【ポケモンSV】イダイナキバの育成論・努力値振り|広範囲且つ物理アタッカーに強い物理アタッカー【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー
シングルバトル育成論+対策メニュー
育成論一覧 コノヨザル
セグレイブ カイリュー

『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』の対人戦で有用なポケモンの1匹「イダイナキバ」の育成論やおすすめのテラスタイプ、対策方法を掲載・解説しています。

イダイナキバの基本情報

タイプ
かくとう じめん
特性

こだいかっせい

ブーストエナジーを持たせるか 天気が晴れのとき いちばん高い能力が上がる。

 イダイナキバの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

115

(46位)

131

(23位)

131

(14位)

53

(418位)

53

(431位)

87

(191位)

570

(85位)

 イダイナキバのタイプ相性

4倍なし
2倍みず くさ こおり ひこう エスパー フェアリー
0.5倍どく むし あく
0.25倍いわ
無効でんき

 イダイナキバの解説

2世代で登場したドンファンの古代の姿とされているパラドックスポケモンで、スカーレットでのみストーリー中に土震のヌシとして登場します。

イダイナキバはバイオレットでのみエリアゼロで入手できます(バイオレットバージョンでのみ登場するテツノワダチと対になっています)

通常のドンファンと比較すると耐久面はHP/ぼうぎょともに高くなっていて(HP115/ぼうぎょ131)、特殊耐久が少し低くなっています(とくぼう53)。

攻撃種族値は131と高くなっていて、素早さ種族値は87(セグレイブと同速)とキラフロル、フォルムチェンジロトム(86)、サーフゴー(84)などのポケモンより素早いです。

テツノワダチと同様、原種ドンファンが覚える先制技「こおりのつぶて」を没収されているものの、フェアリー/こおり/いわなどサブウェポンの種類にも恵まれており抜群を突ける範囲が非常に広いケモンです。

タイプは初登場のじめん/かくとう複合で、弱点が6つあるものの物理耐久方面の種族値は優秀、耐久無振りでも意地っ張りパオジアンのつららおとしをほとんどの確率で耐えることができるほどです。

また、でんきの一貫をカットできボルトチェンジでの対面操作を読んで受け出しすることもできます。

イダイナキバの育成論

スカーフイダイナキバ

特性

こだいかっせい

性格

ようき(すばやさとくこう

努力値

H(HP)4 A(こうげき)252 S(すばやさ)252 など

実数値

191-183-151-x-73-152

持ち物

こだわりスカーフ

テラスタイプ

くさ

など

(テラスタイプの考察は下記で)

技構成

ぶちかまし(Lv91) / じしん(わざマシン149 じしん)

インファイト(Lv63)

アイススピナー(わざマシン124 アイススピナー)

テラバースト(くさ)(わざマシン171 テラバースト)

↳その他の候補 かわらわりもろはのずつきストーンエッジいわなだれがんせきふうじアイアンヘッドじゃれつくはたきおとすメガホーンしねんのずつきテラバースト

スカーフイダイナキバの努力値調整

  • HP/耐久
    ↳HP4振りで191と奇数になります。
  • こうげき
    ↳倒せる範囲を広げるために252振っています。
  • すばやさ
    ↳こちらも上を取れる範囲を広げるために252振っています。

イダイナキバの解説

その他の育成方法や技の選択肢を紹介しています。

性格を考察

ようきにすると素早さ実数値152です。スカーフ込みで228となりS+1最速セグレイブS+1準速100族(ちょうまい後ひかえめウルガモス/りゅうまい後準速ボーマンダ)などと同速で、最速スカーフサーフゴー(223),最速スカーフロトム(226)などを抜けています。

ようき個体の火力面は下記の通りです。

  • じしんでH156振り以下のサーフゴーを確定1発、H252振りは60%程度で確定1発
  • ぶちかましでH252/B100のサーフゴーまで確定1発、H252/B252振りには16%程の低乱数1発
  • テラバースト(くさ)でH52振りまでのロトムを確定1発、H252振りは確定2発(84~99%のダメージ)
  • インファイト、ぶちかましでHB特化キョジオーンを確定2発(60~72%のダメージ)、かくとう/じめんテラスタル込みでも確定2発(81~96%)

いじっぱりにすると素早さ実数値139で、スカーフ込みで208となります。

こちらで育成する場合、上記のポケモンたちには抜かれてしまうものの、準速スカーフサーフゴー(204)、ウォッシュロトム(207)のほか、最速テツノツツミ(206)、最速パオジアン/ハバタクカミ(205)を抜くことができます。

いじっぱり個体の火力面は下記の通りです。

  • じしんでH252サーフゴーを確定1発
  • ぶちかましでH252/B204のサーフゴーまで確定1発、HB振りは乱数1発(86%~103%,8割で確定1発)、HB特化個体は乱数2発(86.5~103%,2割弱で一発)
  • テラバースト(くさ)でH148振りまでのロトムを確定1発、H252振りは乱数1発(92%~108%,5割で確定1発)
  • インファイト,ぶちかましでHB特化キョジオーンを確定2発(66%~79%のダメージ)、かくとう/じめんテラスタル込みで乱数1発(88~105%,3割強で一発)

環境にすばやさに補正がかかったサーフゴー/ロトムが多い場合ようきでの育成をオススメします。とくこうに補正がかかっている個体が多い場合は火力が伸び、特化個体も確定1発で倒せる可能性が上がるいじっぱりで育成してください。

※H4 A252 S252を前提とした解説です

努力値振りを考察

ようき個体の場合、すばやさ実数値を150(S236振り)でもスカーフ込みで225となり、全てのサーフゴーの上を取れます。

※素早さを1でも落とすと最速スカーフロトムに抜かれるため、サーフゴー対策として活用してください

いじっぱり個体の場合、すばやさ実数値を138(S248振り)でスカーフ込みで208となり最速スカーフロトム/最速サーフゴー以外の仮想敵を全て抜かせます。

いずれの場合も残りは耐久へ。

テラスタイプを考察

くさ

→テラバースト(くさ)でウォッシュロトムやマリルリに打点を持ちつつ、みず技を半減できます。

じめん

→フェアリー、ひこう、エスパー弱点を消しつつ、じしんやぶちかましの火力を上げることができます。

ボルトチェンジをカットできる利点がありサイクル戦適性を残し、でんじはに対する耐性もあります。

かくとう

→みず/くさ/こおり弱点を消しつつ、インファイトの火力を上げることができます。

ほのお

→くさ/こおり/フェアリー弱点を消しつつ、やけどで止まらなくなります。

技構成の考察

・オススメ/確定枠

じしん

ぶちかまし

タイプ一致のじめん技です。

上記の”性格を考察”の欄でのダメージ計算を見てどちらかを採用してください。

基本的には撃ち逃げを想定しているため最大打点を見込めるぶちかましをオススメします。

インファイト

タイプ一致かくとう技の最大打点です。

かわらわりと威力に大きく差があるため、こちらも撃ち逃げを想定しています。

アイススピナー

ドラゴン/ひこう/くさタイプへの打点として。

テラバースト

(くさ)

みずタイプへの打点として。

仮想敵としてウォッシュロトムを想定していますが、マリルリなどとの撃ち合いにも。

・その他の技

その他の技の選択肢を紹介します。

かわらわり

威力は低いですがデメリットのない格闘技です。

壁展開対策にもなります。

もろはのずつき

ひこうへの最大打点ですが反動で与えたダメージの1/2受けてしまいます。

ストーンエッジ

命中不安ですがひこうへの最大打点です。

いわなだれ

20%でひるみ効果があり、スカーフと相まって本来倒せない相手を倒せる場合があります。

がんせきふうじ

威力は低いですが後続へのサポートとなります。

アイアンヘッド

フェアリーへの打点として。

いわなだれと同様上からのひるみもあります。

じゃれつく

かくとうへの打点として。

はたきおとす

あく技です。

相手が道具を持っているとダメージが1.5倍になり、道具を持っていない状態にできます。

メガホーン

命中率80%のむし技です。

くさ/エスパーへの最大打点となります。

しねんのずつき

エスパー技です。

かくとう/どく複合のドクロッグピンポイントとなります。

スカーフイダイナキバの運用方法

イダイナキバは高耐久高火力の中速物理アタッカーです。

物理方面の耐久は非常に優秀で、一致技で弱点を突かれても耐えられるほどの高い耐久力があります。反面特殊耐久は低く、特殊アタッカーに弱点を突かれると落ちてしまうため物理アタッカーとの撃ち合いに長けたポケモンです。

こちらの型ではスカーフを持たせて奇襲性能を高め、上から倒せる相手を増やしています。

タイプは弱点が多いもののでんきを無効にでき、スカーフを持たせて上から殴れる範囲を広げているためサイクル戦にも適性があり、パーティ構築や選出の段階でイダイナキバをサポートできるコータスなどのポケモンたちと合わせることもオススメです。

基本的にはじめん技/かくとう技の通りが良いパーティに選出し、先発で投げたり物理アタッカーに後出ししたりができます。

仮想敵としているサーフゴーの上から倒せるように調整しているので、ひこうテラスタル以外の個体は上から一撃で倒すことができます。

同様にロトムもくさテラスタルを切ってテラバーストを撃つことで倒すことができます(相手もテラスタルでタイプが変わった場合を除く)。

スカーフイダイナキバと相性のいいポケモン

ポケモン

ロトム

アタッカー型(CS振り,HCS調整)など

くさ技は一貫してしまいますが、サイクル戦に向いたポケモンのためイダイナキバが苦手なヘイラッシャアーマーガアの対策ができます。

一貫を切るためにどちらかをくさテラスタル個体にしておくことをオススメします。

コータス

起点作り型(HBD調整)など

こだいかっせいを発動させる要員として。

ステルスロックで後続を削ったり、あくびで対面操作して荒らすことができます。

ハバタクカミ

アタッカー型(CS振り)など

タイプの補完もできており、特殊耐久が高いため特殊受けをしつつ特殊アタッカーとして動かすことができます。

イダイナキバの対策

 イダイナキバの対策方法

広い技範囲を持ち、安定して受けるのは難しいポケモンです。メインウェポンで弱点を突かれない物理アタッカーで撃ち合ったり、物理受けポケモンで受けつつ倒しましょう。

物理耐久は優秀ですが、特殊耐久は貧弱なため、イダイナキバより早いテツノツツミなどの特殊アタッカーで上から倒すのが最も確実と言えます。

とつげきチョッキを持って特殊耐久を高めた型や、ビルドアップこうそくスピンで全抜きを狙ってくる型もあるため1匹で見るのではなく2匹で確実に倒したり、きあいのタスキを持ったポケモンで確実に1:1交換を狙うなどで対処しましょう。

 イダイナキバ対策におすすめのポケモン

ポケモン

ヘイラッシャ

物理受け型(HB振り)など

弱点を突かれず高耐久のため余裕を持って受けることができます。

イーユイ

スカーフ型(CS振り)など

スカーフを持たせていると確実にイダイナキバより素早いため、上から倒すことができます。

テツノツツミ

クォークチャージ型(CS振り)など

イーユイと同様、上から倒すことができます

シングルバトル育成論+対策メニュー
育成論一覧 コノヨザル
セグレイブ カイリュー
サーフゴー ラウドボーン
ヘイラッシャ キョジオーン

ランキング

  1. 2月1日にポケモンホームのアップデート!更新内容を予想!
  2. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめ(1/19とくせいカプセル追加)
  3. かがやきパワーのレシピと効果 | 色違いの確率や厳選方法について
  4. 図鑑埋め用 | 全ポケモンの出現場所・入手方法まとめ
  5. 杭の場所・祠マップと準伝説の入手厳選方法

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ