【モンハンライズ】ターゲットカメラとロックオンカメラの違いと設定方法【MH-RISE】

最終更新日
攻略大百科編集部

2021年3月26日(金)発売予定の『モンスターハンターライズ』における「ターゲットカメラとロックオンカメラの違いと設定方法」となります。

※体験版での情報です。製品版とは異なっている場合があります。

ターゲットカメラとロックオンカメラの違い

ターゲットカメラ

Lボタンを一回おすと、右上のロックオンターゲットで選んだモンスターの方向を一瞬向きます。ロックオンターゲットの変更方法はRスティック押し込みで出来ます。

ロックオンカメラ

右上のロックオンターゲットで選んだ敵の方向を常に向きます。ロックオンターゲットの変更方法はRスティック押し込みで出来ます。

[PR]

ターゲットカメラとロックオンカメラの設定方法

+ボタンを押してメニュー画面を開き、システム項目からオプションを選択します。

ゲーム設定画面に変わりますので、こちらのCAMERA項目からターゲット注目方式を選択、ターゲットカメラかロックオンカメラを設定できます。

おすすめ設定

モンスターを常に視野に入れたい人向け

  • ターゲットへの注目方式:ロックオンカメラ

こちらの設定では、Rスティックでロックオンターゲットを設定するだけ、カメラがモンスターを追従するようになります。メリットとして常にモンスターをカメラに収めることができますが、大型モンスター二体以上や、他の小型生物への注意がおざなりになりやすいので注意が必要です。初心者のうちはこちらの方が良いでしょう。

また、ガンナーの照準時のカメラは追従しないので注意が必要です。

自分でカメラを操作をしたい人向け

  • ターゲットへの注目方式:ターゲットカメラ
  • ターゲットカメラの操作:タイプ3

状況に応じてモンスターから視線を外したり、昔ながらのモンスターハンターの操作で戦いたい人はこちらがお勧めです。メリットとしては、複数のモンスター相手でも自由にカメラを動かし、注目したいときにターゲットへの視線を向けやすい点です。

モンスターハンターの操作を十分に慣れた方はこちらがおすすめです。

    コメント一覧

    コメント送信前に利用規約をご確認ください
    コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

    この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


    記事へのご指摘・ご意見はこちら

    関連カテゴリ・タグ