【SEKIRO】ボス「まぼろしお蝶」の攻略法(倒し方)、攻撃パターン解説【隻狼】

最終更新日

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (隻狼)」の竜泉川端平田屋敷渡り廊下のボスまろぼしお蝶の攻略を掲載しています。

まぼろしお蝶の攻略法

基本的な流れ

1回忍殺をし、第2形態で再び忍殺の計2回忍殺をすると勝利となります。

体幹が脆く、相手からの打ち込みも多いので剣戟も含めるとジャストガードで相手の体幹を削りやすいです。

動きが速く、追っている間に相手が次の攻撃に移ってしまうという事もあるので無理に攻めようとせず、相手からの打ち込みを待ってじっくり戦いましょう。

第2形態ではガードしてもダメージを受ける蝶を使う他、まぼろしを使っての攻撃も追加されますが、基本的な戦法は変わりません。

空中のワイヤーからジャンプした時に独楽手裏剣を当てる事で撃ち落として隙を作りだせます。

チャンスとなる攻撃

連続斬りつけ

ジャストガードによって最も体幹を溜めやすい技です。斬りつけの後に踏みつけがあるので、その後攻撃に転じる事が出来ます。

地上付近のワイヤーに乗って接近斬りつけ

こちらもジャストガードで体幹を削るチャンスです。地上のワイヤーに移ったのを見たら即ジャストガードの備えをしましょう。

ワイヤーからの掴み技

ガード不能の危険技ですが、ステップまたは横ジャンプでかわすと攻撃のチャンスとなります。

注意すべき攻撃

クナイ連続投げ

ステップだとどれかを受けてしまう可能性があるのでガードで凌ぎましょう。剣戟で体幹を消費する可能性があるので、可能であればジャストガードで防ぎたい技です。

斬り付けへ派生する場合もあるので、ジャストガード入力であればこちらでも体幹を削れます。

蝶の光弾

クナイ投げなどのアクションと同時に発生するようになります。

自身を狙って飛んでくる上にガードしてもダメージを食らってしまうので、柱を盾にしてやりすごすか、回避に専念しましょう。

まぼろし

第2形態で使用するようになる技です。

敵の幻影が現れ、ゆっくりと自分に近づいて攻撃を仕掛けてきます。

幻影が消えると光弾になり、一斉に自分目掛けて飛んできます。

一発攻撃を当てれば消えるので、まぼろしお蝶が攻撃の準備をしていない時は旋風斬りでまとめて消すのがオススメです。

こちらも光弾になってしまった場合は柱でやりすごすか、一定の横方向に動き続けると当たりません。

まぼろしお蝶の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら