【モンハンライズ】テオ・テスカトル(炎王龍)のクエスト攻略!弱点属性・おすすめ装備と立ち回り解説!【MH-RISE】

最終更新日
攻略大百科編集部

『モンスターハンターライズ』(モンハンライズ) の集会所の☆7クエストに登場する大型モンスター「テオ・テスカトル」の攻略情報です。おすすめ防具・装備や弱点属性をはじめ、行動パターンや対策を掲載しています。

テオ・テスカトルの基本情報

炎王龍(えんおうりゅう)

テオ・テスカトル

種族

咆哮

風圧

振動

やられ

状態異常

古龍種

火・爆破

部位破壊できる部位

頭部、翼爪、尻尾

その他

頭部にダメージ蓄積で転倒

[PR]

テオ・テスカトル戦の準備

テオ・テスカトルの弱点


※クリックで拡大できます

弱点属性

弱点部位

頭部

尻尾

前脚

弱点特効は有効な部位は剣士、ガンナーともに頭部のみとなっています。

前脚と翼は比較的柔らかい部位なので、頭部以外を狙う際はそちらを狙いましょう。

おすすめの装備・防具

レウスSシリーズ

リオレウスの上位装備です。シリーズ一式装備で、火耐性が18となります。

火耐性が高いのはもちろん、攻撃スキルは全ての武器で使えるためおすすめです。

テオ・テスカトルの攻略方法・立ち回り

簡易攻略ポイント

ポイント1

炎耐性をあげる

ポイント2

炎まといと粉塵まとい中の行動の違いに注意する

ポイント3

頭部を攻撃し、炎・粉塵まといを解除しよう

ポイント4

スーパーノヴァに注意する

古龍に罠は効かない

古龍種モンスターは罠での拘束を無効化されます。罠を無効化されるため、捕獲することもできません。

炎耐性をあげる

テオ・テスカトルの攻撃の多くは炎属性が付与されているものが多いです。立ち回りに自信のない方は炎耐性をあげる装備や、お団子などで耐性ををあげて戦いましょう。

2種類のまとい状態の違いに注意しよう

炎まとい

炎まとい中は、基本行動にくわえ火炎ブレスなどの行動を頻繁におこなってきます。剣士は粉塵状態よりは戦いやすい状態ですが、前方に炎ブレスでなぎ払いを行ってきたりと遠距離攻撃がおおくなるためガンナーは注意しましょう。

粉塵まとい

粉塵まとい中は、基本行動に粉塵爆発が発生します。距離をとったガンナーは戦いやすい状態ですが、至近距離で戦う剣士は爆発に巻き込まれないように注意しましょう。

頭部を攻撃してまとい状態を解除できる

テオ・テスカトルに一定以上のダメージを頭部にあたえると特殊転倒が発生します。このときまとい状態が全て解除されるため、再びまとい状態になるまで戦いやすくなります。

スーパーノヴァに注意しよう

テオ・テスカトルは怒り状態中が長く続くとスーパーノヴァという技を使ってきます。こちらの攻撃をまともにうけると即死級のダメージをうけるので、怒り状態が長く続いている場合はこの技の準備モーションを警戒しましょう。

前作より攻撃範囲がかなりせまくなっているので、見てから距離をとるだけで回避できます。

テオ・テスカトルの攻撃パターン・対策

咆哮

ハンターを一定時間行動不能にする技です。開幕と怒り状態へ移行では確定で行ってきます。耳栓スキルで対策できますが、くらってしまっても次の行動を回避に専念すれば十分対応できます。

突進

前方へ突進する行動です。この行動から、かみつき攻撃や飛び上がりなどに派生することが多いため、派生行動にうつるまで様子見が安定です。

かみつき攻撃

連続でかみつき攻撃を行うモーションです。このあと、飛びつきや火炎・粉塵攻撃(前方)へと派生することが多いため、派生行動にうつるまで様子見が安定です。

▼派生別パターン

飛び付き

すこしジャンプしながら前方へとびかかる攻撃です。攻撃後、次の行動までに隙がうまれるため攻撃チャンスになります。

しっぽ攻撃

標的が後ろ脚付近にいるときのみおこなってくるモーションです。根元までしっかり判定があるため、しっかり顔付近まで回避移動しましょう。

火炎攻撃(前方)

まとい状態中によって、火炎攻撃か粉塵攻撃か変化する技です。火炎攻撃にあたれば火やられに、粉塵攻撃にあたれば爆発やられ状態になるので注意しましょう。

基本的にテオ・テスカトルの顔から前方のみへの攻撃なので左右へ移動すれば攻撃チャンスになります。

火炎ブレス(地上)

前方扇状に火炎ブレスを行う攻撃です。前方にいると避けづらいモーションですが、側面へまわるように回避してしまえばモーション中は隙だらけなため、攻撃チャンスになります。

▼粉塵まとい中は別モーション

火炎ブレス(空中)

見た目は派手な行動ですが、真下にもぐりこめば回避できるほか、ガンナーであればモーション中は攻撃し放題のチャンス行動になります。

火炎ブレス(真下)

真下に火炎ブレスを行い、周囲のハンターを攻撃するモーションです。予備動作がわかりやすいため、すぐに距離をとるかガード行動をとりましょう。

粉塵爆発(周囲)

粉塵を周囲にまき散らして、球体状に粉塵がまとまった部分を爆発させる攻撃です。爆発させる位置は固定ではないので、剣士は球体状の部分と重ならないように回避しましょう。

▼粉塵まとい中はさらに範囲が増加

粉塵爆発(直線)

粉塵を直線上にとばして爆破させる行動です。粉塵攻撃のなかでは、範囲が限定的かつ行動後ほえるようなモーションが入るため攻撃チャンスになります。

粉塵大爆発(前方)

怒り状態+粉塵まとい中におこなってくるモーションです。かみつき攻撃からの派生が多いため、前方に絶対に立たないように立ち回りましょう。回避できれば、次のモーションまでに隙が生まれるため攻撃チャンスになります。

スーパーノヴァ

怒り状態+粉塵・炎まとい中におこなってくるモーションです。とびあがってから、攻撃発動まで十分に猶予があるため武器をしまい緊急回避など距離をとることを優先しましょう。

▼炎まとい中からのスーパーノヴァ

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ