【ポケモンSV】ドーブルの育成論・対策・相性のいいポケモン【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー

『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』のDLC第二弾「藍の円盤」で追加された対人戦で有用なポケモンの1匹「ドーブル」の育成論やおすすめのテラスタイプ、対策方法を掲載・解説しています。

ドーブルの育成論

バトンタッチ型

の画像

特性

ムラっけ ※夢特性

性格

ようき(すばやさとくこう)

おくびょう(すばやさこうげき)

努力値

H4 B252  S252

実数値

陽気:131-40-87-36-65-139

臆病:131-36-87-40-65-139

持ち物

きあいのタスキ など

テラスタイプ

ゴースト など

技構成

キノコのほうし(キノガッサなどから習得)

からをやぶる(パルシェンなどから習得)

バトンタッチ(バシャーモなどから習得)

ちいさくなる(などから習得)

↳その他の候補はいすいのじんギアチェンジみがわりなど

後述の技候補で解説

 バトンタッチ型の努力値調整

  • HP/耐久
    ↳防御に特化、HP奇数になるように4振り
  • すばやさ
    ↳上から行動したいため最速

バトンタッチ型の使用方法

キノコのほうしで相手を眠らせてからからをやぶるちいさくなるなどを積んでから、後続のアタッカーなどにバトンタッチで能力変化を引き継ぐ型となります。

相手の行動に対してもきあいのタスキがあるので一発耐えてから同じように動くことができ、ターンが経過するごとにムラっけの能力上昇も加算されていくため バトン先のポケモンで一気に相手を倒していくことができます。

ふういん+へんしん型

の画像

特性

ムラっけ ※夢特性

性格

ようき(すばやさとくこう)

おくびょう(すばやさこうげき)

努力値

H252 B4 S252

実数値

陽気:162-40-56-36-65-139

臆病:162-36-56-40-65-139

持ち物

きあいのタスキ

テラスタイプ

ゴースト など

技構成

ふういん(ハバタクカミなどから習得)

へんしん(メタモンミュウから習得)

キノコのほうし(キノガッサなどから習得)

まもる(まもるを覚えたポケモンから習得)

ふういんへんしん型の努力値調整

  • HP/耐久
    ↳HPに252振り、残りは薄い防御に
  • すばやさ
    ↳上から行動したいため最速

ふういんへんしん型の使用方法

対面のポケモンをキノコのほうしで眠らせてからふういんを使用、その後へんしんを使用するロマンコンボです。

素早さで負けていた場合も、まもるなどでターンを稼いでムラっけで素早さが上がれば上から行動することができます(※へんしん後は能力変化は引き継がれません)

ドーブルが対面のポケモンに変身した後は倒されない限りふういんの効果が持続し、相手はいずれの技も使えなくなりわるあがきを使うか 交代を強いられるようになります。

初手での対面など交代先がいる状況での実用性はほぼ皆無なこのコンボですが、ラスト1匹に対してこのコンボを成立させた場合ほぼ確実な積み盤面を作ることができます。

アタッカー型

の画像

特性

テクニシャン

性格

ようき (すばやさとくこう)

いじっぱり(こうげきとくこう)

努力値

H4 A252 S252

実数値

ようき:131-72-55-36-65-139

いじっぱり:131-79-55-36-65-127

持ち物

きあいのタスキ

おうじゃのしるし

こうかくレンズ など

テラスタイプ

ノーマル

技構成

ネズミざん(イッカネズミから習得)

はやてがえし(チャーレムなどから習得)

つけあがる(バシャーモなどから習得)

からをやぶる(アーマーガアなどから習得)

↳その他の候補 トリプルアクセル など

アタッカー型の努力値調整

  • HP/耐久
    ↳HP奇数になるように4振り
  • こうげき・すばやさ
    ↳最大限伸ばしたいので252振り

ドーブルのカスタマイズ

持ち物について

きあいのタスキ

→ 耐久が低く1発すら耐えられないことが多いため最もオススメです。

メンタルハーブ

ちょうはつアンコールに弱く、展開を潰されやすいためこれらの対策として採用することがあります。

しろいハーブ

→ドーブルの耐久が非常に心もとないため採用しづらいですが、からをやぶるバトンタッチした際、ぼうぎょ・とくぼうの低下も引きついでしまいます。

バトン先が先制技に弱くなるのでその対策として採用することになります。

こうかくレンズ

→アタッカー型でネズミざんの命中不安が気になる場合に。

おうじゃのしるし

→連続技主体のアタッカー型で採用する場合に。ネズミざんトリプルアクセルなど連続技を採用する場合に1ヒットにつき10%のひるみ効果がつきます。

テラスタルについて

基本的にテラスタルを切ることは少ないですが、飛んできやすい先制技 しんそくを透かせるゴーストタイプがオススメです。

また、アタッカー型であればネズミざんを強化できるノーマルや、他タイプ技の打点強化のためにテラスタルを切ることもあります。

技について

・バトンタッチ型で使える他の変化技

はいすいのじん

交代できなくなります(ゴーストタイプは交換可能)が、全能力が1段階上昇します。

からをやぶると比較すると攻撃性能は落ちますが、ぼうぎょ・とくぼうが低下するデメリットがない点で優れています。


タイレーツ から習得

みがわり

バトン先のポケモンにみがわりを残したい場合に。

攻撃されてHPが削れると不発になるので、キノコのほうしで上から寝かせてから使いましょう。


殆どのポケモンから習得可能

みをけずる

こうげき・とくこう・すばやさが2段階上がりますが、HPが半分削れます。

攻撃を受けやすく発動機会に恵まれないため安定しづらい技ですが、からをやぶるのぼうぎょ・とくぼう低下のデメリットが無い点で優れています。


ミガルーサ から習得

ちいさくなる

回避率を2段階上昇させる技です。

前作から ムラっけによる回避上昇が削除されたので、回避系の戦術を使いたい場合はこちらを。


フワライド などから習得

ギアチェンジ

こうげきが1段階、すばやさが2段階上昇します。

後述のちょうのまい しょうりのまいと同様、バトン先が限られるという意味で汎用性は落ちます。


ブロロローム などから習得

ちょうのまい

ぼうぎょ・とくこう・すばやさがそれぞれ1段階上昇します。


ウルガモス などから習得

しょうりのまい

こうげき・ぼうぎょ・すばやさがそれぞれ1段階上昇します。

 

ドレディア から習得

・効果が優秀な攻撃技

はたきおとす

相手のアイテムを無効にする優秀な効果があります。


トドロクツキ などから習得

つけあがる

元々の威力20に加えて、上がっている能力の数×20 威力が加算される技です。低下している能力は関係なく減算されません。

からをやぶるムラっけ発動で合計8段階上昇し、威力180にまで上昇します。


アーマーガア などから習得

しおづけ

毎ターン終了時にHPの1/8の定数ダメージを与える攻撃技です。

みずタイプ・はがねタイプに対しての定数ダメージは1/4となります。


キョジオーン から習得

ルミナコリジョン

相手のとくぼうを2段階低下させる攻撃技です。


クエスパトラ から習得

カタストロフィ

相手のHPを現在HPの半分にする技です。

いかりのまえばと同じ効果ですがこちらには無効タイプがありません。


チオンジェン など

パルデアの準伝説から習得

みずあめボム

相手をあめまみれ状態にし、3ターンの間すばやさを下げ続ける攻撃技です。


カミッチュ , カミツオロチ から習得

フェイタルクロー

50%の確率で、相手をどく・まひ・ねむりのいずれかの状態異常にする効果があります。


オオニューラ から習得

がんせきアックス

命中不安なのがネックですが、攻撃しつつステルスロックを展開できます。攻撃技なので、飛んできやすいちょうはつなどをいなせるのもメリット


バサギリ から習得

ひけん・ちえなみ

こちらもがんせきアックスと同じで命中率が少し不安なもののまきびしを展開できる攻撃技です。


ダイケンキ から習得

ほっぺすりすり

攻撃しつつ相手を確定でまひ状態にできます。


パーモット などから習得

はやてがえし

相手の先制技より上から攻撃しつつひるませる技です。

先制技以外には失敗するので読み合いが発生し少し扱いづらいのがデメリット


チャーレム などから習得

がむしゃら

相手のHPを自分のHPの数値と同じにします。


コノヨザル など、数多くのポケモンから習得可能

しんそく

優先度+2の先制技で、無効タイプはあるものの他の先制技に対しても先に動けるというメリットがあります。


カイリュー などから習得

きしかいせい

自分のHPが低ければ低いほど威力の上がる技で 最大威力は200となります。


ヘラクロス などから習得

・積み技以外の優秀な変化技

キノコのほうし

必中の催眠技と非常に優秀な変化技です。

催眠技のため 特性ふみんやるきのポケモンや ぼうじんゴーグル持ちなどには効かず、くさタイプにも無効となる点にはご注意ください。


キノガッサ などから習得

かえんのまもり

直接攻撃してきた相手をやけど状態にする技です。

この技を採用しておくことで物理アタッカーに対して動きやすくなります。


ウガツホムラ から習得

トーチカ

直接攻撃してきた相手をどく状態にする技です。


ドヒドイデ から習得

ニードルガード

直接攻撃してきた相手に最大HPの1/8のダメージを与える技です。


オーガポン などから習得

スレッドトラップ

直接攻撃してきた相手のすばやさを1段階低下させる技です。


ワナイダー から習得

どくのいと

相手をどく状態にしつつすばやさを1段階低下させる技です。


イトマル , アリアドス から習得

ねばねばネット

設置後に場に出てきたポケモンのすばやさを1段階低下させます。

ふゆうひこうタイプには無効


ハハコモリ などから習得

みかづきのまい

いやしのねがい

自身はひんし状態になりますが、次に場に出たポケモンのHPが減っていた場合に全回復させることができます。

クレセリアの専用技であるみかづきのまいの場合はPPも全回復させることができます。


ハピナス などや、

クレセリア から習得

ドーブルと相性のいいポケモン

能力変化+バトンタッチを受けて、抜きエースとなれる強力な攻撃性能を持ったポケモンと組ませるのが良いです。

少し種族値が低めのポケモンでもバトンを受けることでエースとして動いていくことができます。

ドーブルと似た役割のポケモン

ポケモン

の画像

バシャーモ

バトンタッチ型(ASベースなど)

ドーブルと異なりアタッカーでもありながらバトンタッチで裏のポケモンにかそくを引き継ぐことができます。

の画像

クエスパトラ

瞑想バトン型(HSベース) など

専用技ルミナコリジョンで対面性能に優れている特殊アタッカーで、めいそうバトンタッチを裏に引き継ぐことができます。

の画像

フワライド

かるわざバトン型(BSベースなど)

ゴリランダーなどと組ませて フィールド下で使用できるシード系アイテムを使用し、かるわざを発動させてちいさくなるを裏のポケモンにバトンタッチで引き継ぐバトン要員です。

ドーブルの対策

ドーブルの対策方法

ドーブルの主要な型でも解説した通り、キノコのほうしからをやぶるなどの変化技に頼ることが殆どです。キノコのほうしを無効にできるくさタイプのポケモンや、 おうごんのからだで自身にかかる変化技を無効にするサーフゴーがいれば良いでしょう。

アタッカーとしての運用も能力変化さえなければ非常に貧弱なため、ちょうはつアンコールなどを上から使えるポケモンがドーブルに対する普遍的な対策と言えます。バトンタッチ戦術への対策としては 能力変化を打ち消すくろいきり、強制交換効果のほえるふきとばしドラゴンテールを習得したポケモンが挙げられます。バトンタッチが成功した場合も能力変化を無視できるてんねんポケモンがいれば殴り合いができます。

また、ターン終了時に能力変化が起こるムラっけによってなすすべなく負けてしまうこともありえますので、なるべく行動させないことが大切です。きあいのタスキを貫通して倒せるウーラオス-れんげきのかたウガツホムラなどの連続技持ちのアタッカーで上から攻撃したり、攻撃技+しんそくなどの先制技で処理するのがベストです。

ドーブル対策におすすめのポケモン

ポケモン

の画像

ウーラオス

など

連続技を使うポケモン

すいりゅうれんだスケイルショットロックブラストなどの連続技があればきあいのタスキを無視して倒すことができる

他にはカイリューセグレイブウガツホムラなどがオススメ

の画像

パオジアン

など

ちょうはつを使えるポケモン

ちょうはつで変化技を止めることができる。

特にパオジアンは先制技もあるため処理しやすい

の画像

カイリュー

など

アンコールを使えるポケモン

アンコールで変化技を止めることができるがキノコのほうしには注意が必要。しんそくがあれば対面での処理も安定する

の画像

ゴリランダー

など

くさタイプのポケモンや

くさテラスタルのポケモン

くさタイプやくさテラスタルでキノコのほうしを無効にできる

の画像

サーフゴー

おうごんのからだで変化技が効かない

の画像

ラウドボーン

など

てんねんのポケモン

バトンタッチが成功した場合もてんねんにより能力上昇の影響を無視して戦うことができる

の画像

ドヒドイデ

など

くろいきりを覚えたポケモン

くろいきりで能力変化を打ち消すことができる

の画像

スイクン

など

ほえるふきとばし ドラゴンテールなどの強制交代技を覚えたポケモン

積みの段階でも妨害でき、バトンタッチ先の攻撃に耐えることができれば強制交換で能力変化を消すことができる

ドーブルの基本情報

の画像

タイプ
ノーマル
特性

マイペース

「こんらん」にならない。

テクニシャン

威力が60以下の技の威力が1.5倍になる。威力の変動する技や、技の影響で威力が変動している場合も効果がある。

ムラっけ 夢特性

ターン終了時に「のうりょく」のどれかが2段階上がり、どれかが1段階下がる。

夢特性の入手方法

 ドーブルの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

55

(592位)

20

(824位)

35

(774位)

20

(821位)

45

(683位)

75

(357位)

250

(792位)

 ドーブルのタイプ相性

4倍なし
2倍かくとう
0.5倍なし
0.25倍なし
無効ゴースト

 ドーブルの解説

ドーブルは第2世代で登場したノーマル単のポケモンです。

特性はいかくやこんらん無効のマイペース、アタッカー運用の際に低火力の技の威力が伸びるテクニシャンに加えて バトン型などで役立つムラっけを持っています。

合計種族値は250と非常に低く、攻撃面はどちらも20と壊滅的ですがスケッチにより ゲーム内に存在するほぼ全ての技を扱うことができる唯一のポケモンなので型読みは不可能になっています。

捕獲・厳選用ドーブルの育て方

ドーブルは捕獲や個体厳選にも有用なポケモンです。詳細は下記の記事をご覧ください。

使用できない技について

前述のスケッチにより今作で使えるほぼ全ての技を習得できますが、下記の技は例外となっています。

また、今作に登場しない技(ギルガルドキングシールドなど)はそもそも習得できません。

ランキング

  1. かがやきパワー+でかでか・ちびちびのレシピと具材! | サンドイッチでの厳選方法や色違いの確率
  2. あいことば通信交換コード(合言葉)一覧!|バージョン違いのポケモン入手・『藍の円盤』に対応
  3. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめと受け取り方(04/05 テツノカイナ追加)
  4. 道具プリンターの乱数調整について|オシャボや特性パッチなどを確定で入手する方法・時間や秒数まとめ
  5. ひでん(秘伝)スパイスの効率の良い入手方法・落ちやすいレイドと使い道

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ