【ポケモンSV】連れ歩き、レッツゴーとは│好きなポケモンを連れ歩く方法【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
2
件のコメント
URLコピー

『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』で所持しているポケモンを連れ歩く方法について解説していきます。

併せて、今作で登場した機能の一つであるレッツゴーについても解説していますので参考にしてくださいね。

連れ歩き、レッツゴーとは

連れ歩きとは

連れ歩きとは、その名の通りポケモンを連れて歩くことです。

フィールド上でZRボタンを押すと画像のようにポケモンをフィールド上に出現させることができます。

ちなみに、コライドンorミライドンにライドしている状態でも連れて歩くことができます。

ただし、トレーナーとポケモンが一定の距離以上離れてしまうと、自動的にポケモンはモンスターボールの中に戻る仕様になっています。

またZRを2回押すと、ポケモンをモンスターボールに戻すことができます。

注意

近くに野生のポケモンがいる場合、ポケモンめがけてZRを押した場合、戦闘が開始してしまうので、戦闘をしたくない場合、避けたい場合は周りにポケモンがいない場所を狙ってZRボタンを押しましょう。

レッツゴーとは

レッツゴーとは、フィールド上に出現したポケモンに自動的にバトルしてもらったり、落ちているアイテムを拾ったりしてもらえる機能のことで、フィールド上で探索するうえで非常に便利な機能となっています。

さてそんなレッツゴーですが、レッツゴーはフィールド上でRボタンを押すと行うことができます。

フィールド上でRを押すと、ポケモンが出現した近くにいるポケモンと勝手に戦闘してくれたり、周囲に落ちているアイテムを拾ってきてくれたりします。

戦闘の場合は、出現した近くに複数のポケモンがいる場合、すべてのポケモンと戦闘してくれますし、木の上や空を飛んでいて遠いところにいるポケモンとも戦闘を行ってくれます。

ただし、体力が減ってくると戦闘を続けられなくなるので、こまめに体力を回復してあげましょう。

またアイテム回収の場合は、草むらなどで見づらいきのみなどのアイテムなども回収してくれるので、積極的に活用したいですね。

レッツゴー注意点一覧
  • レッツゴーで行った戦闘に勝利した場合でも経験値、アイテム等は回収できます。
  • レッツゴーで行った戦闘に勝利した場合の経験値は、通常の戦闘に勝利した場合の経験値と比べると約1/3~1/2になります。
  • レッツゴーで入手した経験値でレベルがあがっても、新しい技を習得したり、進化したりすることができません。

好きなポケモンを連れ歩く方法

好きなポケモンを連れ歩くには、まず連れて歩きたいポケモンを手持ちの一番上に入れておかなければなりません。

ちなみに手持ちポケモンの並びはメインメニューを開くと、画面左側に手持ちポケモン一覧が表示されるので、そこで確認することができます。

連れて歩きたいポケモンを一番上にした状態で、フィールド上でZRボタンを押しましょう。

すると、手持ちの一番上にいるポケモンがフィールド上に出現します。

一緒にフィールド上を探索したいポケモンを一番上に設定すると良いですね。

連れ歩き1000歩で進化するポケモン

さて、そんな連れ歩き機能ですが、連れ歩きを1000歩以上すると進化するという特殊な進化方法を持つポケモンがいるのはご存じですか?

以下に連れ歩き1000歩で進化するポケモンをまとめていますので参考にしてくださいね。

注意

「連れ歩き」した歩数で進化するポケモンです。「レッツゴー」で歩いた歩数はカウントされないので注意しましょう。

  • 「連れ歩き」はフィールド上でZR
  • 「レッツゴー」はフィールド上でR

連れ歩き1000歩で進化するポケモン一覧

 

ランキング

  1. あいことば通信交換コード(合言葉)一覧!|バージョン違いのポケモン入手・『藍の円盤』に対応
  2. 最強エンブオーのレイド攻略|ソロ攻略用対策・おすすめポケモンを予想
  3. 道具プリンターの乱数調整やり方|オシャボ・特性パッチ・金策方法・時間や秒数まとめ
  4. リストラされたポケモン一覧
  5. 星4サンドイッチの作り方とレシピ・サークルミッションについて

新着記事

新着コメント

もっと見る
育成論・育成知識まとめ
18時間前 2
ゲーマー 18時間前

== 『ポケットモンスター』【第10世代での変更点】 == ”フォルムチェンジ”と呼ばれる現象によって、別のポケモンに切り替えることができなくなった。 「複数フォルムポケモン」と呼ばれるようになり、それぞれが完全に独立した1種類のポケモンとなった。 フォルムチェンジが廃止された理由は、ポケモン図鑑自体が姿違いではないため。 「1つの図鑑番号ごとに、複数のポケモンを共存させることは無理」と開発者は考えている。 「フォルムチェンジ系のポケモンは、キャラ立ちや攻略が曖昧になる欠点があったので、スッキリしてよくなったと思う」と開発者は考えている。

トップへ