【桃鉄スイッチ】ダビングカードの効果的な使い方!どのカードに使うべき?【桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!〜 2020】

最終更新日
1
件のコメント
攻略大百科編集部

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』の「ダビングカード」の効果的な使い方などをご紹介します。

ダビングカード

基本情報

ラッキー系

効果

自分の手持ちカードを1枚選び、そのカードを増やす。使った後すぐに行動できる。

入手方法

いつもの

カード売り場(49年目まで):佐多(九州)

 

カード駅・ナイスカード駅

3年決戦

10年トライ

買値

4千万円

売値

1千万円

[PR]

カードの効果的な使い方

好きなカードを増やせる

「ダビングカード」は、自分の手持ちから好きなカードを選んで増やすことができます。「ダビングカード」をダビングすることもできますが、1枚消費して1枚ダビングするだけですので枚数は変わりません。

使用おすすめカード

「ダビングカード」は、入手が難しく効果が高いカードに使うのがおすすめです。

プラス効果であれば、物件が1割の価格で買える「ゴールドカード」、1位の人の持ち金プラスαがもらえる「一頭地を抜くカード」などが考えられます。周遊系のカードや「6大都市カード」も高い効果を発揮します。

攻撃系であれば、他プレイヤーのカードを奪う「刀狩りカード」、他プレイヤーのカードを破壊する「豪速球カード」もよいでしょう。

序盤は錬金術も有効

持ち金が少ない時期であれば、「ダビングカード」を使った錬金術も考えられます。

高額カードを入手した段階で「佐多」(九州)に移動。ダビングカードを手持ちいっぱいに購入し、高額カードをダビングして売ります。使うだけでお金がもらえる「10億円カード」ならさらに効果的です。

ただし、佐多に「ダビングカード」が売られているのは49年目まで。それ以降はこの技を使うことができなくなりますが、そこまでプレイしていれば「ゴールドカード」や「一頭地を抜くカード」などのほうがより高い効果を発揮します。

奪われたり破壊されたりするリスクは高め

「ダビングカード」は非常に効果の高いカードです。使うカードを厳選しすぎると、奪われたり破壊されたりするリスクがあります。

ほどよいタイミングで使うか、カードバンク駅が開設されていれば(16年目以降)預けておきましょう。

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

ロイヤルEXカード、リニア周遊カードの進行系カードを1枚ゲットした段階で佐多に行き、他のカードを全て売却し、ダビングカードを手持ちいっぱい購入。その後、指宿に行き、刀狩りカードを購入。上記進行系カード6枚、刀狩りカード2枚にダビングするのが私の必勝パターンです。



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ