【あつまれどうぶつの森】テント設置場所のおすすめと張る場所の選び方【あつ森】

最終更新日

『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)で最初にテントを張る際におすすめの場所や、設置場所を選ぶポイントについて解説しています。

テントを張る場所のおすすめ

最初にテントを張るのに最適な場所のポイントをまとめました。

テント設置場所のポイント
  • 案内所や他の住民のテントに近い
  • 木や岩、川や海に近い
    (素材や魚の採取がしやすい)
  • テント設置を利用して邪魔なモノを消す
    (ただし、素材優先なら消さない方が良い)
  • 見晴らしがよい
    (手前に障害物がない場所)

案内所の近く

案内所は利用頻度が一番高い

序盤は「案内所」をよく利用します。DIYの作業場を借りたり、不用品を売りに行ったり、たぬきちに捕まえた虫や魚を見せに行ったりします。

一番利用する「案内所」に近いというのは最大の魅力です。

木や岩、川や海の近く

素材採取に便利

川や海で釣りを行ったり、木やフルーツの木から採取も行います。魚や素材・フルーツの採取がすぐにできるのも1つの魅力です。

初期はまだ川も渡れませんので、広場の近くや、初期に行ける地域の中央に設置すると良いでしょう。

橋をかけたい場所の近く

序盤で川に1つ橋をかけられるようになる

少し話が進むと、川に1つだけ橋がかけられるようになります。橋を架ける場所を意識して、橋を作る予定の場所の近くにテントを設置するのもオススメです。


▲この図では、最初の橋を中央にかけたいのでテントも広場の左側にすればよかったと少し後悔しました。

消したいモノがある場所

テント設置時に木や岩を消せる

テントを設置する時に木や岩のあるスペースにテントを置こうとすると、邪魔なモノをどかしてくれます。テントを張る場所を決めて、「想像してみる」を選ぶとテント設置後の風景が確認できます。

テントの周りを広く使いたい人におすすめ

序盤は木や岩がまだ自力でどかせないので、これを利用して邪魔な木や岩をどかして広いスペースを確保する事も出来ます。こうするとテントの周りが広く使えますので、テントの外に色々と家具などを設置してみたい人にはお勧めです。

どかした素材はリサイクルボックスへ

木や岩をどかしてテントを設置した場合、リサイクルボックスの中に「きのえだ」や「いし」が増えています。(もらえるのは「きのえだ」と「いし」だけです。果物の木や岩そのものは入手できませんでした)

素材採取がしづらくなるデメリットも

島にある木や岩の数が減りますので、素材採取元の木や岩が減ってしまうというデメリットもあります。

特にフルーツの木は、一度フルーツを取ると暫く時間が経たないと再びフルーツを採取できません。

素材やフルーツを1日にできるだけ数多く採取したい場合は、テントの周りが少し狭くてもより多くの木や岩を島に残しておくようにしましょう。

見晴らしの良い場所

手前に邪魔なモノがないか要確認

手前によけいなモノがあると、テントが良く見えません。一度テントを設置すると暫くは移動できませんので、必ず「想像する」でテント設置後の風景を確認してみてください。


▲位置取りを間違えると、テントの入り口が見えなくなります。テント設置時に「想像する」で確認してみましょう。

景観の良さを重視するのもアリ

海辺や滝が見える位置など「景観の良さ」を重視してテントを設置する場所を決めるのも良いでしょう。


▲滝等が見える場所も景観が良くて魅力的です。

テントの位置は後から変えられる?

一度設置したテントが後から変えられるかどうかは、現在確認中です。

マイホームは移設可能

「マイホーム」を建設した後は、案内所の機能としてマイホームの移転なども可能になるようです。

詳しい条件などは不明ですが、案内所の建物がリニューアルされた後に行える可能性が高いです。そのため、初期のテントはしばらく移動できない可能性が高いため、上記のポイントを押さえつつ自分の納得のいく場所に設置してみてください。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら