【ポケモンSV】ムゲンダイナの育成論・対策・相性のいいポケモン【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー

『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』の対人戦で有用なポケモンの1匹「ムゲンダイナ」の育成論やおすすめのテラスタイプ、対策方法を掲載・解説しています。

ムゲンダイナの育成論

耐久型

の画像

技名後の括弧内は習得方法です。青文字のものは入手方法にジャンプ可能です。

特性

プレッシャー

性格

ずぶとい(ぼうぎょこうげき

努力値

H204 B252 S52

実数値

241-x161-165-115-157

持ち物

くろいヘドロ

テラスタイプ

フェアリー

技構成

じこさいせい(Lv72)

コスモパワー(Lv64)

ほのおのうず(わざマシン024 ほのおのうず)

どくどく(Lv.8) / (わざマシン175 どくどく)

↳その他の候補 ヘドロばくだんかえんほうしゃダイマックスほうどくびしまもるなど

マジカルフレイムは習得不可に。

耐久型の努力値調整

 ムゲンダイナの解説

その他の育成方法や技の選択肢を紹介しています。

性格・努力値振りを考察

性格

おくびょう(すばやさこうげき)

努力値

H252 B148 D4 S104

実数値

247-x-134-165-116-179

素早さをより高めたこちらの調整もオススメです。

努力値の調整意図としては最速オーガポン抜きになっています。HPを最大限まで伸ばし、残りを防御に振っています。

こちらの調整案ではHP実数値が16n+1になっていないので、持ちものはオボンのみがオススメです。

持ち物を考察

くろいヘドロ

→ 毎ターン最大HPの1/16を回復するアイテムです。

どくタイプ以外が持つと、毎ターン最大HPの1/8を失ってしまうためテラスタルとは相性が悪めなのが懸念点となります。

そのため、同じ効果を持つたべのこしが競合しないのであれば、そちらを持たせましょう。

オボンのみ

→HPが1/2を下回ったとき、最大HPの1/4を回復する使い切りのアイテムです。

じこさいせいのPP減少など、継続回復力の面で見ると目劣りしますがコスモパワーで無理やり受けていく立ち回りができるためこちらも強力な選択肢となります。

テラスタイプを考察

自身の弱点を補うタイプや、受けとして優秀なタイプの採用をオススメします。くろいヘドロを持たせるのであれば、他のタイプに変わることはデメリットになりうるので注意が必要です。

どく

→タイプとしての耐性自体は優秀で、フェアリーを半減できるようになります。

デメリットとしては、多めの耐性を失い テラスタル前とじめんが一貫する点が挙げられます。

フェアリー

→耐性が優秀で、弱点であるドラゴンを無効にできます。

みず

→耐性が優秀ですが、オーガポンなどに弱くなるという点がデメリットです。

ほのお

→最低限の耐性を維持しつつかえんほうしゃほのおのうずなどの火力を高めることができます。

ひこう

→弱点であるじめん技を無効にできますがこおりが一貫するというデメリットがあります。

みず

→耐性が優秀ですがオーガポンが重くなってしまいます。

技構成の考察

じこさいせい

自身の最大HPの1/2を回復する技です。

今作から最大PPが8に減少しています。

コスモパワー

自身のぼうぎょ・とくぼうを1段階上げる技です。

ほのおのうずで相手をキャッチして積んでいきましょう。

ほのおのうず

相手をバインド状態(交換不可)にするほのお技です。

ゴーストタイプはバインドできませんのでご注意ください。

どくどく

相手をもうどく状態にする技で、耐久型と相性が良いです。

どくタイプを持つため必中であるというのもポイント

・その他の技

上記の技だけでは相手を削り切るまでに時間がかかってしまう為、どくどくを下記の攻撃技と入れ替えるのも良いです。

ヘドロばくだん

タイプ一致のどく技です。

30%で相手をどくにする追加効果もあり、耐久型とのシナジーもあります。

かえんほうしゃ

ほのおのうずより高いダメージが見込めますが、ほのお打点に偏ってしまうのが懸念点になります。

ダイマックスほう

コライドン ミライドンなどへの打点になります。

どくびし

展開要員として動かし、そこからサイクルを重めに見るのであれば強力な選択肢です。

まもる

1ターン相手の攻撃を受けなくなります。

どくどくの定数ダメージやくろいヘドロを持つ耐久型と相性が良いですが、ふかしのこぶしを持つウーラオスなどに貫通される可能性があります。

ムゲンダイナの運用方法

耐久型のムゲンダイナは、自分より遅い相手や火力が低めの相手に対して上からコスモパワーを積んでいき、相手をどくどくで削り切るという立ち回りが基本です。

特性がプレッシャーなため、ムゲンダイナに対しての有効打となる技のPPが少ない相手であればじこさいせいで粘ることでPP切れを狙うこともできます。

テラスタルも活用することで、本来起点にできない相手の前でもコスモパワーを積んでいき無理やり起点にすることができるので、相手のパーティを見て柔軟な立ち回りを選択してください。

ムゲンダイナと相性のいいポケモン

ポケモン

の画像

アーマーガア

特殊受け型(HD振り)など

タイプの補完が優れていて受けサイクルとして動かすことができる

の画像

ランドロス

オボン型(HSベース)など

こおり技が一貫するがサイクル性能が高く、ステルスロックによる削り性能もある。

ムゲンダイナが弱点を突きづらいどくタイプのポケモンや、はがねタイプのポケモンに対しても打点がある

の画像

ガチグマ

めいそう型(HS調整)など

ムゲンダイナが苦手なはがねタイプに対して圧力をかけていくことができる特殊アタッカー

無効タイプが多い上にブラッドムーンで広い範囲に等倍以上で攻撃も可能なため汎用性が高い

 ムゲンダイナと似た役割のポケモン

ポケモン

の画像

ドヒドイデ

特殊受け型(HD振り)など

コスモパワーのような便利な積み技はありませんが、どくどくじこさいせいで粘りつつ相手を定数ダメージで倒すことに長けたポケモンです。

こちらはくろいきりで積み技に対して耐性があります。

の画像

ルナアーラ

両受け型(HBベース)など

習得者が少なくなったコスモパワーによる要塞化を狙えるポケモンで、めいそうで特殊アタッカーを積ませる性能もあります。

弱点タイプは多いですがテラスタルで補うことができ、特性がマルチスケイルと同じ効果を持つファントムガードなため非常に硬いポケモンと言えます。

ムゲンダイナの対策

ムゲンダイナの対策方法

最も普遍的な対策としては、素早いポケモンで上から弱点を突くことです。ムゲンダイナの素早さ種族値は130のため、どの型のムゲンダイナに対しても これより高い素早さ種族値を持つポケモンであれば上から弱点を突いて攻撃していくことができます。

耐久型のムゲンダイナであればどくどくかえんほうしゃが主なダメージソースとなっています。どくどくを受けないどくタイプのポケモンや、ほのお技を半減以下で受けていけるポケモンであれば比較的楽に撃ち合うことができます。中でも、もらいびを持ちどちらも無効化できるヒードランであれば非常に安全に受けていき、マグマストームで捕まえたりとサイクルの有利を作ることができます。

また、耐久型の宿命としてちょうはつアンコールみがわりなどの変化技が苦手なため、これらの技を採用しておくのも手です。

ムゲンダイナ対策におすすめのポケモン

ポケモン

の画像

パオジアン

アタッカー型(AS振り)など

つららおとしで上から弱点を突いて大ダメージを狙える

ムゲンダイナのテラスタイプによっては、せいなるつるぎコスモパワーの積みを無効化して攻撃していくこともできる

の画像

テツノツツミ

ブーストエナジー型(CS振り)

上かられいとうビームフリーズドライで弱点を突ける

の画像

コライドン

アタッカー型(AS振りなど)

素早さ種族値が高く、タイプ一致ドラゴン技で弱点を突くことができる。

コスモパワーに対してもつるぎのまいで積み合えば上回れる

素早さに振っていない型であってもニトロチャージで素早さを上げて攻撃していくこともできる

の画像

ディンルー

起点作り型(HBベース)など

じしんで弱点を突くことができ、変化技に対してもちょうはつふきとばしがあり展開を阻止できる

の画像

ヒードラン

突撃チョッキ型(HCベース)など

もらいびとはがねタイプにより、主要な技を全て無効化することができる

ムゲンダイナの基本情報

の画像

タイプ
どく ドラゴン
特性

プレッシャー

技を受けると相手の技のPPを1多く減らす。

レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。

ムゲンダイナの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

140

(16位)

85

(320位)

95

(160位)

145

(16位)

95

(154位)

130

(18位)

690

(7位)

ムゲンダイナのタイプ相性

4倍なし
2倍こおり じめん エスパー ドラゴン
0.5倍ほのお みず でんき かくとう どく むし
0.25倍くさ
無効なし

ムゲンダイナの解説

ムゲンダイナは前作ソード・シールドで登場した禁止伝説級のポケモンです。690と非常に高い合計種族値を持ち、素早さ種族値も130と高めで耐久力の優れた特殊アタッカーのような種族値をしています。

メジャーな型はとくこうや素早さに振った特殊アタッカー型と、すばやさに最低限振り耐久を伸ばした耐久型の2つが挙げられます。

今作では新たにほのおのうずを習得し耐久型の詰ませ性能がさらに強化されていますが、マジカルフレイムの技マシンがなくなっているなど若干の弱体化もされています。

ムゲンダイナの入手方法

現在のスカーレット・バイオレット内で入手することはできません。

Pokemon HOMEを経由し、ソード・シールドで捕まえた個体を輸送することでのみ入手が可能です。

8世代(剣盾)からの変更点

弱体化(ナーフ)

  • マジカルフレイムの技マシンが消えたため、習得不可に
  • 専用技ムゲンダイビームが削除

強化(アッパー)

ムゲンダイナがポケモンSVで習得した技

『藍の円盤』でスカーレット・バイオレットに登場し、ムゲンダイナは下記の技を新たに習得しました。

げきりん

とっしん

ほのおのうず

にほんばれ

あまごい

のしかかり

ダストシュート

だいもんじ

じゅうりょく

ムゲンダイナがポケモンSVで没収された技

ムゲンダイナは、スカーレット・バイオレットで下記の技が没収されました。

ムゲンダイビーム

マジカルフレイム

ランキング

  1. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめと受け取り方(05/12 ギャラドスのあいことば追加)
  2. かがやきパワー+でかでか・ちびちびのレシピと具材! | サンドイッチでの色違い厳選方法・確率解説(2024年5月更新
  3. ポケどこ連動!ドットのクワッスが5/19から配信決定!
  4. テラレイドバトルでの色違いポケモンの出現について
  5. 最強アシレーヌのレイド|ソロで攻略した対策・おすすめポケモンを紹介

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ