【オーバーウォッチ2】シンメトラの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介【OW2】

攻略大百科編集部
9
件のコメント
URLコピー

オーバーウォッチ2に登場するヒーロー、シンメトラの解説記事です。

ステータスやアビリティの性能、立ち回りのほか、対策やアンチピック(カウンターピック)、相性の良いヒーローも紹介しています。

シンメトラの性能

シンメトラ

ヴィシュカー・コーポレーションのアーキテックであるシンメトラは、現実を作り変える力を持つ。

タレットで敵を牽制し、〈テレポーター〉で味方の移動を補助。

アルティメットは硬質光の巨大なバリアを展開し、戦いの流れさえ変えてしまう。

CV(声優)

生天目 仁美

ロール

ダメージ

ダメージを与えた敵の回復量が2秒間20%低下

難易度(★☆☆~★★★)

★★☆

ステータス

HP100

シールド150


合計250

解放条件

マッチを20回完了する。1勝すると2マッチ分としてカウント

OW1プレイヤーは初期から解放

シンメトラのアビリティ

アビリティ

性能

備考

メイン武器

フォトン・プロジェクター

メイン攻撃

可変ダメージの近距離用ビーム兵器

ダメージ:60,120,180/秒

1秒敵に照射するごとに火力が増加

シールドを撃った場合も増加

射程:12m

弾薬使用量:10/秒

弾薬:100

リロード:1.5秒

バリアを射撃すると弾が増える

サブ攻撃

サブ攻撃では、爆発するエネルギー弾を射出する

直撃ダメージ:~50(最大)

爆発ダメージ:~50(最大)

合計ダメージ:~100(最大)

弾のサイズ:~0.5m(最大)

弾薬消費量:10(最大)

アビリティ1

セントリー・タレット

小型タレットを設置する。

タレットは敵にダメージを与え、同時に移動速度を低下させる

セントリーのヘルス:30

ダメージ:25/秒

移動速度:-15%

射程:10m

設置数:3(最大)

所持タレット数:3(最大)

クールダウン:10秒/1つ

ダメージを与えている間とその1秒間、味方に敵ヒーローの位置を表示する

アビリティ2

テレポーター

一定時間、互いを瞬時に行き来可能なテレポーターを2個設置する

テレポーターのヘルス:HP50+シールド150

範囲:最大30m

詠唱時間:1秒

持続時間:10秒

クールダウン:12秒

アルティメット

フォトン・バリア

巨大なエネルギー・バリアを展開する

バリアのヘルス:4000

持続時間:12秒

効果はマップ全域に及ぶ

調整履歴

2024/02/14(シーズン9開始時) 調整

変更点

・ダメージ・ロールのパッシブ

削除:キル時のリロード速度増加ボーナス

→新パッシブ:ダメージを与えると、ダメージを与えた敵の回復量が2秒間20%減少

・ステータス

シールドが100→150に増加

・<フォトン・プロジェクター>(メイン武器)

メイン射撃のビームの幅が0.2m→0.25mに増加

2023/11/01(シーズン7ミッドパッチ) 下方修正

変更点

・ステータス(シールド)

→シールドの値が125→100に減少(合計200HP)

開発者コメント(意訳)

シンメトラは最近、長射程のサブ射撃により高いキルポテンシャルがあり 近距離戦闘にそれほど依存しなくなったので、合計ヘルス値を200に戻しました。

2023/07/11に調整

変更点

・<フォトン・プロジェクター>(メイン武器)

→サブ攻撃の最大直撃ダメージが45→50に増加

→サブ攻撃の最大爆発ダメージが45→50に増加

・<セントリー・タレット>

→秒間ダメージが40→25に減少

→タレットが、ダメージを与えている間とその1秒間、味方に敵ヒーローの位置を表示するように変更

開発者コメント

シンメトラはマップによって強さが著しく変化し、特定の状況下では圧倒的な強さを発揮する一方で、他の状況では大して有効ではないというくらいに極端な状態です。

今回の変更により、彼女の武器の有効性を高める一方で、彼女のタレットが与えるイライラを軽減します。

フォトン・プロジェクターのメイン攻撃が、特定の条件でシールドの再生レートが変わるヒーローに特化したカウンターとしてより先鋭化されます。

また、サブ攻撃の威力が増し、ほとんどのヒーローを1発少ない最大チャージ投射物の数で排除できるようになります。

シンメトラのタレットは、合計ダメージ出力と速度低下効果が相まって、単体ターゲットに複数の攻撃を集中させるときわめて強力です。

タレットの基本ダメージを減少させ、より補助的にすることで分散設置をより現実的な選択肢にします。

シーズン3開始(2023/02/08)時に調整

変更点

・<フォトン・バリア>(アルティメット)

→アルティメット・コストが10%増加

2022/12/07に調整

修正内容

<フォトン・プロジェクター>

→ビームのチャージ率/減衰率が20%上昇

→メイン射撃の弾薬消費率が7/秒 → 10/秒 に増加

→メイン射撃でバリアにダメージを与えることで弾薬を獲得(以前の仕様)

シンメトラの立ち回り

シンメトラの立ち回りや注意点について解説しています。

メイン武器は射程が短いが乱戦で強め

「フォトン・プロジェクター」のメイン攻撃は、ダメージを1.3秒与えるごとに秒間ダメージが+60されます。(60/秒から始まり、最大180/秒まで上昇)射程は短いので、味方や自身のタレットを囮にして、敵ヒーローにメイン射撃を当てていきましょう。

乱戦時には生き残りつつメイン攻撃を当て続けていれば敵ヒーローを一気に溶かすことができます。

メイン射撃が届かない距離の相手との交戦は苦手ですが、チャージして飛ばせるサブ攻撃で牽制することもできます。

バリア系アビリティに強い

バリアやシールドを攻撃している間も火力が上昇する仕様があるため、敵のバリアを積極的に撃つ立ち回りも強力です。特にウィンストンやラインハルトのバリアがある際はそれらで火力を上げ、ダメージヒーローやサポートヒーローをそのままビームで倒せるとベストです。

セントリータレットの使い方

秒間40ダメージ+スロウ効果のあるタレットを無視して戦うのは困難です。交戦が予想される位置にあらかじめ設置しておき、敵を自身や味方ヒーローとタレットで挟み撃ちする形を作るのが強力です。壊されてしまって戦闘中に再配置する際も、相手の死角に飛ばすようにしましょう。

フランカー系が多い場合は、裏取り警戒のために1つ裏に忍ばせておくとタレット起動の通知で裏取りを察知することができます。

 

タレット+テレポーターのコンボ

設置したタレットを、相手の後衛にテレポーターで飛ばし遠距離から攻撃することもできます。その際はタレット→テレポーターの順に使いましょう。

テレポーターの使い方

移動の短縮や、普段では使えないルート/普段行けない位置への移動など複数の用途があります。地点の制圧時、味方と無理やりテレポーターで地点に圧をかけるのも強力です。

最も簡単な使い方としてはリスポーン地点付近に設置し、味方ヒーローの復帰を早めることです。

連携や意思疎通が必要なので少し難しいですが、射線が通りやすい危険な地点や、戦闘が拮抗しやすい地点をテレポーターで回避する立ち回りができるとベストです。

また、味方トールビョーンのタレットや、自身のタレットなどもテレポーターで移動させることができることも覚えておきましょう。

フォトン・バリアの張り方

相手チームと味方チームを分断するように張ると、無理やり押し込まれるか下がられるかの2択になってしまいイマイチ効果を発揮できません。

集団戦を縦に2分割する形で張り、バリアの左右を反復横跳びのように往復しながら戦うのが最も強力です。

レアケースですが、相手の後方に貼り、高所や遠距離のスナイパーの射線を切る目的で使うこともできます。

シンメトラの対策

セントリー・タレットを放置せず破壊する

セントリー・タレット1つで毎秒40のダメージを食らってしまいます。

ダメージだけではなくスロー効果もあり、起動すると敵シンメトラに通知も行くため、発見次第破壊していきましょう。

破壊を繰り返すことで相手の所持している「セントリー・タレット」のスタックを減らすことができます。

また、シンメトラ本体を倒せる状況では先に倒し、タレットが供給されない状況を作ることも有効です。

ビームを強化させない

メイン武器の「フォトン・プロジェクター」は照射時間に応じて火力が上昇し、最大で秒間180ダメージにまで膨れ上がります。バリアを攻撃してもダメージは上昇していきます。

秒間180ダメージとなるとタンクですらすぐに倒れてしまうほどのダメージのため、優先してシンメトラを撃破したり、圧をかけてフリーで撃たせない状況を作ることが大切です。

シンメトラのアンチピック(カウンター)

ダメージ

アッシュキャスディソルジャー76

いずれのヒーローもメイン武器が即時着弾でタレットを即座に破壊することができ、遠距離から一方的に射撃することができます。敵にバリア系アビリティがない時など、トリー・タレットを守りづらい構成の場合オススメです。

エコーファラ

メイン武器もセントリー・タレットも射程が短く対空が苦手です。

高所に貼り付けられたセントリー・タレットやサブ射撃にだけ気を付ければ一方的に攻撃が可能です。

シンメトラトールビョーン

※一部の状況でのみアンチピックとなりうるヒーローたちです

敵のシンメトラより先に「セントリー・タレット」や「タレット設置」を発動して配置しておくことができると、敵側のシンメトラが展開するセントリー・タレットを自動で処理してくれるようになります。

打開され、リスポーン後にポジションを取り直す際には敵シンメトラの方が有利になるので気を付けましょう。

シンメトラと相性の良いヒーロー

テレポーターで普段は不可能なルート取りや、高所を押さえておく動きができるという特殊な強みがあるため、どのヒーローと合わせても連携が成立すれば非常に強力なヒーローです。

こちらでは一部、シンメトラとシナジーのあるヒーローを紹介します。

タンク

D.VA

アルティメット「自爆」で射出されるメックをテレポーターでズラすことができます。

緻密な連携が必要で失敗してしまうこともあるため、パーティを組んで声掛けをしてコンボするのが良いでしょう。

ダメージ

アッシュ

アルティメット「B.O.B」で登場する相棒のオムニックをテレポーターで動かすことができます。

ジャンクラット

アルティメット「RIPタイヤ」をテレポーターで飛ばし、想定しないルートから攻撃ができます。

シンメトラ+ジャンクラットの構成はファラやエコーに極端に弱くなる点には注意しましょう。

トールビョーン

普段トールビョーンが設置できない高台にタレットをテレポートさせることができます。

どちらのヒーローも防衛向きのため合わせてピックされることもあります。

バスティオン

普段バスティオン一人では到達できない地点にテレポーターで送り込み、「強襲モード」でいきなり攻撃を仕掛けるのが強力です。

シンメトラのストーリー

 

シンメトラは、ヴィシュカー・コーポレーションの「アーキテック」として、硬質光を意のままに操り、何もないところから建物やインフラを作り上げる。しかし彼女は、企業の命令に従い世界各地でヴィシュカーの利益のために極秘活動を続けるうちに、ある疑問を抱くようになる。自らが望み、ヴィシュカーが体現する「統制と秩序」は、人類にとって本当に望ましいものなのか、と。

ランキング

  1. 最強キャラランキング(Tier表)|02/29更新 Season9対応
  2. ヒーローの解放・アンロック条件 | 新規・復帰プレイヤー向け
  3. アンチピック(カウンター・メタキャラ)一覧
  4. マウガのアビリティと立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介
  5. キリコの性能と立ち回り解説|対策やアンチピック(カウンター)、相性のいいヒーローも紹介

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ