【モンハンライズ】太刀の操作方法と立ち回り| 翔蟲(かけりむし)の活用法や新モーションなど【MH-RISE】

最終更新日

体験版配信開始!最新情報を語り合おう

2021年3月26日(金)発売予定の『モンスターハンターライズ』における「太刀」の操作方法と立ち回りを紹介しています。

※体験版での情報です。製品版とは異なっている場合があります。

出典: www.youtube.com

太刀の操作方法

基本アクション

ボタン

アクション

X

縦振り

A

突き

Lスティック+X+A

移動攻撃

ZR

気刃斬り

攻撃後ZR+B

特殊納刀

練気ゲージ

太刀は、モンスターに攻撃を上げることで練気ゲージが上がっていき、攻撃力が上がっていく…という性能の武器です。練気ゲージは、色段階が設定されています。無色から練気ゲージの色段階が上がるごとに武器の色も変わり、攻撃力もアップしていきます。見切り斬りや気刃兜割といった練気ゲージがある状態や色段階を消費することで使える技もあります。

鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)

ボタン

アクション

ZL+A

鉄蟲糸技「水月の構え」

(翔蟲ゲージ2消費)

ZL+X

鉄蟲糸技「飛翔蹴り」

太刀の派生

見切り斬りの派生

ボタン

(コンボ中)ZR+A

派生アクション

ZR→気刃大回転斬り

特殊納刀の派生

ボタン

(攻撃後)ZR+B

  派生アクション

X→居合抜刀斬り

ZR→居合抜刀気刃斬り

飛翔斬りの派生

ボタン

ZL+X

 派生アクション

ヒット時ZR→気刃兜割

練気ゲージの色段階が上がっている時

気刃兜割

気刃兜割は、太刀の技の中でも特に強力な技です。しかし、技を発動する際に練気ゲージを1段階分消費するので、練気ゲージの色段階をより高い状態にしておくことが大切です。

水月の構えの派生

ボタン

構え中に攻撃を受ける

    派生アクション

カウンター攻撃(翔蟲ゲージ2消費)

[PR]

「ライズ」からの新アクション・モーション

水月の構え

出典: www.capcom.co.jp

張り巡らされた糸のような演出が印象的な技です。構えている間に蜘蛛の巣のような青い光の部分に敵が来て攻撃を受けると、カウンターを行います。

飛翔蹴り

出典: www.capcom.co.jp

翔蟲で高くジャンプし、落下突きをして攻撃する技です。技をヒットさせることができれば、練気ゲージを上げられます。また、練気ゲージの色段階が上がっている状態になっている時であれば、ヒット時にZRを押すことで気刃兜割に派生します。

太刀のおすすめコンボ

基本コンボ

踏み込み斬り→縦斬り→突き→斬り上げ

X→X→X→X

気刃斬り→気刃斬りⅡ→気刃斬りⅢ→気刃大回転斬り

ZR→ZR→ZR→ZR

応用コンボ

斬り下がり→見切り斬り→気刃大回転斬り

X→ZR+A→ZR+B

太刀の立ち回り・使い方

練気ゲージを維持する

太刀の攻撃範囲は広く、敵に攻撃することで練気ゲージを溜めて攻撃力を上げることも可能です。気刃兜割をはじめとした練気ゲージが上がっている時にしか出せない攻撃もあるため、練気ゲージを上げた状態を維持できれば狩りをより有利に進めることができます。

カウンター技で反撃

太刀は、見切り斬りや鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)の「水月の構え」などのカウンター技が多くあります。ガードはできませんが、カウンター技を上手に活用していくことで反撃を行うことも可能です。上手にタイミングを見極めることが大切です。

太刀の翔蟲(かけりむし)活用法

飛翔斬りで練気ゲージUP

飛翔斬りは、ヒットさせると自動で練気ゲージがUPします。また、ヒット時にボタンを押すことで気刃兜割も発動させることが可能です。太刀は、元々の攻撃力はあまり高くありません。敵への攻撃や飛翔斬りをヒットさせて、練気ゲージを溜めて攻撃力を上げることでより強さを発揮できます。

水月の構えで攻撃を跳ね返す

太刀は、ガードができない代わりにカウンター技が豊富です。鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)の「水月の構え」もその一つです。構え中に攻撃を受けることで素早いカウンター攻撃を行えます。

太刀の特徴

太刀の強い点

  • 攻撃範囲が広い
  • 攻撃するたびに練気ゲージで強くなる
  • カウンター技が豊富なので、身を守りつつ攻撃できる

太刀の弱い点

  • 練気ゲージでの強化前は攻撃力が低め
  • 攻撃回数が増える分、斬れ味に注意しながら戦う必要がある
  • ガードができない

太刀の動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

体験版配信開始!最新情報を語り合おう

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ