【ポケモンSV】エンテイの育成論・対策・相性のいいポケモン【スカーレット・バイオレット】

攻略大百科編集部
URLコピー

『ポケットモンスタースカーレットバイオレット(ポケモンSV)』のDLC第二弾「藍の円盤」で追加された対人戦で有用なポケモンの1匹「エンテイ」の育成論やおすすめのテラスタイプ、対策方法を掲載・解説しています。

エンテイの育成論

物理アタッカー

の画像

特性

せいしんりょく ※夢特性

性格

いじっぱり(こうげきとくこう)

努力値

H4 A252 S252

実数値

191-183-105-x-95-152

持ち物

とつげきチョッキ など

テラスタイプ

くさ

ノーマル など

技構成

せいなるほのお(技思い出し)

しんそく(技思い出し)

ストーンエッジ([“link “わざマシン150 ストーンエッジ”])

くさわけ(わざマシン020 くさわけ)

↳その他の候補 フレアドライブニトロチャージふんかかみくだくじならしじだんだ・[llink アイアンヘッド]・テラバーストなど

とつげきチョッキによって使えないがほえるおにびも習得可能

 物理アタッカーの努力値調整

  • HP/耐久
    ↳余りの4を振って奇数に
  • こうげき
    ↳特化
  • すばやさ
    ↳すばやさ種族値が100と激戦区のため252振り

エンテイの解説

その他の育成方法や技の選択肢を紹介しています。

性格を考察

高火力の先制技しんそくを持っているのでいじっぱりでの育成がオススメです。

素早さを補強したい場合はようき(すばやさとくこう)で育成しましょう。

持ち物を考察

とつげきチョッキ

→ とくぼう×1.5倍となりますが変化技が使えなくなります。

ほえる以外の優秀な変化技が少なく、フルアタ運用でもデメリットはほぼない上にせいなるほのおの追加効果で対物理、とつげきチョッキで対特殊と役割を持ちやすいのでオススメです。

いのちのたま

→ 攻撃するたびに最大HPの1/10の定数ダメージを受けますが威力が1.3倍になります。

微妙に足りない火力を補うことができる点が優れています。

こだわりハチマキ

→ 技の撃ち分けはできなくなりますが威力が×1.5倍に上昇します。

しんそくのリーチが伸びるのも優秀で、終盤まで残しておいて削れた相手を倒していけるのがメリットです。

こだわりスカーフ

→ こちらも技の撃ち分けはできなくなりますが 素早さが×1.5倍になります。持たせる場合、ある程度素早さを削って耐久に振っても良いでしょう。

上からせいなるほのおの高火力と追加効果を押し付けていけるのが強みです。

テラスタイプを考察

くさ

→ 耐性は弱いタイプですが、本来の弱点であるじめんみず技をどちらも半減できます。

テラバースト(くさ)やくさわけで本来打点を持てない相手に対して弱点を突いていくことができるのでオススメです。

また、テラスタルの仕様により くさテラスタルを切るとくさわけの素威力が50→60に上昇するのも噛み合っているといえます。

ノーマル

しんそくのリーチがさらに伸びます。

半減以下で受けられるタイプはゴーストのみとなりますが、弱点がかくとう技だけになるのも良い点です。

技構成の考察

・オススメ

せいなるほのお

50%で相手をやけどにするという非常に優秀な追加効果がついているほのお打点となります。

エンテイのアイデンティティともいえる部分なのでなるべく採用しましょう。

しんそく

対面の処理や最後の削りにも役立つ優先度+2の強力な先制技です。

他の先制技より先に動けるので、エンテイを使うのであればこちらもほぼ採用が必須です。

ストーンエッジ

命中率が少し不安ですが強力ないわ技です。

せいなるほのおを半減してくるカイリューウガツホムラへの打点になります。

くさわけ

攻撃後に自身のすばやさを1段階上昇させるくさ技です。

テラスタルの仕様上、くさテラスタルを切ると威力が50→60に上昇します。

・その他の技

フレアドライブ

せいなるほのおより追加効果を引ける確率では劣っており反動もありますが、より高い火力と100%の命中率のほのお技です。

ニトロチャージ

攻撃後に自身のすばやさを1段階上昇させるほのお技です。

技スペースを圧迫しがちでくさわけの方が優秀ですが軽めのほのお打点が欲しい場合に。

ふんか

特殊型で運用することになりますが、最大威力が150と最も高いほのお技です。

HPが減ると威力が落ちてしまう点にはご注意ください。

かみくだく

あく技です。

ラティオスなどのエスパータイプを重く見る場合に。

じならし

相手のすばやさを1段階低下させるじめん技です。

じだんだ

威力75とじならしより威力が高いじめん技です。

エンテイじしんを習得できないため、これらの技が候補に入ってきます。

アイアンヘッド

はがねタイプの技です。

フェアリータイプやいわタイプへの打点になり、30%のひるみ効果もついてきます。

テラバースト

異なるタイプにテラスタルする場合にオススメです。

くさわけと異なり、威力が80と高いのでくさ打点が欲しい場合こちらを採用するのも良いです。

エンテイの運用方法

エンテイはせいしんりょくによっていかくが効かない上に、ほのおタイプのためやけどにもならないため火力の安定した物理アタッカーです。

準専用技せいなるほのおは50%の確率で相手をやけどにする強烈な追加効果を持っており、物理アタッカーや受けポケモンの後出しを許しづらい点が優れており、苦手な相手に対してもストーンエッジテラバースト(くさ)、くさわけで弱点を突いていくことができます。

立ち回りとしては基本的には先発で出してせいなるほのおを強気に押していったり、死に出しから相手ポケモンを削っていきアドバンテージを取っていくことになります。しんそくによる確実な削り手段もあるため、HPが削れてしまった場合も一旦引っ込めて終盤まで残しておくのも良いでしょう。

エンテイと相性のいいポケモン

下記のポケモン以外にも対面性能に優れたポケモンや、やけどになった相手を起点にしやすいポケモンがオススメです。

ポケモン

の画像

ウーラオス

アタッカー型(AS振りなど)

タイプの補完がそれなりに取れており、エンテイの弱点を突いてくるポケモンに弱点を突いていける。

つるぎのまいビルドアップがあり やけどになった相手を起点にできる

の画像

トドロクツキ

りゅうのまい型(HAS調整など)

せいなるほのおのやけど効果が防御が低めのトドロクツキと噛み合っており、りゅうのまいの起点にしやすい

エンテイと似た役割のポケモン

ポケモン

の画像

セグレイブ

とつげきチョッキ型(HA振り,AS振り)など

タイプは比較的弱めですがねつこうかんでやけどにならない物理アタッカーでこおりのつぶてによる先制も可能で対面性能が高い

エンテイの対策

エンテイの対策方法

エンテイはせいなるほのおしんそくストーンエッジの3ウェポンを採用している型がほとんどです。テラバーストはテラスタイプによってはケアできない場合がありますが有利不利ははっきりとわかりやすいポケモンなので、前述した3つの技を全て等倍以下で受けられるポケモンを使うことで対処しやすいです。

物理アタッカーであればやけどに注意する必要がありますが、こだわりスカーフを持ったウーラオス-れんげきのかたで上からすいりゅうれんだで弱点を突いたり、上からタイプ一致のじしんで攻撃できるガブリアスなどが良いでしょう。テラスタルによって耐性が変わることも多いため、その場合は裏のポケモンで切り返せるようなプランを立てておきましょう。

また、エンテイ自体は受けが成立しづらいレベルの火力ではない上につるぎのまいのように積み技を持っていませんので、高耐久の物理受けポケモンであれば受けていくことができます。特にしおづけで弱点を突きつつきよめのしおでやけどを無効、じこさいせいてっぺきも備わっているキョジオーンは安定した対策になります。

エンテイ対策におすすめのポケモン

ポケモン

の画像

アシレーヌ

オボン型(HBベース)など

鈍足だが一致技で弱点を突くことができ、くさテラス個体であればテラスタルを切らせやすく弱点が増えるため裏のポケモンでの切り返しが容易になる

の画像

オーガポン

AS振りなど

素早さに多く努力値を振れば上からツタこんぼう(みず)で弱点を突くことができる。

の画像

ウーラオス

スカーフ型(AS振り)

素の素早さは抜かれているがこだわりスカーフがあれば上からすいりゅうれんだで弱点を突いていくことができる

の画像

ガブリアス

アタッカー型(AS振り)

上からじしんで弱点を突ける上に、スケイルショットによる素早さ上昇手段もある

の画像

キョジオーン

物理受け型(HB振り)

しんそくも一致技も半減でき、きよめのしおでやけど効果も受けないため対エンテイに安定した物理受けです。

しおづけの定数ダメージにより最低限の遂行速度も備わっています。

の画像

ドヒドイデ

物理受け型(HB振り)

じこさいせいどくどくで粘ることができる

せいなるほのおは非接触技のため、トーチカの毒効果は通らないので注意。

エンテイの基本情報

の画像

タイプ
ほのお
特性

プレッシャー

技を受けると相手の技のPPを1多く減らす。

レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。

せいしんりょく 夢特性

相手の技の追加効果でひるまない。

夢特性の入手方法

 エンテイの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

115

(39位)

115

(117位)

85

(243位)

90

(233位)

75

(326位)

100

(121位)

580

(82位)

 エンテイのタイプ相性

4倍なし
2倍みず じめん いわ
0.5倍ほのお くさ こおり むし はがね フェアリー
0.25倍なし
無効なし

 エンテイの解説

エンテイは第2世代で登場したほのお単の準伝説ポケモンで、スイクンやライコウと同じく合計種族値は580と準伝説にしては少し控えめです。

追加効果が優秀な準専用技せいなるほのおに加え、習得者が少ない先制技しんそくを習得可能でせいしんりょくによっていかくやひるみ効果も受けないため、物理アタッカーとしての運用がメインとなってきます。

今作で登場したエンテイの古代の姿と言われているウガツホムラと異なりりゅうのまいのような優秀な積み技は覚えませんが、あちらはせいなるほのおを習得不可という点だけで充分差別化ができており、しんそくを習得できることや技範囲が独特である点でも差別化が可能です。

また、ハートゴールド・ソウルシルバーの時の配布個体(クラウン3犬)が習得していたしんそくフレアドライブは思い出し技となっています。

エンテイの入手方法

エンテイ

マップ(タップ/クリックで拡大可能)

拡大マップ(タップ/クリックで拡大可能)

最寄りのそらをとぶポイント

ハッコウシティ:北

『藍の円盤』クリア後にブルーベリー学園に出現する「おやつおやじ」から エンテイのおやつをもらうことで固定シンボルで出現するようになります。

また、Pokemon HOMEを経由して過去作から連れてくることも可能です。

エンテイがポケモンSVで習得した技

『藍の円盤』でスカーレット・バイオレットに登場し、エンテイは下記の技を新たに習得しました。

とっしん

くさわけ ※SVの新技

すてみタックル

ランキング

  1. あいことば通信交換コード(合言葉)一覧!|バージョン違いのポケモン入手・『藍の円盤』に対応
  2. 道具プリンターの乱数調整について|オシャボや特性パッチなどを確定で入手する方法・時間や秒数まとめ
  3. ふしぎなおくりもの・あいことば・シリアルコード一覧|配布特典まとめと受け取り方(04/05 テツノカイナ追加)
  4. ひでん(秘伝)スパイスの効率の良い入手方法・落ちやすいレイドと使い道
  5. テラレイドバトルでの色違いポケモンの出現について

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ