【ポケモンSV】ジャローダの育成論・対策・相性のいいポケモン【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー
シングルバトル育成論+対策メニュー
物理受け育成論 特殊受け育成論
物理アタッカー育成論 特殊アタッカー育成論

『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』のDLC第二弾「藍の円盤」で追加された対人戦で有用なポケモンの1匹「ジャローダ」の育成論やおすすめのテラスタイプ、対策方法を掲載・解説しています。

ジャローダの育成論

壁貼り型

の画像

特性

あまのじゃく ※夢特性

性格

おくびょう(すばやさこうげき

努力値

HP252 D4 S252

実数値

182-x-115-95-116-181

持ち物

ひかりのねんど など

テラスタイプ

ほのお など

技構成

リーフストーム(Lv56,(わざマシン159 リーフストーム)

へびにらみ(ノコッチなどからものまねハーブで横遺伝)

リフレクター(わざマシン074 リフレクター)

ひかりのかべ(わざマシン075 ひかりのかべ)

↳その他の候補 ちょうはつこうごうせいやどりぎのタネはたきおとすりゅうのはどうミラーコートテラバースト など

壁貼り型の努力値調整

  • HP/耐久
    ↳先発起用し展開の補助を狙うため最大/ ポリゴン2 ダウンロード対策として とくぼう>ぼうぎょになるように調整

壁貼り型の解説

その他の育成方法や技の選択肢を紹介しています。

努力値振りを考察

努力値

HP244 D12 S252

実数値

181-x-115-95-117-181

HP実数値が偶数になっているのが気になる方は 上記のように振り分けることで奇数にしつつ、ダウンロードを対策できます。

性格を考察

アタッカー寄りに育成する場合はひかえめ、物理受けで育成する場合はずぶといでの育成をオススメします。

持ち物を考察

ひかりのねんど

→ 持たせているとリフレクター ひかりのかべのターンを3ターン延長できます(合計8ターン)。

きあいのタスキ

→ ジャローダのすばやさ種族値は113と、現環境では少し心もとなく 耐久面もそこまで高くありません。

テツノツツミ パオジアン など、持たせていないと行動すらできない対面も多いので、初手でぶつかってしまった場合も安定して立ち回れます。

オボンのみ

きあいのタスキのように行動保証が得られるわけではありませんが、確定数をズラせるというメリットがあります。

ゴツゴツメット

リフレクターこうごうせいで対物理アタッカーを見る場合に。 ウーラオス-れんげきのかたすいりゅうれんだなど、接触する連続技に後出しすることで大ダメージを狙うこともできます。

テラスタイプを考察

ほのお

ほのおこおりむしなどの本来の弱点を全て半減できます。

また、狭い技範囲をテラバースト(ほのお)で補強することもできますので最もオススメです。

いわ

→弱点は多いものの、テラバースト(いわ)でカイリューなど環境の多くのポケモンの弱点を付ける点が優秀です。

ステラ

→耐性は変わりませんが、テラバースト(ステラ)のデメリット効果もあまのじゃくでメリットに変えることができます。

技構成の考察

・オススメ

リーフストーム

攻撃後、とくこうが2段階低下する技です。

あまのじゃくの効果でとくこうが2段階上昇するため、とくこうに振っておらずとも負荷をかけていくことができます。

へびにらみ

相手をまひ状態にでき、起点作成に役立ちます。

でんじはとは異なり、じめんタイプに対しても通していけるので パーティを組む際に入れることが多いじめん枠に対してもこちらの展開を通していけるのが強みとなります。

※まひはでんきタイプには無効

リフレクター

5ターンの間壁を展開し、場にいるポケモンが受ける物理ダメージを半分にできます。

あんこくきょうだ すいりゅうれんだ等 確定急所技に対しては意味がないので注意

ひかりのかべ

5ターンの間壁を展開し、場にいるポケモンが受ける特殊ダメージを半分にできます。

・その他の技

その他の技の選択肢を紹介します。

ちょうはつ

相手の展開阻止や、起点回避に役立ちます。

こうごうせい

ゴツゴツメットを持たせた物理受け寄りの型であれば採用しやすくサイクル適性も持てるようになります。

やどりぎのタネ

こちらもサイクル戦を重視するのであればオススメです。

はたきおとす

大した火力は出ませんが、相手のいのちのたまなどの火力アップアイテムやたべのこしを無効化できる点が優秀です。

りゅうのはどう

ドラゴン打点が乏しいため、カイリュートドロクツキへの打点を重く見るのであれば。

ミラーコート

相手から受けた特殊技のダメージを2倍にして返す技です。

あくタイプには無効となります。

テラバースト

ほのおいわ、ステラなどにテラスタルする場合にオススメです。

壁貼り型の運用方法

ジャローダはできることこそ少ないポケモンですが、攻撃するたびにあまのじゃくでとくこうが上がっていく関係上、壁ターンを消費しようにも徐々に受けづらくなっていくため起点にされづらい展開要員として優秀です。

特に先発で出てきやすい ラグラージ カバルドン などの展開要員に対してリーフストームで弱点を突いていけるため、展開要員同士の対面でも動かしやすくなっています。

立ち回りは初手で出し、へびにらみで相手をまひさせてからリフレクターひかりのかべで場作りしていくのが基本ですが、リーフストームの一貫がとれる相手に対しては刺さっており、リーフストーム連打で火力がどんどん上がっていき受けられなくなるので 無振りであってもアタッカーとして動いていくことも可能です。

壁貼り型と相性のいいポケモン

壁展開とシナジーのある積みアタッカーであれば無難に構築に取り入れやすいので、下記で紹介しているポケモン以外もオススメです。

ポケモン

の画像

サーフゴー

わるだくみ型(HSベース)など

ほのお弱点が一貫しますが、わるだくみの起点を作っていくことができます。

おうごんのからだを持つため、相手の変化技に対しても抗えるという利点があります。

の画像

カイリュー

りゅうのまい型・スケイルショット型 など

こちらはこおり弱点が一貫しますが、りゅうのまいの起点を作っていくことができます。

また、『碧の仮面』で習得したスケイルショットですばやさを伸ばしていくこともできます。

の画像

ウガツホムラ

りゅうのまい型・スケイルショット型など

上記のポケモンたちと異なり、弱点タイプの補完ができており 耐性も優秀です。

ほのおタイプなのでおにびなどでやけどにならず物理アタッカーとして機能停止しづらいのも強力。

専用技かえんのまもりにより物理アタッカーとの対面では択を仕掛けられるのも優秀です。

壁貼り型と似た役割のポケモン

ポケモン

の画像

オーロンゲ

壁貼り型

いたずらごころで先制して壁展開を行えるポケモンで、壁貼り型が主流となっています。

こうこうのしっぽ すりかえで渡すことでへびにらみのように相手の素早さを操作することができます。

の画像

レジエレキ

壁貼り型(HBベース)など

存在するポケモンの中で最速で、壁展開も特殊アタッカーとしての運用もできるポケモンです。

トランジスタによる高火力の一致技での攻撃やテラバーストでの奇襲が可能という点が共通しています。

ジャローダの対策

ジャローダの対策方法

覚える技のレパートリーが少ない為できることは限られており範囲も狭いポケモンですが、壁展開やあまのじゃくリーフストームによる積みが厄介なポケモンのため、なるべく行動回数を稼がれないように立ち回る必要があります。

テラスタルしてテラバースト(ほのお)やテラバースト(いわ)で技範囲を広げてくることもあるため、これらのタイプの打点も意識しておくべきでしょう。

すばやさ種族値が117と、現環境ではそこまで素早いわけではないので パオジアン テツノツツミ などの高速アタッカーであれば一致技で上から処理することができます。

特性てんねんのポケモンであればあまのじゃくの能力上昇を無視して殴り合うことができるのでリーフストームを半減できる ラウドボーン などもオススメです。

また、特性そうしょくを持つポケモンであればリーフストーム自体を無効にできます。

ジャローダ対策におすすめのポケモン

ポケモン

の画像

テツノツツミ

アタッカー型など

フリーズドライれいとうビームで上から弱点を突くことができ、 きあいのタスキ 以外であれば一撃で倒すことができます。

の画像

パオジアン

アタッカー型

上からタイプ一致のこおり技で弱点を突いて一撃で倒すことができ、つららおとしであれば怯みの追加効果もあるためきあいのタスキも貫通して倒すことができます。

サイコファングを採用しておくことで、リフレクターなどの壁展開を止められるのも優秀

の画像

ラウドボーン

物理受け型(HBベース)など

壁展開やへびにらみこそ通ってしまうものの、特性てんねんあまのじゃくの効果を無視して殴り合うことができ、フレアソングで弱点を突きつつ自身のとくこう上昇の起点にすることもできます。

新たにみわくのボイスも習得し、テラスタルなしでフェアリー打点を持てるようになったのもポイント

の画像

ヌメルゴン

とつげきチョッキ型(HBベース) など

特性そうしょくによりくさ技を無効にできるためリーフストームをカットできます。

の画像

サーフゴー


の画像

タケルライコ

などのでんきタイプ

サーフゴーおうごんのからだがあり変化技を受けず、でんきタイプのポケモンは麻痺にならないので いずれもへびにらみのまひ撒きによる起点作りを防ぐことができます。

また、でんきテラスタルで採用しやすいポケモンであれば 対面でテラスタルを切ることで相手のターンを無駄にできます。

ジャローダの基本情報

の画像

タイプ
くさ
特性

しんりょく

HPが1/3以下になると、くさタイプの技の威力が1.5倍になる。

あまのじゃく 夢特性

「のうりょく」の変化が逆転する。

夢特性の入手方法

 ジャローダの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

75

(319位)

75

(424位)

95

(160位)

75

(347位)

95

(154位)

113

(61位)

528

(192位)

 ジャローダのタイプ相性

4倍なし
2倍ほのお こおり どく ひこう むし
0.5倍みず でんき くさ じめん
0.25倍なし
無効なし

 ジャローダの解説

ジャローダは、第5世代 ブラック・ホワイトの御三家ポケモン ツタージャ の最終進化系です。

種族値は低火力な両刀配分で、通常特性もしんりょくとパッとしない性能だったものの、夢特性があまのじゃくとなり、壁を展開しつつリーフストームでとくこうを上昇させながら攻撃できるため処理がしづらく厄介な性能をもつポケモンです。

今作ではテラスタルでくさ単の耐性を補いつつ、テラバーストを採用してリーフストーム以外の打点を持つことができます。

また、新たなテラスタイプ「ステラ」で使用するテラバーストは、こうげき/とくこうが1段階低下する追加効果があります。この効果もあまのじゃくとシナジーがあるため、ステラでの採用も視野に入ってきます。

ステラテラバーストについて
  • 威力が80→100に上昇 (×1.2倍補正込みで、初回のみ威力120)
  • テラスタルしているポケモンに対して抜群、それ以外のポケモンには全て等倍
  • 使用後 こうげき/とくこうが1段階ダウン

ジャローダがポケモンSVで習得した技

『藍の円盤』でスカーレット・バイオレットに登場し、ジャローダは下記の技を新たに習得しました。

てだすけ

グラススライダー

スケイルショット

すてみタックル

はなふぶき

ワイドブレイカー

ランキング

  1. 道具プリンターの乱数調整について|オシャボや特性パッチなどを確定で入手する方法・時間や秒数まとめ
  2. かがやきパワー+でかでか・ちびちびのレシピと具材! | サンドイッチでの厳選方法や色違いの確率
  3. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめと受け取り方(04/05 テツノカイナ追加)
  4. あいことば通信交換コード(合言葉)一覧!|バージョン違いのポケモン入手・『藍の円盤』に対応
  5. 次回最強レイドはホウエン・シンオウ御三家?最強レイド予想と最新版開催一覧(2024年4月更新)

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ