【モンハンライズ】気刃兜割り|魅力と過去作との違いを紹介!【MH-RISE】

最終更新日

体験版配信開始!最新情報を語り合おう

2021年3月26日(金)発売予定の『モンスターハンターライズ』の太刀で使える派生技「気刃兜割り」が一気に強すぎると話題です。「気刃兜割り」の魅力と前作の変更点をまとめました。

気刃兜割り

気刃兜割りは、太刀の鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ):「飛翔蹴り(ZL+X)」の派生技です。鉄蟲糸技「飛翔蹴り(ZL+X)」がヒットした際に、ZRを押すことで出すことができ、練気ゲージの色段階を1段階消費します。

気刃兜割りの魅力

与えられるダメージが大きい

前作と比べると刀の武器自体が玄人向きでよりテクニックが必要な武器になっています。気刃兜割りをした際の練気ゲージ自動回復がなくなっていますが、威力はモンスターハンターライズでも攻撃力が高くなっているようです。特にモンスターの頭を狙って気刃兜割りを使った場合には、一撃必殺を狙えるような大きなダメージを与えられます。

前作との変更点

飛翔蹴りの派生技に変更

気刃突きから派生していた「気刃兜割り」は鉄蟲糸技(鉄蟲糸技)「飛翔蹴り」からヒット後にZRを押すことで派生する技に変化しています。翔蟲の消費があるので注意が必要ですが、敵から離れた位置にいても攻撃しやすくなりました。

アクション要素が増え、当てにくい

鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)からの派生になったことで当てにくくなりました。敵がダウンしている時や動きが激しくない時を狙うことで少し当てやすくなります。

練気ゲージ自動回復がなくなった

モンスターハンターワールドでは、練気ゲージが自動回復する効果を「気刃兜割り」は持っていましたが、モンスターハンターライズではこの効果がなくなりました。
練気ゲージが自動回復する効果は、鉄蟲糸技(鉄蟲糸技)「飛翔蹴り」のヒット時に出る落下突きや居合抜刀斬りで得ることができます。
練気ゲージの自動回復効果を得るか、敵へのダメージをとるかを戦略や状況に合わせて使い分けられます。

 

 

体験版配信開始!最新情報を語り合おう

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ