【SEKIRO】首無し獅子猿(葦名の底)の攻略法・倒し方・攻撃パターン解説【隻狼】

最終更新日

『SEKIRO(隻狼/せきろ)』の葦名の底のボス「首無し獅子」の倒し方を掲載しています。

首無し獅子猿の攻略法

戦闘の流れ

落ち谷で戦った獅子猿の第二形態との戦闘です。

2回忍殺する必要があり1回忍殺をすると別個体の獅子猿も合わせた2体同時戦闘となります。

首無し獅子猿の基本的な行動は落ち谷の獅子猿と変わりありません。

1回忍殺後に現れる獅子猿には爆竹系統が非常に有効で、特に長花火は数回連続で使用すると体幹をほぼ全て削る事出来るので非常に有効です。

落ち谷で獅子猿を倒す前に葦名の底を抜けると、首無し獅子猿との戦闘をスキップしてストーリーを進める事が出来ます。

あると良いもの

長花火

2体同時の戦闘をすぐに終わらせる事が出来ます。

これがあると一気に難易度を下げられるのでほぼ必須となる忍具です。

鳳凰の紫紺傘

首無し獅子猿が使う怖気を伴った咆哮を無効化して接近する事で攻撃のチャンスを作り出せます。1回目忍殺の前にこちらを使いすぎると長花火分の形代が無くなってしまうので使いすぎには注意しましょう。

まだら紫の曲がり瓢箪

鳳凰の紫紺傘が用意出来ない場合はこちらで咆哮に対処しましょう。

[PR]

首無し獅子猿の攻撃パターン

チャンスとなる攻撃

連撃からの溜め叩き斬り

最もダメージを与えやすい技です。払い斬撃をガードやジャストガードで凌ぎつつ、最後の叩き斬りをジャストガードしましょう。ジャストガードに成功すると大きく体勢を崩し、大ダメージを取るチャンスとなります。

通常ガードでは体勢を崩さないのでジャストガードをしっかり決められるようにしましょう。

滑りこみ斬撃

一気に距離を詰めて斬撃を放ってきます。その場でのジャンプや前ジャンプで回避して攻撃に転じる事が出来ます。

大ジャンプ攻撃

危険技です。相手の攻撃にジャンプを合わせると避けやすく、空中攻撃でダメージを取りやすいです。

怖気咆哮

獅子猿の周囲に怖気効果とダメージのある咆哮を展開します。

手に持っている頭を首の方に持っていくというわかりやすいモーションが存在するので、それを見た瞬間にバックステップで距離を取りましょう。

2体同時戦のコツ

首無し獅子猿が大きな隙を伴う攻撃をした際に通常獅子猿に連続で長花火を使用し、一気に忍殺までもっていきましょう。

首無し獅子猿と通常の獅子猿の両方に隙がある事が望ましいので、それまではターゲットを外して2匹を視界に入れながら逃げ回って好機を待ちましょう

首無し獅子猿の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら