【モンハンライズ】操竜(そうりゅう)の基本操作・活用法!体験版で練習しておきたいアクション【MH-RISE】

最終更新日
攻略大百科編集部

2021年3月26日(金)発売予定の『モンスターハンターライズ』における「操竜(そうりゅう)の基本操作・活用法!体験版で練習しておきたいアクション」のまとめになります。

※体験版での情報です。製品版とは異なっている場合があります。

操竜(そうりゅう)の基本知識・操作

操竜とは

操竜とは、中・大型モンスターを操竜待機状態にすることで、背中にのり自由に操作できるギミックです。

操竜のやり方

モンスターを操竜待機状態にする

モンスターに鉄蟲糸技の攻撃を複数回あてたり、「クグツチムシ」を使うことで操竜待機状態にすることができます。また、複数のモンスターが同じエリアで遭遇した際にも一方のモンスターが操竜待機状態になることもあります。

操竜待機状態のモンスターを攻撃する

操竜待機状態中のモンスターの近くで、Aボタン(納刀状態)を押すか、ハンターの攻撃をあてることで自動的に操竜状態へと移行します。

操竜中の操作方法

基本操作

コマンド

アクション

弱攻撃

強攻撃

+

移動

回避

(攻撃中・被弾中)

緊急回避

突進離脱

+

操竜大技

操竜中はモンスター自由に操作できる

モンスターに操竜したあとは、基本操作に対応した行動を自由に行うことができます。基本的には他モンスターを攻撃したり、突進離脱で操竜中のモンスターを壁に激突させたりすることになるでしょう。

攻撃を当てると操竜ゲージがたまる

操竜中のモンスターで別モンスターを攻撃すると、操竜ゲージがたまっていきます。操竜ゲージがマックスになると操竜大技を発動することができるようになります。

操竜操作の注意点

時間制限に注意する

操竜中は操竜ゲージの横にタイマーが表示されます。タイマーが0になると強制的に操竜を解除されてしまうので注意しましょう。

操竜中は他ハンターの攻撃が通らない

操竜中は他ハンターの攻撃が1しか通らなくなります。マルチプレイでは突進離脱などですぐに操竜解除してしまうのが良いでしょう。

操竜(そうりゅう)の活用法・立ち回り

操竜待機状態は攻撃チャンス

操竜待機状態のモンスターはハンターの攻撃を受けるまで、一定時間その場に停止します。なので、大剣やハンマー、チャージアックスなどの一撃が大きなダメージになる技を狙うチャンスとなります。安易に攻撃して操竜状態に移行せず積極的に大技を狙いましょう。

操竜大技はゲージが切れる寸前まで温存する

操竜大技が使えるようになったあとは、ゲージが徐々に減っていきます。ゲージが0になると強制的に操竜解除となりますが、ある程度時間の猶予があるため、ぎりぎりまで通常攻撃を行い、ゲージが0になりそうになったときに操竜大技を使うと良いでしょう。

突進離脱は回避を挟んで複数回行える

突進離脱で壁にぶつかったあとに回避を行うと、翔蟲ゲージを消費してもう一度突進離脱を行うことができます。翔蟲ゲージがなくなるまでこれは繰り返すことができるので、しっかりとダメージを稼ぎましょう。

大型モンスターどうしをぶつける

操竜中は自由にモンスターを移動させることができます。そのため目標モンスターとは別エリアにいる中・大型モンスターに操竜して、目標モンスターまで連れていくことが可能です。

目標モンスターまで連れていった後はそのまま攻撃を行い、操竜状態が終了したら「こやし玉」などで追い払ってしまえば、戦闘序盤から大きなダメージを狙うことができます。

戦いやすい場所へ移動させる

上記でも解説した通り、自由にモンスターを移動させることができるため、戦いやすい地形へ運ぶことも有効な手段となります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ