【スプラトゥーン3】フェスとは?ヨビ祭やトリカラバトル・友達と遊ぶ方法などフェスの基本まとめ!【スプラ3】

攻略大百科編集部
2
件のコメント
(2日前)
URLコピー

スプラトゥーン3』で不定期に開催されるイベント「フェス」についてまとめています。
記事:chiro

フェスとは?

フェスとは、決着のつかない1つのお題に対して3つの陣営に分かれて対決、決着をつけるお祭りです。
開催日までに自分が所属する陣営を決めたら広場で投票を済ませ、「フェスT」を受け取ったら「ヨビ祭」の始まりです!

フェスTはギアパワーの付け替えやスロットのクリーニングがお得にできるので、この機会にギアパワーのかけらを集めたり、フェスに向けてフェスTの基本ギアパワーを変えてみましょう。


出典: youtu.be

ヨビ祭・本祭とは?

お告げが届いて広場で投票が開始してからフェス当日までの期間を「ヨビ祭」と呼びます。
フェスの当日は「本祭」と呼ばれ、いよいよ「フェスマッチ」が開催されます。

ヨビ祭

フェスのお告げは毎回FAXですりみ連合に届き、発表されます。

お告げが届いて投票がスタートしてからフェス当日までの期間を「ヨビ祭」と呼びます

「ヨビ祭」の期間中にフェスの投票を済ませた状態でバトルやバイトをしてカタログレベルを上げると、バンカラ地方において海の恵みを呼ぶシンボルとされている「ホラガイ」をもらうことができます。

ホラガイ1個でロビーのくじ(ガチャ)を1回回すことができる他、ヨビ祭期間中にあつめたホラガイの数はフェスの最終結果にも影響します。フェス当日は参加できなくても、ヨビ祭で勢力に貢献することができますね。

※カタログレベルが最大まで上がると2冊目が入手できます。2冊目はレベルが10上がるごとにミステリーボックスがもらえます。

本祭

フェスの当日は「本祭」と呼ばれ、いよいよ「フェスマッチ」が開催されます。本祭は、前半と後半に分かれており、前半が終わると「中間発表」があります。中間発表では、本祭前半戦での1位の勢力が発表されます。

本祭の後半戦は、この勢力に対して、ほかの勢力が同時に攻め込む「トリカラバトル」が発生することがあります。


出典: youtu.be

トリカラバトルとは?

中間発表で1位ではなかった勢力のプレイヤーは、本祭で「トリカラアタック」モードを選べるようになります。

トリカラアタックモードは、1人、または同じ勢力のフレンド2人によるグループで参加するモードです。このモードに参加すると、中間発表で1位の勢力に所属していて、さらにフェスマッチ(オープン)に参加しているチームに対し、トリカラバトルで攻め込むことができます

※マッチメイクに時間がかかりすぎる場合は、トリカラアタックを選択しても、通常のフェスマッチ(オープン)でのバトルに切り替わることもあります。

2チームが1位精力を挟み撃ち!

トリカラバトルでは、中間発表で1位だった勢力4人チームに対して、暫定2位のチーム、暫定3位のチームそれぞれ2人ずつが参加し、1位のチームを挟み撃ちすることになります。

3分後に一番多くナワバリを確保していたチームが勝利を収めます。


出典: youtu.be

「スーパーシグナル」を攻防!

中間発表で1位の守備側チームは、マップ中央に位置する「スーパーシグナル」を守ることになります。
残りの攻撃側チームは「スーパーシグナル」を狙いながら、守備側チームが1位を取らないようにすることを目指します。


出典: youtu.be

攻撃側チームが「スーパーシグナル」を確保すると、すりみ連合のメンバーが「マトイ」を送って助けてくれます。「マトイ」は周囲にインクをまき散らし、塗った分だけ味方のスペシャルゲージを増やしてくれます


出典: youtu.be

フェスの投票の仕方

オープンとチャレンジの違い

フェスの称号とは?

作成中

フェスで友達と遊ぶには?

作成中

フェスに強いおすすめブキ!

作成中

過去のフェスお題と結果一覧

フェス最新情報!

フェス最新情報まとめ

開催中のイベントはありません

▶過去のお題と結果一覧

フェスの基礎知識 オープンとチャレンジ
フェスTギアパワー集め ホラガイ集め
友達とフェスで遊ぶ

ポイントと称号

トリカラバトルのコツ おそろいボーナス
フェスで強いブキ

ランキング

  1. ブランド別 付きやすいギアパワー・付きにくいギアパワー一覧
  2. バッジ全287個の入手・解放条件一覧
  3. ヒーローモード(オルタナ)完全攻略ガイド
  4. 隠し・裏ヤカンステージの出現条件と攻略法 「オルタナの、その先へ」 | ヒーローモード攻略
  5. スペシャル性能アップの効果一覧と比較検証動画まとめ

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ