【モンハンライズ】ヌシ・リオレイアのタイマンクエスト攻略!解放条件・おすすめ装備と立ち回り解説!【MH-RISE】

最終更新日
攻略大百科編集部

『モンスターハンターライズ』(モンハンライズ) の集会所の☆7クエストに登場する大型モンスター「ヌシ・リオレイア」の攻略情報です。おすすめ防具・装備や弱点属性をはじめ、行動パターンや対策を掲載しています。

ヌシ・リオレイアの基本情報

雌火竜(めすかりゅう)

ヌシ・リオレイア

種族

咆哮

風圧

振動

やられ

状態異常

飛竜種

部位破壊できる部位

頭部、背中、翼、尻尾

その他

ダメージ蓄積で転倒

[PR]

ヌシ・リオレイアの解放条件

ヌシ・リオレイアの通常クエストの解放条件は、HR41以上に到達かつ百竜夜行でヌシ・リオレイアを討伐することで解放されます。

ヌシ・リオレイア戦の準備

ヌシ・リオレイアの弱点

※クリックで拡大できます

弱点属性

水・氷

弱点部位

頭部

尻尾

弱点特効が有効な部位は剣士、ガンナーともに頭部のみとなっています。

首と尻尾は比較的柔らかい部位なので、頭部以外を狙う際はそちらを狙いましょう。

おすすめの装備・防具

カイザーシリーズ

テオ・テスカトルの上位装備です。シリーズ一式装備で、火耐性が23となります。

レア7防具なので防御も高く、見切り超会心 はほとんどの武器で活用することができます。

ヌシ・リオレイアの攻略方法・立ち回り

簡易攻略ポイント

ポイント1

毒攻撃に注意・対策をする

ポイント2

サマーソルト攻撃に注意する

ポイント3

広範囲ブレスに注意する

毒を付与する攻撃に注意しよう

ヌシ・リオレイアは尻尾攻撃のほとんどに毒を付与させてきます。尻尾使う攻撃には細心の注意はらってよけていきましょう。

また、尻尾攻撃後は毒の棘を地面に設置します。設置された毒の棘にふれても毒状態になるので、注意しましょう。

耐毒珠 で毒耐性をつけるのも良いですが、こんがり魚 の自動回復でも対策することができます。

サマーソルト攻撃に注意する

ヌシ・リオレイアのサマーソルトはモーション後、毒の棘を地面に設置します。威力も高いため、絶対に回避できるようにしましょう。

また、サマーソルトのモーションも通常時よりよけづらい新モーションも追加されているため、しっかりと回避しましょう。

広範囲ブレスに注意する

ヌシ・リオレイアは怒り状態中に前方広範囲に爆発を起こすブレス攻撃を行ってきます。基本的に直線的でよけやすいブレスが多いなか、この技だけは前方にいると非常によけづらいブレスなので、しっかり側面への回避や距離を離しましょう。

ヌシに罠は効かない

ヌシモンスターは罠での拘束を無効化されます。罠を無効化されるため、捕獲することもできません。

ヌシ・リオレイアの攻撃パターン・対策

咆哮

一定範囲のハンターを行動不能にする咆哮です。開幕は確定でおこなってきます。耳栓スキルで対策可能ですが、くらってしまっても次の行動までに回避行動へうつれる場合が多いです。

2連嚙みつき

前方へ移動したあと横から嚙みつきをおこない、そのあと正面へ再び嚙みつきを行うモーションです。

通常レイアでは一回だった行動ですが、ヌシレイアは二回おこなってきます。

噛みつき尻尾攻撃

嚙みつき攻撃から、尻尾攻撃と続く連携攻撃です。尻尾攻撃まで確定でおこなってくるので、最初のモーションを覚えたら回避後攻撃チャンスになります

怒り状態中は、嚙みつき攻撃に火やられが、尻尾攻撃に毒が付与されます。

突進

通常レイア同様の突進攻撃です。怒り状態中は連続でおこなってくるパターンがあるので注意しましょう。

空中突進

空中にとびあがってから、突進してくる攻撃です。通常レイアとは異なり、地上に着地後尻尾回転で攻撃してきます。

尻尾回転

通常レイアと同じモーションですが、二回連続で行うことはなくなりました。ただし、別モーションへ派生することがあるので注意が必要です。

尻尾ふりまわし

尻尾回転とは別パターンの尻尾攻撃です。左右どちらかに一回ふりまわしたあと、逆方向へ尻尾攻撃してきます。

ブレス攻撃

直線ブレス

通常レイア同様に、前方直線上に火の玉を飛ばす攻撃です。モーションがわかりやすく攻撃範囲もせまいので絶好の攻撃チャンスとなります。

三方向ブレス

通常レイア同様に、前方三方向に火の玉を飛ばす攻撃です。モーションがわかりやすく攻撃範囲もせまいので絶好の攻撃チャンスとなります。

広範囲ブレス

前方に吐いたブレスが広範囲に爆発を起こします。見た目以上に範囲が広いので、ガンナーの場合はしっかりと回避しましょう。

サマーソルト

パターン1

通常レイア同様のサマーソルト攻撃です。サマーソルト後、地面に毒の棘を設置します。モーション後は隙だらけになるため攻撃チャンスになります。

パターン2

前方へダッシュしたあと、滑りながらサマーソルトをおこなってくるモーションです。通常サマーソルトより、尻尾の横判定がひろくよけづらいため注意しましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ