【桃鉄スイッチ】大久保利通の出現条件とイベント内容・効果的な使い方【桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!〜 2020】

最終更新日

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』の歴史ヒーロー「大久保利通(おおくぼとしみち)」について、出現条件などの基本情報から効果的な使い方までをご紹介します。

大久保利通(おおくぼとしみち)


薩摩藩出身で西郷隆盛らとともに倒幕に大きな役割を果たす。廃藩置県など明治政府の重要政策の実現に取り組んだ。

基本情報

出現条件

鹿児島にある物件をすべて独占する

独占駅

鹿児島/鹿児島県・九州

(18.7億円で独占可)

効果

・目的地のある地方にいるプレイヤーを、隣の地方に飛ばす。

・すべてのプレイヤーのカードを捨てる。

おすすめ度

★★☆☆

※評価は★1~★4の4段階評価です

メリット

他のプレイヤーの目的地到着を妨害できる。厄介なカードを捨てることができる。

デメリット

自分のカードも捨てられる。

物件名

価格

(総額18.7億円)

収益率

さつまあげ屋(食品)

さつまあげ屋(食品)

かるかん饅頭屋(食品)

鹿児島ラーメン屋(食品)

氷しろくま屋(食品)

六白キャベツ丼屋(食品)

黒豚しゃぶしゃぶ屋(食品)

明治維新記念館(観光)

1,000万円

1,000万円

1,000万円

1,000万円

3,000万円

1億円

2億円

15億円

50 %

50 %

80 %

100 %

100 %

10 %

7 %

1 %

加勢時のイベント

鹿児島駅の物件を独占した翌月に現れます。加勢してもらうと、目的地のある地方にいる他のプレイヤー1人を、隣の地方に飛ばします。

味方の時のイベント

加勢時と同じく、目的地のある地方にいる他のプレイヤー1人を、隣の地方に飛ばします。

自分のカードの枚数が少ないとき、すべてのプレイヤーのカードを捨てます。

効果的な使い方

他プレイヤーのゴールを妨害

他のプレイヤーが目的地に近づいているとき、それを遠ざけることができます。場所によってはかなり遠くまで飛ばすこともありますので、自分がゴールを目指す上で大きな役割を果たしてくれることでしょう。

カード捨てがメリットにもデメリットにもなる

自分のカードが少ないとき、すべてのプレイヤーのカードを捨てることがあります。他のプレイヤーの厄介なカードをまとめて捨てられるのはうれしい効果と言えるでしょう。

ただ問題なのは、自分のカードも捨てられてしまうことです。カードはたくさん持っておく、大事なカードはカードバンクに片付けておくなどの対策もありますが、常にそのような状況をつくれるとは限りません。

うまく利用できないようであれば、「お役ごめんカード」で解任してしまうのもありでしょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ