【SEKIRO】忍び狩り 弥山院圓真の攻略法|倒し方・攻撃パターン解説【隻狼】

最終更新日

『SEKIRO(隻狼/せきろ)』の竜泉川端平田屋敷のボス忍び狩り弥山院圓真の攻略情報まとめです。戦闘の流れ、おすすめの義手忍具・アイテム、各攻撃パターンの回避方法や反撃のタイミングについて掲載中です。

忍び狩り 弥山院圓真の攻略法

戦闘の流れ

2回忍殺をすると勝利となります。

見つかっていない時であれば背後忍殺が可能ですが、先に周りの雑魚敵を倒すのがオススメです。

忍び狩りには見つからないが雑魚敵に見つかるような場所から雑魚敵を誘導し、忍び狩りから離れて倒すと安全に1対1に持ち込めます。

忍び狩りは危険技の突き攻撃が非常に多く、見切りを習得しているだけで一気に難易度が下がるので絶対に習得しておきましょう。

体幹も高くなく、無理にこちらから攻撃せずとも見切りをしているだけでも忍殺まで持っていけます。

あると良いもの

見切り

危険技の突き技を見切る事で体幹を削れるシーンが多いので非常に重宝するスキルです。

[PR]

忍び狩り 弥山院圓真の攻撃パターン

チャンスとなる攻撃

突き攻撃

危険技です。これに見切りを合わせるだけで体幹を大きく削れます。

突進突き

遠距離からの危険技です。こちらも見切りで対応して体幹を削れますが、タイミングに注意しましょう。

下段薙ぎ払い

危険技です。こちらは見切りでは対応できませんが、ジャンプからの踏みつけで体幹を削る事が出来ます。

薙ぎ払いか突き攻撃かは槍の動きを見て判断しましょう。

忍び狩り 弥山院圓真の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら