【ポケモンSV】「最強のメガニウム」はいつから?期間・報酬まとめ【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー

ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』では、4月5日から4月8日、4月12日から4月15日までの期間限定テラレイドイベントで、最高難易度である星7で「最強のメガニウムレイド」が登場します。

こちらの記事では、イベントの詳細についてまとめています。

イベント内容

最強レイドにメガニウムが登場

 

出典: sv-news.pokemon.co.jp

開催期間と注意事項

  • 4月5日(金)9:00 ~ 4月8日(月) 8:59
  • 4月12日(金)9:00 ~ 4月15日(月)8:59

上記の2回の期間にわたって、最強メガニウムのレイドが開催されます。

  • 1つのセーブデータにつき1体しか入手できません。
  • 一度メガニウムを入手しても、テラレイドバトル自体には何度でも挑戦できます。

出現するメガニウムについて

今回のメガニウムも以前までの最強星7レイドと同様、以下のような特徴があります。

  • テラスタイプが「エスパー」のメガニウム
  • 個体値がすべて最高
  • 「さいきょうのあかし」を所持

さいきょうのあかしがレア

メガニウムは『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』の後編DLC『藍の円盤』を進めていくことで、テラリウムドーム内のチコリータを捕獲することはできますが、「さいきょうのあかし」のついた個体は現状過去作品を含めてもこのレイド以外で入手できません登場期間中に確実に入手しておきましょう。

メガニウムの色違いを入手する方法

最強レイドでは色違いは出現しません。

孵化での厳選や、前述した テラリウムドームに出現する チコリータ の大量発生を粘り、色違いを入手しましょう。

最強レイドについて

星7のテラレイドバトルということで難易度は非常に高いものとなりますので、対策ポケモンを育成してして挑戦するのがおすすめです。

また、これまで開催された星7最強テラレイド同様、初回では確定でとくせいパッチが入手できるなど、報酬も非常に豪華になると思われるので、周回するのもおすすめです。

また、以前の『最強のピカチュウ』のテラレイドではでっかい証厳選が可能という特殊な要素があった為、今回も何かしらの厳選要素があるかもしれません。

▼最強メガニウムレイドの攻略

イベントテラレイドバトルとは

イベントテラレイドバトルとは

イベントテラレイドバトルでは、期間によって出現するポケモンが変化します。

この期間に登場するポケモンは、なかなか出会うことができないテラスタルを所持していることがあります。

事前にイベントについては告知されているので、ポケポータルをこまめにチェックするようにしましょう。

これまでの最強レイド

前回の星7イベントテラレイドバトルでは以下のポケモン達が出現していました。

▼最強のリザードンについて

▼最強のエースバーンについて

▼最強のリザードンについて

▼最強のピカチュウについて

▼最強のバクフーンについて

▼最強のダイケンキについて

▼最強のブリガロンについて

▼最強のマフォクシーについて

▼最強のゴリランダー

▼最強のミュウツーについて

▼最強のヒスイジュナイパーについて

▼最強のヒスイバクフーンについて

イベントテラレイドバトルに挑戦する際の注意事項

イベントテラレイドバトルで遊ぶには、以下の方法で最新情報を受け取ってください。

「ポケポータル」→「ふしぎなおくりもの」→「ポケポータルニュースを 受け取る」
※Nintendo Switch Online(有料)への加入は不要です。

ストーリーをクリアしておこう

出典: www.pokemon.co.jp

黒い結晶のテラレイドバトルをホストとして挑戦するには、ストーリーのエンディングを迎え、イベント『ザ・ホームウェイ』までクリアしておく必要があります。

他のトレーナーのテラレイドバトルに参加する場合は 上記の条件を達成する必要はありません。

ランキング

  1. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめと受け取り方(05/19 ドットのあいことば追加)
  2. かがやきパワー+でかでか・ちびちびのレシピと具材! | サンドイッチでの色違い厳選方法・確率解説(2024年5月更新
  3. あいことば通信交換コード(合言葉)一覧!|バージョン違いのポケモン入手・『藍の円盤』に対応
  4. 道具プリンターの乱数調整やり方|オシャボ・特性パッチ・金策方法・時間や秒数まとめ
  5. ひでん(秘伝)スパイスの効率の良い入手方法・落ちやすいレイドと使い道

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ