまでの時間を稼ぐ、相手の体幹を削り切れる際のダメ押しなど非常に広い用途で使用できます。

見切り

強力な突攻撃を無効化し、チャンスとする為のスキルです。義父の突攻撃はただかわしても攻撃が継続されるので可能な限り見切りで対応しましょう。

[PR]

義父の攻撃パターン

チャンスとなる攻撃

手裏剣からのジャンプ斬撃

手裏剣はガードで防ぎ、ジャンプ斬撃が振り下ろされる瞬間に横ステップを入力する事で無防備な梟の横に位置取り、そのまま攻撃に転じる事が出来ます。

爆竹からの突進攻撃

爆竹を使用しながら後ろに下がり、直後に突攻撃を行ってきます。

回避でも対応可能ですが、その後斬撃の連打に派生してしまうので爆竹をバックステップでかわしたら突攻撃を見切りする用意をしておきましょう。

火炎斬り

斬撃と蹴りの後に粉塵を撒き、高威力の爆発を伴った斬撃を放ってきます。

事前モーションを見たら後方にステップを入れ、爆発を確認したらすぐに前ステップで攻撃に転じる事が出来ます。

振りかぶっての叩き斬り

下段危険攻撃の後に使用してくる事が多い技です。刀を大きく振り上げて叩きつけるように振り下ろします。

振りかぶっている最中に横に移動しすぎると回転斬りに変化してしまいますが、振り下ろしの瞬間を狙って横ステップで回避をすると大きな攻撃のチャンスへと転じる事が出来ます。

注意すべき攻撃

梟による瞬間移動

完全にターゲットや攻撃が不可能になり、梟と共に現れながら攻撃を仕掛けてきます。

ターゲットが出来ない事でガードをしづらいので、ダッシュでとにかく逃げましょう。

火炎梟

義父が梟を手元に呼び寄せ、火を纏った梟が狼に向かって突進してきます。

横ダッシュをし続けてかわし、その後に来る危険技の突攻撃に見切りを合わせる準備をしましょう。

義父の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら