【オーバーウォッチ2】ブリギッテの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介【OW2】

攻略大百科編集部
3
件のコメント
URLコピー

オーバーウォッチ2に登場するヒーロー、ブリギッテの解説記事です。

ステータスやアビリティの性能、立ち回りのほか、対策やアンチピック(カウンターピック)、相性の良いヒーローも紹介しています。

ブリギッテの性能

ブリギッテの性能やキャラ設定について解説します。

ブリギッテ

ブリギッテは人々を守るために武器を取る。

彼女は近接戦闘で真価を発揮し、

攻撃を命中させることで周りの味方を回復、保護することができる。

CV(声優)

大森 ゆき

ロール

サポート

2.5秒間ダメージを受けない状態でいると、ライフが自動で回復する。

難易度(★☆☆~★★★)

★★☆

ステータス

HP200

アーマー50


合計250

解放条件

マッチを60回完了する。1勝すると2マッチ分としてカウント

OW1プレイヤーは初期から解放

ブリギッテのアビリティ

アビリティ

性能

備考

武器

ロケット・フレイル

射程の長い近接武器

ダメージ:45

射程:6m

発射速度:1スイング0.6秒

アビリティ1

リペア・パック

一定時間、味方1人を回復する

回復量:125


持続回復:50/2秒 (合計100)

即時回復:25


射程:25m

弾薬:3

持続時間:2秒

クールダウン:弾薬1つにつき6秒

3チャージまで保持できる

アビリティ2

ウィップ・ショット

前方にフレイルを飛ばして敵をノックバックする

ダメージ:70

射程:20m

クールダウン:4秒

アビリティ3

シールド・バッシュ

バリア・シールドを展開中に利用可能。

前方にダッシュした後、敵をノックバックさせる

通常時

ダメージ:50

射程:7.5m

クールダウン:7秒

アルティメット<ラリー>時

ダメージ:50

射程:7.5m

クールダウン:7秒

範囲攻撃化し、短時間のスタン効果を付与

アビリティ4

バリア・シールド

自身の前方にエネルギー・バリアを展開する

通常時

バリア耐久値:250

回復:秒間85(収納後2秒経過したら回復)

移動速度:-30%

クールダウン:破壊されると5秒

アルティメット<ラリー>時

バリア耐久値:750

バリアの幅が拡大、ヒットした敵ヒーローを短時間スタン(複数体にヒットした場合、その全員にスタン効果)

回復:秒間85(収納後2秒経過したら回復)

移動速度:-30%

クールダウン:破壊されると5秒

アルティメット

ラリー

移動速度が向上し、付近の味方に追加ライフを付与する

付近の味方への回復:15追加ライフ/0.5秒

自身はアーマーを+100獲得

移動速度:+15%

効果範囲:半径8.5m

持続時間:10秒

パッシブ

インスパイア

敵にダメージを与えると、付近の味方に回復バフを付与する

回復:15/秒

効果範囲:半径20m

バフの持続時間:5秒

クールダウン:1秒

現在バグが発生しているので注意(シーズン7~)

ブリギッテが展開する<バリア・シールド>が正常に機能しない場合があるようです。

修正されるまでは、瞬間火力が高く 即死の危険があるアビリティはなるべく盾を使わないようにするか、極力別のキャラをピックすることをオススメします。

詳細は下記の記事をご覧ください。

調整履歴

2024/02/14(シーズン9開始時) 調整

変更点

・サポート・ロールのパッシブ

自己回復が始まるまでの時間が2.5秒に変化

・ステータス

HPが150→200に増加

・<ロケット・フレイル>(メイン武器)

ダメージが35→45に増加

2023/12/06 (シーズン8開始) 下方修正

2023/10/11(シーズン7開始) 上方修正

変更点

・<ウィップ・ショット>

→ダメージが70→80に増加

開発者コメント(意訳)

この変更により、ブリギッテの最もエイムが必要な部分のリターンを上げており、味方を守る際の熟練度を上昇させています。

シーズン6中(2023/09/08)に下方修正

サポート・パッシブに下方修正が入っています。

変更点

サポート・パッシブの変更

サポート・パッシブ発生までの時間が1.5秒→2秒に延長

開発者コメント(意訳)

サポートヒーローたちは個別の改善により生存能力が上がって総合的にかなり強くなっていたため、ロール全体のパッシブの影響度を下げました。

2023/08/11(シーズン6開始時)に下方修正

変更点

・<バリア・シールド>

→バリア・シールドの耐久力が300→250に減少

・<ラリー>(アルティメット)

→アルティメット・コストが6%増加

開発者コメント(意訳)

ブリギッテの全体的な有効性と生存性は他のヒーローに比べて高いため、<バリア・シールド>の耐久力を減らしています。

また、リワークにより効果が上昇したため、<ラリー>の最終コストをわずかに調整しています。

シーズン4開始時(2023/04/12)にリワーク+上方修正

変更点

・<ラリー>(アルティメット)

→ラリー発動中、ブリギッテは回復可能なアーマー/ヘルスのプールを+100獲得するように変更

→ブリギッテ自身は、近くの味方のように一時的な体力を徐々に獲得しなくなりました

→<ラリー>発動中は、<バリア・シールド>がアップグレードされ、サイズと耐久力が増加

→<ラリー>発動中の<バリア・シールド>の耐久力は300→750に増加

→<ラリー>発動中、<シールド・バッシュ>が複数の敵に効果を与え、短時間のスタンを与えるように変更

→ボーナス移動速度が+30%→+15%に減少

・<リペア・パック>

→射程距離が30m→25mに減少

開発者コメント(意訳)

<ラリー>は味方に追加のアーマーを付与する効果から、一時的に追加ヘルスを与える効果へ変更されたことでパワーを失い、全体的に防御面での利点を構築するに際し比較的長い時間がかかりました。

こちらのリワークでは、アーマーヘルスプールが増加し、<バリア・シールド>が強化されることで、より即効性のある防御用アルティメット・アビリティとして使われることを意図しています。

シーズン3開始(2023/02/08)時に調整

上方修正されています。

変更点

・<リペア・パック>

→時間経過に伴う回復量が毎秒55→50に減少

・<リペア・パック>を受けたヒーローは、即時HP25回復するように変更

・<ラリー>

→アルティメット・コストが10%減少

開発者コメント(意訳)

少量の即時回復能力を備えた<リペア・パック>は、ブリギッテが負傷した味方を救うためにより多くの主体性を持たせるのに役立ちます。また、一般的にアビリティの効果や影響力を高めています。

2023/01/06に調整

上方修正されています。

変更点

<バリア・シールド>

→バリア量が250→300に増加

ブリギッテの立ち回り

ブリギッテの立ち回り、注意点などを解説しています。

ブリギッテの回復性能について

一瞬で味方ヒーローを全快させるほどのバーストヒールは不可能です。交戦時に<リペア・パック>を

<リペア・パック>

また、死にかけた味方ヒーローを一瞬で救出できるだけの回復性能はありません。リペア・パックやラリーには継続回復があるため、交戦が予想されるタイミングで発動させておくのがおすすめです。

パッシブ<インスパイア>

敵に攻撃を当てると、5秒間半径20m以内の味方ヒーローを秒間15ずつ回復します。連続で攻撃を当てた場合、重複して回復するのではなく、回復時間が延長されます(継続時間が延長)。

回復の持続力はありますが、瞬発的な回復は苦手なヒーローです。倒されてしまうと周囲へのヒール効果はなくなってしまうので、味方のサポートヒーローを守りつつ敵にダメージを与えパッシブを回しながら生き残る立ち回りをしましょう。時には射程の長い<ウィップ・ショット>で遠距離の敵ヒーローを軽く攻撃し、回復を発生させることも必要です。

また、パッシブ「インスパイア」は壁越しの味方に影響を与えられません。味方との射線を切らないように注意して立ち回りましょう。

近距離性能に特化している

パッシブ「インスパイア」が真価を発揮するのは接近戦です。トレーサーやゲンジを追い返す能力は高いものの、ファラやウィドウメイカーなど長射程の相手には手も足も出せませんので、これらのヒーローを対策したい場合は別のヒーローに変更するのが良いです。

ウィップ・ショットの使い方

ウィップ・ショットは80ダメージを与えノックバックさせるアビリティです。

主に遠距離からインスパイアを発動させるために使うことになりますが、単体に対するバーストダメージともなります。

ノックバックするため苦手なリーパーなどのヒーローとの接近戦を拒否したり環境キルも狙えますが、削った敵を逃がしてしまわないようにだけ注意して使いましょう。

シールド・バッシュについて

相手のラインハルトのチャージや、ブリギッテのシールド・バッシュと相殺することができます(お互いにスタン状態になる)。

また、前に移動する性能を活かし逃げスキルとして使えることも覚えておきましょう。

アルティメット発動時のシールドバッシュは、複数の敵に対してスタン効果を与える強力なアビリティです。ここぞという時に相手の後衛をスタンさせると一気に有利になるので、フォーカスされづらいタイミングでは狙っていくのも強力です。

(通常時のシールド・バッシュのヒットでスタンする効果は削除されました。前作オーバーウォッチのブリギッテをプレイしていた方は気を付けましょう)

ロケット・フレイルで攻撃する時の注意点

ラインハルトと同様に、画面を左右に振ることで、攻撃範囲が少し広くなります。ブリギッテを使う場合、視点移動しつつ攻撃するクセを付けましょう。

高いバーストを出せるコンボ(シーズン7~)

ロケット・フレイル

シールド・バッシュ

ウィップ・ショット

合計

×2


70ダメージ(35×2)


50ダメージ


70ダメージ

190ダメージ

上記のコンボで瞬間的に190ダメージを出すことができ、削れている相手をワンコンボで倒すことができます。

難しいですが、習得できれば 相手のサポートやダメージをワンピックできるようになるので練習しておきましょう。

※シーズン8開始時に下方修正され、最大出力が190に抑えられました。

ブリギッテの対策

殴らせない

接近戦でパッシブ「インスパイア」を発動させながら戦うヒーローです。殴れないとパッシブが発動せず回復力が低下します。

乱戦を避け、遠距離戦に切り替えるのも手

ブリギッテは乱戦に強く、ダイブ系タンクヒーローや、フランカー系ダメージヒーローのアンチピックとして使われることが多いです。射程外から攻撃して倒しやすいヒーローを選択するのも手です。

シールドバッシュを使った後は移動系スキルがないため、そのタイミングでフォーカスするのも有効な手段です。

バリアを破壊する

バリアは耐久値250と心もとない耐久力のため、破壊するのも有効です。バリアがない間はシールドバッシュを使えなくなります。

ブリギッテのアンチピック(カウンター)

ダメージ

エコーファラ

中高度ではウィップ・ショットは当たってしまいますが、基本的に上からの攻撃には対抗できません。

バリアを展開されても爆風ダメージを与えることができます。

ジャンクラット

メイン武器3発でバリアを破壊できます。爆風も当たりやすく、乱戦時にスティール・トラップを踏ませると確実にブリギッテを処理できます。

バスティオン

セントリー・モード時は非常に火力が高いため一瞬で倒すことができます。偵察モードではグレネードの爆風を当てて削るプランもとれます。

ブリギッテと相性の良いヒーロー

ブリギッテとシナジーのあるヒーローを紹介します。

こちらでおすすめしているヒーローたちは全員空中への対抗手段に乏しいため、敵チームにエコーやファラがいる場合はヒットスキャン系のヒーローを投入する必要が出てきます。

タンク

ラインハルト

ストーリー通り相性がぴったりな二人です。

固まって前線を上げつつ、二人で近接戦闘を仕掛ける動きは単純ながら強力ですが、遠距離への対抗手段は乏しくなります。

 

ジャンカー・クイーン

コマンディング・シャウトでHPと移動速度を上昇させ、一緒に前線に出ることができます。

 

サポート

ルシオ

スピード・ブーストで得意な近距離戦に持ち込みやすくなります。

ブリギッテのストーリー

出典: youtu.be

リンドホルムの血を濃く受け継いだブリギッテは、機械工学にかける熱い情熱と、高潔な心を合わせ持っている。ブリギットは幼い頃から、名付け親であるラインハルトの語って聞かせる武勇伝にあこがれていた。一人前になった彼女は、騎士のお供になることを決意した。2人は世界の悪を正すべく、新生オーバーウォッチに参加する。

 

ランキング

  1. 02/22配信 調整パッチ内容まとめ|ジャンクラットに上方修正
  2. 最強キャラランキング(Tier表)|01/09更新 マウガを取り巻く環境をメインに更新
  3. シーズン9以降のライバル・プレイに関するアップデートについて
  4. ザリアの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)も紹介
  5. ヒーローの解放・アンロック条件 | 新規・復帰プレイヤー向け

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ