【オーバーウォッチ2】ライバル・プレイ(ランクマッチ)の解放など前作からの変更点を解説【OW2】

攻略大百科編集部
URLコピー

オーバーウォッチ2でのライバル・プレイ(ランクマッチ)のシステムの詳細について解説した記事になります。

前作オーバーウォッチをプレイしていた方も、変更点があるので是非目を通してみてください。

ライバル・プレイのシステム

ライバル・プレイは、ロールキュー/オープンキューの2つに分けられ、それぞれで独立したスキル・ティアがあります。

各シーズンの開始時に、スキル・ティアは一部リセットされます。

スキル・ティアとは

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド
  • マスター
  • グランドマスター
  • トップ500

の8つスキル・ティアに分かれており、各ティアごとに5つのディビジョンに分かれています。(1が最高)。

トップ500Tierにディビジョンはありません。

スキル・ティアやディビジョンは、1試合ごとに閲覧できる進捗状況に応じて変動します。

※シーズン9になるまでは、一定数勝利または敗北を重ねることで変動する仕組みでした

ライバル・プレイのルール

マッチは複数ラウンド形式で、基本的にどのモードでも2本先取となります(攻撃側/防衛側どちらもプレイすることになります)

目標を確保してポイントを獲得し、より多くのポイントを得たチームの勝利です。

入手できる報酬

チャレンジをクリアして入手できる報酬のほか、勝利/引き分けでヒーローの武器をエメラルドカラーにできる「ライバル・ダスト」を入手することができます

また、シーズン終了時に「ライバル・ダスト」と、ランクに応じた称号が入手でき、新機能の「ネームカード」に表示することができます。この称号は1シーズン間しか使用できません。

プレイ可能なマップ

ゲームモード毎にプレイできるマップが分かれています。

ハイブリッド

  • EICHENWALDE
  • HOLLYWOOD
  • KING’S ROW

エスコート

  • DORADO
  • WATCHPOINT:GIBRALTAR

コントロール

  • BUSAN
  • ILIOS
  • LIJANG TOWER
  • OASIS

プッシュ

  • COLOSSEO
  • ESPERANCA

前作からの変更点

ライバル・プレイ関連の変更点を記載しています。

解放条件は50勝

以前のオーバーウォッチでは、レベル25に到達するとライバル・プレイに参加することができましたが、基本プレイ無料となったオーバーウォッチ2では、クイック・プレイで50勝すると、ライバル・プレイが解禁されるように変更されています。

新規プレイヤーには技術を身につける期間が用意され、その期間でパフォーマンスを分析しマッチメイキングの情報として役立てられるようです。

また、参加条件の変更はチートやトロール(荒らし)行為の抑制にもつながっています。

スキル・ティアの非表示

従来のライバル・プレイでは、スキル・ティアを見ることができましたが、ライバル・プレイのマッチ開始時に各プレイヤーのスキル・ティアが表示されなくなりました。

マッチが始まってすぐに味方プレイヤーの実力を判断し、バイアスがかかってしまうというマイナスの側面を防止する目的のようです。

SR(スキルレート)の表示変更

スキルレートは数字ではなく、ディビジョン制へと変更されました。

ディビジョンは1試合ごとに変化する進捗に応じて上下する仕様になっています。

メダル制の廃止

試合中に自分の貢献度を金、銀、銅で表す、メダル制のスコアボードが廃止されます。

メダル制の場合、都合の良い解釈ができ、チームへの貢献を正確に反映できなかったことが原因のようです。

新たなスコアボード

新たなスコアボードは、チームに要求されるものを明示したものとなっています。

ランキング

  1. 最強キャラランキング(Tier表)|(2024年4月更新) Season10 ベンチャーを追加
  2. 【オーバーウォッチ2】キャスディの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介【OW2】
  3. 【オーバーウォッチ2】過去の調整(パッチノート)まとめ|最終更新:シーズン11パッチ(06/21)【OW2】
  4. ウィンストンの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
  5. キャラ(ヒーロー)一覧と解放・アンロック条件 | 新規・復帰プレイヤー向け

新着記事

新着コメント

もっと見る
ザリアの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)も紹介
4月5日 11
名無しさん 4月5日

ザリアの対策しづらさはスキルのカウンター性能とプレイヤーの理解度の低さがある 体力が50の敵がいる→バリア張られる→このまま倒しきるorエネルギー貯めたくないで分かれる→結果キルもできずエネルギーを貯めるだけになる この流れが多いように感じる 距離取ってバリア管理してザリア撃ちつつ後衛撃ってれば普通に勝てるんだけど、エリアの概念がないから高所から打つとか、仲間と離れて戦うってことを誰もやらない ザリアの強みは正面火力とカバー性能だけ 弱みである機動力の低さ(エリアの突破力)とリソースの少なさに目を向けて戦えば普通に倒せる マスター帯の話です

ゼニヤッタの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
3月8日 12
名無しさん 3月8日

ゼニヤッタ練習してるけど、マジでガンガン敵に詰めていく味方フランカー、頑張って回復付け直そうと追いかけるけど、足が遅いから回復してもらいに多少は歩み寄ってくれないと無理やろ。そういう自分勝手ニキに限って(あなたに)回復が必要だ!連呼する。めっちゃ萎える。死ぬ前にお前が来い。そんな後方にいるわけでもないのに、死ぬまで前に前進し続ける病気のくせにヒーラーのせいで死んだ!とかやめてほしい。上手い人は付けてもらいに戻って来るよ。お前が下手なんだよ!ってなる。

トップへ