【モンハンライズ】体験版:マガイマガドをガンランスソロで討伐する攻略チャート!全攻撃パターンを動画で解説【MH-RISE】

最終更新日
攻略大百科編集部

2021年3月26日(金)発売予定の『モンスターハンターライズ』(モンハンライズ) でのマガイマガド(体験版)のガンランスでの戦い方になります。戦闘までの準備から、攻撃パターンごとの立ち回りまで解説致します。

マガイマガド(里★5緊急クエ)攻略!属性弱点とおすすめ装備や立ち回り

クエスト ストーリー攻略 モンスター
『モンスターハンターライズ』(モンハンライズ) の里の☆5クエスト「悪逆無道」に登...
続きを読む

マガイマガドと戦う前に

ショートカット設定

体験版でのマガイマガドとの戦闘ではアイテムの利用が非常に多くなります。アイテムスロットに環境生物を選択しつつ、ショートカットで回復などを行いましょう。

おすすめショートカット例

カメラ設定

マガイマガドは、縦横無尽によく動くモンスターのためカメラ速度は「とても速い」以上にし、ターゲット機能を使う場合は注目方式を「ターゲットカメラ」にしておきましょう。

マガイマガドの体力・HPについて

マガイマガドの体力について、海外プレイヤーの情報として以下の情報が確認されています。

筆者も100回以上戦っているので体感としてこの数字は信頼できる可能性が高いと想定しています。ただし、公式でない情報なので参考程度にとどめておきましょう。

鬼火やられの対処法

マガイマガドだけが使ってくる状態異常「鬼火やられ」です。鬼火をまとっている部位の攻撃を受けると、「鬼火やられ」になってしまいます。

「鬼火やられ」になってしまった場合の解除方法は、「翔蟲」を使い「疾翔け」をすることにより解除することができます。その他に、回避を複数回することでも解除できます。

「疾翔け」で解除した場合、「疾翔け」をした場所に「鬼火」が残り、その「鬼火」にマガイマガドが当たると固定ダメージを与えることが出来ます。

ガンランスのテクニック

竜杭砲が強力なので、それを上手く使っていくには「溜め砲撃長押し」→「竜杭砲+のコンボが最速で竜杭砲を繰り出すことができます。少し溜め砲撃の入力が難しいですが、このコンボが安定して出せるようになると、マガイマガドの討伐がずっと簡単になります。

[PR]

戦闘開始までのチャート

テントから落とし穴を回収

クエスト開始後、テントへ向かい落とし穴を回収しておきましょう。

アイテム回収ルート

現在、様々なアイテム回収ルートがありますが今回は討伐速度より安定重視、またモンスターの出現位置に左右されにくいルートをとっています。クグツチグモ、エンエンク、子泣キジさえ回収できれば良いので自由にルートを変えてください。

▼ルート解説


※クリックで拡大できます

ポイント1:クグツチグモの回収

スタート地点の崖を降りたら、左手の丘を通ってヒトダマドリを回収しながらクグツチグモのいるポイントへ向かいましょう。

ポイント2:子泣キジの回収

エリア3の壁ツタをのぼった先にいる子泣キジを回収

ポイント3:エンエンクの回収

ルート上にいるエンエンクを一匹回収しておきましょう。おすすめは子泣キジ回収場所の先に進んだ場所にいるエンエンクです。

子泣キジの使う場所とコツ

アイテム回収がおわったら、エリア7番にリオレイアが必ずいるので敵対されたのを確認後、エリア9方向の門付近で子泣キジを使いましょう。

これによりタマミツネやリオレイアに子泣キジの効果が誤爆することを防ぐことができ、マガイマガドが12エリアなどに出現しても安定してエリア7に呼ぶことができます。

▼ガルクなどで攻撃してレイアに敵対される

▼門付近で子泣キジを使う

雷毛コロガシを拾う

子泣キジを使用後はマガイマガドがエリア7にくるまでに雷毛コロガシを拾っておきましょう。

▼エリア9の石橋付近にいます

戦闘開始から討伐までのチャート

リオレイアに操竜し、攻撃する

エリア7にマガイマガドがきたら縄張り争いが発生します。レイアが操竜待機状態になったら操竜し、マガイマガドを攻撃しましょう。操竜するまえに必ず翔虫の補充をしましょう。

まれにマガイマガドが操竜待機状態になってしまう場合がありますが、その場合はリセットしましょう。

▼レイアで攻撃するときのコツ

火炎ブレスから入り、翔虫キャンセルしながらサマーソルトを2回あて、翔虫キャンセルで着地します。着地後、マガイマガドの攻撃を移動で回避しながら翔虫ゲージを回復し、サマーソルトを4回あて操竜大技へ派生さましょう。

▼操竜大技を決めたら頭に攻撃する

エンエンクを使いマガイマガドをタマミツネへ誘導

レイアによるダメージを稼いだあとは、エンエンクを使いながら戦い、マガイマガドの頭に白い煙がでたらガルクにのってタマミツネの場所まで誘導しましょう。

このとき切れ味の回復や体力の回復をおこないましょう。また、アイテムスロットに雷毛コロガシをセットしておきましょう。

▼タマミツネがエリア2いるときの注意点

エリア2に向かうときの崖は上記のように右側いっぱいにマガイマガドを誘導しないと崖を降りてくれないので気をつけましょう。

タマミツネに操竜し、攻撃する

マガイマガドをタマミツネに誘導できたら縄張り争いが発生します。レイア同様操竜し、マガイマガドを攻撃しましょう。操竜するまえに必ず翔虫の補充をしましょう。

このときもまれにマガイマガドが操竜待機状態になってしまう場合がありますが、その場合はリセットしましょう。

▼タマミツネで攻撃するときのコツ

操竜ゲージが溜まるギリギリまでは尻尾叩きつけを行い、操竜ゲージが溜まったら強攻撃の泡をまき散らしながら攻撃し、ゲージギリギリで操竜大技に派生させましょう。

雷毛コロガシを使いスタン状態にする

タマミツネで操竜大技を決めたあと転倒しているマガイマガドに攻撃するまえに、雷毛コロガシを当てます。(コンボ)スタンをとります。

スタン後は再び頭に「フルバースト→竜杭砲」をあてましょう。

▼スタンさせるときのコツ

操竜解除後、落ち着いて雷毛コロガシを当てましょう。

疲労状態になったら罠を使う

マガイマガドが疲労状態になったら罠を使いましょう。疲労状態中であれば罠の拘束時間が長くなります。「溜め砲撃→竜杭砲→フルバースト」は頭にいれることができます。

▼疲労状態中のモーション

残り5分の表示がでたらクグツチグモを使う

ゲーム内アナウンスで残り5分になったらクグツチグモを使い、マガイマガドに操竜しましょう。操竜するまえに必ず翔虫の補充をしましょう。

操竜後はちかくにいるレイアかミツネの場所まで移動し、突進離脱でぶつかりレイアかミツネに再び操竜しマガイマガドを攻撃しましょう。

残り時間が許す限り攻撃する

この時点で瀕死状態になっていればとても良い状態です。あとは時間が許すかぎり確定反撃できる行動に攻撃を合わせていきましょう。基本として、「竜杭砲」が強力なので「溜め砲撃→竜杭砲」もしくは、「ガードエッジ→竜杭砲」のコンボを頭部、鬼火が付いている部位に当てていきましょう。

▼実際に討伐したときのタイム

※クリックで拡大できます。

本チャートの良い点としてマガイマガドをエリア1付近に誘導できる確率が非常にたかいので、やられてしまってもロスタイムが少なく済みます。

攻撃パターンの対策・反撃方法

ほぼすべての攻撃をガードエッジ→竜杭砲で攻撃に転じることができます。

しかし、ガードエッジを上手く発動させるにはマガイマガドの攻撃モーションを覚える必要があるので、根気よく覚えていきましょう。

咆哮

ダメージはないですが、マガイマガドの周囲にいるハンターを一時行動不能にします。

ガードエッジ→竜杭砲で反撃しやすいのでチャンスです。

かみつき

威力は低いですが次のモーションへの移動がはやいのでガードで様子見安定です。

2連頭突き

通常

被弾すると翔虫回避ができないのでしっかり回避しましょう。回避後も次のモーションへの派生がやや早いので様子見安定です。

頭鬼火まとい中

頭に鬼火まとい中は頭上に吹き飛ばされ翔虫回避しないと即死させられるので注意しましょう。

移動突進

大きく走ったあと、標的にむかって飛びついてくるモーションです。予備動作が見えたら落ち着いてガードし、ガード後はステップで近づいて砲撃を二回ほど当てましょう。

また、突進せずに尻尾突き刺しと叩きつけに派生する場合があります。

前脚踏み付け攻撃

マガイマガドで一番ダメージを稼ぎやすいモーションです。前脚に鬼火をまとっていないときは一回、まとっているときは二回確定で行います。

鬼火をまとっていない場合は一回だけなので、ガードエッジ→竜杭砲が当てやすく簡単です。

鬼火をまとって二回踏みつけてくる場合、一回めをガードエッジなりでガード→二回めは一回めに踏みつけてきた脚のほうに、二回ステップすることで簡単に避けられます。行動後吠えるようなモーションが入るので頭か前脚に溜め砲撃→竜杭砲を狙いましょう。

前脚なぎ払い

前脚に鬼火まとい状態では前方広範囲鬼火爆発を起こすのでモーションをみてから左右への回避は絶対にやめましょう。

鬼火をまとっていない場合、鬼火をまとっている場合、どちらでもガードエッジ→竜杭砲でなんなく攻撃に転じることができます。

尻尾サマーソルト

予備動作がみえたらガードすれば大丈夫です。尻尾自体の判定は大きくないですが、足元にいると謎の判定であたることがあるので、常にマガイマガドに近寄りすぎない位置で行動をみましょう。

またこの行動のあと前脚踏み付け攻撃を必ず行ってくるので、ガードエッジ→竜杭砲で攻撃しましょう。

尻尾突き刺し

標的にむかって尻尾を左右どちらかに構えます。モーションがみえたら左右へ走りましょう。

ガードエッジなり通常のガードなりでしのぐことは簡単ですが、マガイマガドが少し遠いのでガードエッジ→竜杭砲が届かない場合がほとんどです。ですから、ガード後ステップ→砲撃二回が安定行動です。

尻尾に鬼火まとい中は突き刺しの前方に粉塵爆破を起こしますが、マガイマガド近づけばまず当たりません。

尻尾突き刺し(鬼火波動)

尻尾にエネルギーをためるモーションがみえたら、左右どちらかに走り回避するかガードしましょう。

距離が離れている場合に使ってくるので、反撃は基本的に出来ないと思っておくと良いです。

尻尾叩きつけ

予備動作は短いので、ガードエッジの反応が出来ないことも多いため、安定を取るならガードするだけで十分です。しかし、自信があるならガードエッジ→竜杭砲を当てていけるモーションでもあるので、頑張って竜杭砲を当てていっても良いです。

飛び上がり尻尾叩きつけ

予備動作から振り下ろしまでかなり標的を追尾する攻撃なので、油断していると当たってしまうモーションです。しっかりダッシュで回避するかガードしましょう。

行動後は前に向き直る時間があるのでそこに向かって砲撃で良いです。

尻尾振り回し

予備動作が少ない上に全体モーションが長いですが、一度ガードすると二回めの尻尾の攻撃に判定がないので、しっかりガードするとその後のマガイマガドは隙だらけです。

尻尾鬼火弾

マガイマガドからある程度距離が離れると頻繁に行ってくるモーションです。鬼火弾はどの位置にいても標的に向かって飛んでいくので攻撃しづらいモーションです。基本的に回避優先、ガード優先です。

この行動を頻繁に行われると大きく時間をとられるため、マガイマガドとの距離を離さないように立ち回りましょう。

ガス爆破

周囲にガスをまき散らしてから爆発までの時間がかなり長く、脚元にいれば当たらないので、モーションが見えた瞬間に踏み込み突きで懐に入ってしまいましょう

モーション後はすぐに次の行動にうつるのでちょっと距離がある場合は様子見安定です。

側面にガスをまき散らす場合もありますが、ガードするかマガイマガドに近づけば良いです。

鬼火突進

空中に飛び上がるのが見えたら左右どちらかに走りましょう。回避後、ガード後は攻撃チャンスですが、ギリギリ回避を狙いすぎると爆発で即死する可能性があるので十分に余裕をもって回避しましょう。

連続鬼火突進

バックステップ後吠えるモーションが入り、3回連続で突進してきます。わかりやすいモーションですが、2回目以降の突進にあたると即死するので回避に専念しましょう。

自分狙いであれば、左方向へダッシュするだけですべての攻撃を避けることが出来ます。抜刀時は、一回目の突進を左に回避し、さらに最後の上からの突進も左に回避すれば避けられます。

左側が壁など通れない場合は、最後の上から突進してくる技を緊急回避で避けるしか方法はありません。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ