【オーバーウォッチ2】バスティオンの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介【OW2】

攻略大百科編集部
2
件のコメント
URLコピー

オーバーウォッチ2に登場するヒーロー、バスティオンの解説記事です。

ステータスやアビリティの性能、立ち回りのほか、対策やアンチピック(カウンターピック)、相性の良いヒーローも紹介しています。

バスティオンの性能

バスティオン

オムニック・クライシスの前線で戦った経験を持つロボット。

その後、好奇心旺盛なバスティオンは自然に惹かれ、恐ろしい人間たちを警戒しながら世界を探索している。

バスティオンは変形が可能で、状況に応じて臨機応変に戦うことができる。

声優

Chris Metzen

(機械音)

ロール

ダメージ

ダメージを与えた敵の回復量が2秒間20%低下

難易度(★☆☆~★★★)

★☆☆

ステータス

HP250

アーマー100


合計350

解放条件

マッチを30回完了する。1勝すると2マッチ分としてカウント

OW1プレイヤーは初期から解放

バスティオンのアビリティ

アビリティ

性能

備考

メイン武器(通常モード)

偵察モード

軽量で精密な武器を構え、身軽に移動できる

ダメージ:7~25 距離減衰あり

発射速度:5発/秒

弾薬:25

リロード速度:1.2秒

ヘッドショット可

強襲モード

強力なガトリング砲に変形するが、移動速度が低下する

ダメージ:12

移動速度:-30%

発射速度:30発/秒

弾薬:∞

持続時間:6秒

クールダウン:12秒

ヘッドショット不可

アビリティ

A-36タクティカル・グレネード

壁に当たると跳ね返る爆弾を発射する。

爆弾は敵に命中するか地面に落ちると爆発する

直撃ダメージ:15

爆発ダメージ:100~50

爆発までの時間:0.35秒

クールダウン:8秒

地面では跳ね返らない

アルティメット

タンク・モード

地面に固定され、最大3発の強力な砲弾で空から射撃する

ダメージ:250

効果範囲:半径6m

弾薬:3

持続時間:8

落下までの猶予:0.6秒

自爆ダメージなし

砲弾のマーカーの移動速度:25m/秒

モード変更

モードを切り替える

偵察モードと強襲モードを切り替える

強襲に切り替え:1秒

偵察に切り替え:0.5秒

クールダウン:なし

パッシブ

アイアンクラッド

変形中(偵察モード以外のモード)に受けるダメージを軽減する

ダメージ軽減:20%

直近の調整

2024/05/15(シーズン10リテイルパッチ) 自動回復・アーマーの変更

変更点

HP

非戦闘時のHP回復が 毎秒20→毎秒10+最大HPの5% に変更

アーマー

アーマーは一律 1つの弾丸につき5、最大50%のダメージ軽減へと変更

開発者コメント(意訳)

アーマーは、連続的なダメージ・ショットガン系の武器への耐性を向上させるため、元の機能へと差し戻されています。

非戦闘時のHP回復は微弱ながらゲームにプラスの面で作用していましたが、タンクヒーローのHPが多いため タンクに対しての影響は低くなっていました。

バスティオンの立ち回り

バスティオンの立ち回り、注意点について解説しています。

正面での撃ち合いは最強格

DPS(秒間ダメージ)が非常に高く、タンクのバリアの後ろや高台から相手タンクのバリアを破壊したり、タンクをフォーカス(狙う)すると相手チームは前に出られなくなります。

DPSが高い反面、機動力は低くフランカー系ヒーロー、<木の葉返し>でダメージを跳ね返してくるゲンジは特に相性が悪いです。

正面での撃ち合いには優れていますが、単体性能は控えめのヒーローなので、基本的に味方本隊にあわせて互いにサポートしあいながら進むのが良いヒーローです。

射撃の精度が高い

どちらのモードでも、連射しても即着弾するヒットスキャンのメイン武器で、非常に敵ヒーローを狙いやすい性能をしています。

シーズン7 ミッドパッチで <強襲モード>時にもリコイルがついてしまいました。

遠距離は距離減衰があるので高火力を出せませんが、中距離で活躍しやすいヒーローです。精度やDPSを活かし、隠れられる前にファラやエコーなど飛行能力のあるヒーローを落とすパワーがあります。また、ヒットボックスが大きなタンクを相手取った場合は 継続的に大ダメージを与えることができます。

アルティメットの使い方

同じ地点に3発落とし、一点を攻撃し立ち入れなくする使い方と、間隔を広げて敵チーム全体を削る使い方があります。

基本的には相手の後衛が動きづらくなるような砲撃や、逃げ場のない砲撃をすると貢献しやすいです。

当たり判定が大きいので注意

バスティオンはダメージ・ヒーローの中で最も当たり判定が大きいことに気を付けて立ち回りましょう。

特に、ロングレンジからのヘッドショットで大ダメージを狙えるウィドウメイカー、<チェイン・フック>で捕まえることができるロードホッグなどがいる場合、細心の注意をはらって立ち回る必要が出てきます。

バスティオンの対策

変形時のヘッドショット判定は背部

意外と知られていませんが、セントリー・モード時は背中のコアを射撃することでヘッドショット扱いになります。

変形中のバスティオンや敵チームに気づかれずに裏取りに成功すると一気に撃破するチャンスがやってきます。

一人で対処しようとしない

正面でまともに撃ち合うとなると圧倒的DPSを持っているためほぼ勝つことは不可能です。

基本的にバスティオン1体で試合が崩壊することはなく、周りのサポート・ヒーローや相性の良いラインハルトなどとのシナジーがあり対処しづらくなっている場合がほとんどです。

味方と協力して周りのいずれかのヒーローを削ってから戦闘したり、フォーカスを合わせて一気にバスティオンを倒しきることが必要になります。

バスティオンのアンチピック(カウンター)

タンク

D.VA

ディフェンス・マトリックスで完全に無力化できます。ブースターで接近しバスティオンの前に立ちはだかることで退かせることもできますが、一方的に撃たれてしまうとすぐにメックが壊されてしまう点に気を付けましょう。

シグマ

正面からの攻撃を吸収し最大400の増加ヘルスにする「キネティック・グラスプ」のクールタイムが12秒で、これはバスティオンの「強襲モード」と同じ時間です。

また、岩石を投げつけてスタンさせる「アクリーション」で変形を強制的に解除できます。

どちらの手段でも単体でバスティオンを完全に封殺できるほどのアンチピックではないため、無力化したタイミングで味方のダメージヒーローに協力してもらって撃破しましょう。

アルティメットでタレット化しているバスティオンを浮かせた場合、タレット状態は解除されず継続することも覚えておいてください。(シグマは独特のヒットボックスのため非常に狙いやすいです)

ロードホッグ

当たり判定の大きいバスティオンはフックで捕まえやすく、当たり判定も大きいためショットガンがほぼ全弾ヒットします。

正面きって戦うとガトリングで蜂の巣にされてしまうためにらみ合いになると不利となってしまいます。

 

ダメージ

ジャンクラット

バスティオンの射線を切り、手の届かないところからグレネードを飛ばしましょう。

当たり判定が大きいため直撃させやすくオススメです。

リーパー

ショットガンを全弾ヒットさせやすく、変形中に裏取りが成功すると一瞬で倒すことができます。

狙われた際もレイス・フォームで距離を取って射線を切る動きができるので倒されづらいです。

バスティオンと相性の良いヒーロー

バスティオンとシナジーのあるヒーローを紹介します。

タンク

ラインハルト

変形中のバスティオンの射線が通りやすいように、バリアを展開してカバーしてあげる立ち回りが強力です。

ゲンジなどのフランカーを追い出すのは難しいため他の味方頼りになってしまう点にはご注意ください。

サポート

バティスト

アルティメット「アンプリケーション・マトリックス」で火力を増強してあげたり、当たり判定ゆえにデスしやすいバスティオンを「イモータリティ・フィールド」で守ることで正面火力を上昇させやすいです。

 

バスティオンのストーリー

出典: www.youtube.com

オムニック・クライシス終結後、放置され休眠状態にあったバスティオンは、再生された世界で目を覚ました。人類に対する敵意しか持たなかった彼に、好奇心と自然を愛する心が芽生えたのだ。バスティオンは鳥の相棒「ガニメデ」とともに、トールビョーン・リンドホルムに保護され、かつて敵対していた人類と協力するようになった。

過去の調整履歴

2024/05/01 上方修正

ヒーロー自体の上方修正ではありません。ダメージ・ロールのパッシブが強化されています。

変更点

・<ロール・パッシブ>

ダメージを与えた相手の回復阻害率が 15%→20%に増加

05/01 シーズン10ミッドパッチのより詳細な内容は下記のパッチノートをご覧ください。

2024/02/14(シーズン9開始時) 調整

変更点

・ダメージ・ロールのパッシブ

削除:キル時のリロード速度増加ボーナス

→新パッシブ:ダメージを与えると、ダメージを与えた敵の回復量が2秒間20%減少

・ステータス

HPが200→250に増加

2023/11/01(シーズン7ミッドパッチ) 下方修正

変更点

・<強襲モード>

→クールダウンが10秒→12秒に増加

→弾の拡散率が10%増加

シーズン6中(2023/09/22)に下方修正

変更点

・<モード変更>(パッシブ)

→変形時のアーマー回復効果を削除

開発者コメント(意訳)

ッシブ<アイアンクラッド>と、アーマーのダメージ軽減重なることで、変形中の自己回復で得られる効果がなり、アンブッシュ(待ち)とダイブに対する生存率が高くなりすぎていたため下方修正しました。

シーズン6中(2023/09/08)に下方修正

変更点

・<A-36タクティカル・グレネード>

→直撃ダメージが30→15に減少

・<タンク・モード>(アルティメット)

→クリティカル・ヒット(砲弾の直撃)が発生しないように変更

開発者コメント(意訳)

<A-36タクティカル・グレネード>は、投射物のサイズを先日より大きく変更したため、そこまで大きなダメージを必要としないようになりました。

<タンク・モード>への変更はアルティメット向けを意図していたバグの修正です。

これにより、バスティオンのパフォーマンスがどの程度変化するかを注視していきます。

シーズン6開始時(2023/08/11)に上方修正

変更点

・<A-36タクティカル・グレネード>

→爆発ダメージの最大減衰が70%→50%に減少

→爆発時間が0.5秒→0.35秒に短縮

→発射時の反動が調整

→グレネードのサイズが0.2→0.25に増加

→爆発ダメージが15→30に増加

・<偵察モード>(メイン武器)

→リロード時間が1.5秒→1.2秒に短縮

・<強襲モード>

→強襲モードに変形すると、アーマーのヘルスが50回復する効果が追加

・<タンク・モード>(アルティメット)

→発動中のターゲットの移動速度が秒間20m→25mに増加

開発者コメント(意訳)

大きくて動かないターゲットであるというバスティオンの弱点は、これほど強力なダメージの可能性があっても克服するのが難しいことが証明されているため、全体的な有効性を向上させることを目的として、バスティオンにいくつかの小さな調整が加えられています。

2022/12/07に上方修正

修正内容

・<タンク・モード>

→砲弾の落下までの遅延時間が1秒→0.6秒に短縮

→砲弾の爆発ダメージが300→250に減少

→自爆ダメージがなくなりました

→砲弾発射までの遅延時間が20%短縮

ランキング

  1. 最強キャラランキング(Tier表)|(2024年4月更新) Season10 ベンチャーを追加
  2. キャラ(ヒーロー)のロールと性能一覧
  3. シグマの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
  4. ラマットラのアビリティと立ち回り解説|アンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
  5. ロードホッグの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介

新着記事

新着コメント

もっと見る
ザリアの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)も紹介
4月5日 11
名無しさん 4月5日

ザリアの対策しづらさはスキルのカウンター性能とプレイヤーの理解度の低さがある 体力が50の敵がいる→バリア張られる→このまま倒しきるorエネルギー貯めたくないで分かれる→結果キルもできずエネルギーを貯めるだけになる この流れが多いように感じる 距離取ってバリア管理してザリア撃ちつつ後衛撃ってれば普通に勝てるんだけど、エリアの概念がないから高所から打つとか、仲間と離れて戦うってことを誰もやらない ザリアの強みは正面火力とカバー性能だけ 弱みである機動力の低さ(エリアの突破力)とリソースの少なさに目を向けて戦えば普通に倒せる マスター帯の話です

ゼニヤッタの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
3月8日 12
名無しさん 3月8日

ゼニヤッタ練習してるけど、マジでガンガン敵に詰めていく味方フランカー、頑張って回復付け直そうと追いかけるけど、足が遅いから回復してもらいに多少は歩み寄ってくれないと無理やろ。そういう自分勝手ニキに限って(あなたに)回復が必要だ!連呼する。めっちゃ萎える。死ぬ前にお前が来い。そんな後方にいるわけでもないのに、死ぬまで前に前進し続ける病気のくせにヒーラーのせいで死んだ!とかやめてほしい。上手い人は付けてもらいに戻って来るよ。お前が下手なんだよ!ってなる。

トップへ