【あつまれどうぶつの森】離島で持ち帰った方がいいアイテムまとめ【あつ森】

最終更新日
5
件のコメント

『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)の離島ツアーで持ち帰りたいもの(又は持ち帰らなくていいもの)をご紹介します。

離島ツアーとは

「離島ツアー」はマイル旅行券を使って行く離島の事です。
珍しい魚・虫・花等が手に入る場合がありますが、レアじゃなくても木や魚や虫が豊富にいますので、どれを持って帰るべきか悩みますよね。そこで、優先して持ってかえりたいモノをまとめました。売値が高い物を1つでも多く持ち帰りたい方はぜひ参考にしてください。

[PR]

持ち帰りたい昆虫

甲虫

カブト虫やクワガタなどの甲虫類が出現する島では、持てる限り甲虫を持って帰りましょう。大抵の甲虫類はタランチュラやサソリよりも高額で売れます。持参した道具も惜しい物が無ければ、全て虫に置き換えて持ち帰りましょう。

※以下は筆者が甲虫だと思った虫のリストです。間違いがあればご指摘願います。


オウゴンオニクワガタ
[売] 12000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

ギラファノコギリクワガタ
[売] 12000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

ヘラクレスオオカブト
[売] 12000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

オオクワガタ
[売] 10000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 23時~8時
出現場所
(条件)


プラチナコガネ
[売] 10000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 23時~8時
出現場所
(条件)


ゴライアスオオツノハナムグリ
[売] 8000
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

ホソアカクワガタ
[売] 8000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

コーカサスオオカブト
[売] 8000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

ゾウカブト
[売] 8000
出現時期 [北] 7月~8月 [南] 1月~2月
出現時間 17時~8時
出現場所
(条件)
ヤシの木

ニジイロクワガタ
[売] 6000
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 19時~8時
出現場所
(条件)


フンコロガシ
[売] 3000
出現時期 [北] 12月~2月 [南] 6月~8月
出現時間 24時間
出現場所
(条件)
雪玉の周辺
雪玉を転がしている

タランチュラ・サソリ

タランチュラ島」や「サソリ島」に行けた場合は、タランチュラサソリを全力で持って帰りましょう。どちらも 8,000 ベルで売れます。

水生昆虫

離島には水に関する昆虫が出現する島があります。その場合は「タガメ 」(売値 2,000 ベル)が水生昆虫の中では最も売値が高いので、タガメを優先して持ち帰りましょう。


タガメ
[売] 2000
出現時期 [北] 4月~9月 [南] 10月~3月
出現時間 19時~8時
出現場所
(条件)
海以外の水場

ゲンゴロウ
[売] 800
出現時期 [北] 5月~9月 [南] 11月~3月
出現時間 8時~19時
出現場所
(条件)
海以外の水場

アメンボ
[売] 130
出現時期 [北] 5月~9月 [南] 11月~3月
出現時間 8時~19時
出現場所
(条件)
海以外の水場

いらない昆虫

以下の昆虫は売値が 400 ベル未満の昆虫です。博物館に寄贈したい、模型用に3つ集めたい、等の理由がない限りは置いていって問題ありません。

その他の昆虫については、虫の価格一覧をご覧ください。

持ち帰りたい魚

背びれ魚

背びれ魚島」にたどりついた場合、サメ・ジンベイザメ・ノコギリザメの3種類を優先しましょう。全背びれ魚の詳細は以下の一覧をご覧ください。


サメ
[売] 15000
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 16時~9時
出現場所
(条件)

魚影 背びれ
[売] 出現時期 [北] [南]
出現時間
出現場所
(条件)


ノコギリザメ
[売] 12000
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 16時~9時
出現場所
(条件)

魚影 背びれ

シュモクザメ
[売] 8000
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 16時~9時
出現場所
(条件)

魚影 背びれ

マンボウ
[売] 4000
出現時期 [北] 7月~9月 [南] 1月~3月
出現時間 4時~21時
出現場所
(条件)

魚影 背びれ

コバンザメ
[売] 1500
出現時期 [北] 6月~9月 [南] 12月~3月
出現時間 24時間
出現場所
(条件)

魚影 背びれ

大型魚

大型魚島」にたどりついた場合、魚影が超特大(LLL)の魚が狙い目です。魚影が超特大の魚は売値も高く、自分の島で捕まえるのが難しい魚ばかりなので、大型魚の島に来た時はぜひ大型の魚をメインに持ち帰りましょう。

太字は売値が 10,000 ベル以上のものです

魚影 売値

超特大

(LLL)

シーラカンス 15,000 ベル
カジキ 10,000 ベル
チョウザメ 10,000 ベル
ナポレオンフィッシュ 10,000 ベル
ピラルク 10,000 ベル
リュウグウノツカイ 9,000 ベル
マグロ 7,000 ベル

特大

(LL)

イトウ 15,000 ベル
ドラド 15,000 ベル
ガー 6,000 ベル
シイラ 6,000 ベル
ロウニンアジ 4,500 ベル
エイ 3,000 ベル
キングサーモン 1,800 ベル
パイク 1,800 ベル
ヒラメ 800 ベル
スズキ 400 ベル

(L)

アロワナ 10,000 ベル
ライギョ 5,500 ベル
カミツキガメ 5,000 ベル
エンドリケリー 4,000 ベル
ニシキゴイ 4,000 ベル
スッポン 3,750 ベル
タイ 3,000 ベル
チョウチンアンコウ 2,500 ベル
ナマズ 800 ベル
サケ 700 ベル
ブラックバス 400 ベル
コイ 300 ベル

いらない魚

以下の魚は売値が 400 ベル未満の魚です。博物館に寄贈したい、模型用に3つ集めたい、等の理由がない限りは置いていって問題ありません。

その他の魚については、虫の価格一覧をご覧ください。

その他のアイテム

実・樹木

たけ 」が1本 1,500 ベルで売れるので、「竹島」では他に高額な魚や虫が無ければ竹を持って帰りましょう。
ただし、スコップで掘り起こすのに食べ物(くだもの、ヤシのみ、たけのこ等)が必要になるので、竹を持ち帰りたい人は自分の島から予めフルーツを20コ程持ってきておく必要があります。

普通の島」では、「 ヤシのき 」が 500ベル と高めです。500ベル未満の虫や魚よりも、ヤシのきを持って帰る方が意外と金策になります。

種類 樹木

(アイテム欄1マスに持てる数)

売値
くだもの(特産品以外)

(10 コまで持てる)

500 ベル

(10コ・5,000 ベル)

くだもの(特産品)

(10 コまで持てる)

100 ベル

(10コ・1,000 ベル)

たけのこ

(10 コまで持てる)

250 ベル
(10コ・2,500 ベル)
やしのみ

(10 コまで持てる)

250 ベル

(10コ・2,500 ベル)

樹木 たけ 1,500 ベル
ヤシのき 500 ベル
フルーツのき※1

(特産品/特産以外)

300 ベル
しんようじゅ 240 ベル
こうようじゅ 240 ベル

※1「フルーツのき」は、実がついたままでも実がない状態でも同じ売値(300ベル)になります。

花・つぼみ・かぶ

花は基本の3色は売値が安いので、他の物を優先した方がお得です。
花は色と種類によって値段が違いますが、自分の島にない花や珍しい色(交配種)の花は売値だけではなく、純粋に育てる目的で全色・全種類1カブずつ持って帰るのもオススメです。

摘んだ「はな」、「つぼみ」、「かぶ」はどれも同じ値段で売れます。花はアイテム欄1マスで10コ持てるので、金策で持って帰る場合は花を持って帰るとお得です。

例)あかいバラあかいバラのつぼみあかいバラのかぶ はどれも売値40ベルです

種類 花の色 売値

つぼみ

かぶ

基本色:赤・白・黄

基本がオレンジの場合(オレンジのアネモネ )はこちらに含む

40 ベル

(10コ・400ベル)

交配種:オレンジ系・ピンク系

一部の黒・紫系(くろいユリくろいチューリップむらさきのキク )はこちらに含む

80 ベル

(10コ・800ベル)

交配種:一部の黒系・紫系・緑系

くろいバラくろいコスモスみどりのキクむらさきのアネモネむらさきチューリップ

240 ベル

(10コ・2,400ベル)

貝がら

貝がらは、シャコガイ・ホラガイ・サンゴ(売値:900・700・500 ベル)の3つを優先しましょう。それ以外の貝は300ベル以下のうえ数も10コ集まらないので、他に高いものがあれば貝がらは置いていって問題ありません。

種類 樹木 売値
貝がら シャコガイ

(10 コまで持てる)

900 ベル

(10コ・9,000ベル)

ホラガイ

(10 コまで持てる)

700 ベル

(10コ・7,000ベル)

サンゴ

(10 コまで持てる)

500 ベル

(10コ・5,000ベル)

ホネガイ

(10 コまで持てる)

300 ベル

(10コ・3,000ベル)

エビスガイ

(10 コまで持てる)

180 ベル

(10コ・1,800ベル)

サンドダラー

(10 コまで持てる)

120 ベル

(10コ・1,200ベル)

アサリ

※アサリは1マス1コです

100 ベル
タカラガイ

(10 コまで持てる)

60 ベル

(10コ・600ベル)

ヤドカリ は貝がらではなく昆虫の一種です。

 

コメント一覧(5)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

私のところでは500ベルです。南半球か北半球化で変わるんですかね

サンゴって1000ベルじゃありませんでした?

私のところでは500ベルです。南半球か北半球化で変わるんですかね



記事へのご指摘・ご意見はこちら