孤影衆 忌み手の攻略法|倒し方・攻撃パターン解説

『SEKIRO(隻狼/せきろ)』の葦名流伝場(忍軍襲来時)のボス孤影衆 忌み手の戦闘の流れ、おすすめの義手忍具・アイテム、各攻撃パターンの回避方法や反撃のタイミングについて掲載中です。

孤影衆 忌み手の攻略法

戦闘の流れ

2回忍殺をすると勝利となります。

基本的な攻撃パターンは孤影衆 太刀足と変わりませんが、敵キャラが一人増えている、初手忍殺から入れないなど状況が少し異なっています。

初動で流伝場に入ってすぐ左に居る敵を背後忍殺で1対1に持ち込む事が出来、その際に傀儡術を使用すると一時的に仲間として使用出来ます。

傀儡は同じ対象に再び使用すると時間を延長する事も出来ますが、傀儡状態でも攻撃には当たり判定があるという点には注意が必要です。

あると良いもの

忍殺忍術「傀儡の術」

1対2になる状況を疑似的な2対1に持ち込む事が出来ます。

敵は基本的に最後に攻撃した相手を狙うので、傀儡と自分自身で交互に攻撃するとダメージを取りやすいです。

形代の消費が多い点には注意が必要です。

緑苔の瓢箪or毒消し粉

毒を伴った攻撃を仕掛けてくるのであると安心出来ます。

爆竹

接近攻撃が主な相手なので、回復したいタイミングで先に爆竹を撃っておくと接近してきた相手が怯み、安全に回復を行う事が出来ます。

[PR]

孤影衆 忌み手の攻撃パターン

チャンスとなる攻撃

蹴り+連続斬り

足技から刀の連撃を行います。ジャストガードで体幹を削るチャンスな上に、攻撃後に隙があるのでしっかりと対応したい技です。

溜め蹴り

危険技です。突きの判定なので見切りでダメージチャンスへと転じる事が出来ます。

足技のコンボの最後にも確定で行ってくるので足技をジャストガードで対応し、しっかりと反撃を取りましょう。

注意すべき攻撃

毒突き

毒を伴った攻撃を2回した後、少し溜めてもう一度してきます。

全て被弾してしまうと中毒状態となり、一気に不利になってしまうので2回目の突きの後の溜めで一気に後退しましょう。

飛び上がっての蹴り落とし

事前モーションはわかりやすいですが、攻撃する為の隙も少ないのでガードに徹しましょう。

孤影衆 忌み手の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら