【あつまれどうぶつの森】ベル(お金)のなる木の育て方と注意点【あつ森】

最終更新日
72
件のコメント
( 3日前 )

『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)でお金を稼ぐ方法の1つ「ベルのなる木」についてのまとめです。ベルのなる木の育て方と、育てる際に気をつけるべき注意点について掲載しています。

ベルのなる木について

ベルのなる木は、つける実がフルーツではなくベルになっている木のことです。自然には発生しませんが、特定の方法で育てることができます。

注意すべき点に気を付けながら使用すれば、リスクなしでお金を増やせるので有効に活用していきましょう。

[PR]

ベルのなる木の育て方

①光っている地面をスコップで掘る

光っている地面は1日に1か所出現します。高台など、道具がないといけない場所にも発生するので、自分がいける範囲で見つからない場合、その日は諦めましょう。

スコップの入手方法について

②埋まっていた1000ベルを入手する

光っている地面には1000ベルが埋まっています。光っている穴が重要なので、穴を埋めないようにしてください。

③光っている穴にベルを埋める

光っている穴にベルを埋めると、ベルのなる木の苗木ができます。埋まっていた1000ベルを埋め直しても良いですが、所持金に余裕がある場合は「10000ベル」がおすすめです。

ベルの分け方


ベルはアイテム欄から所持ベルの部分を選択すれば、好きな金額をアイテムとして分けることができます。

④4日経つと埋めた額のベルが3つ成る

木が大きくなると、埋めた額のベルが3つ成り、フルーツと同じように揺すって回収できるようになります。一度実をつけた後は普通の広葉樹になるので、必要がない場合はオノで切り倒してしまいましょう。

水は必要?


水は与えなくても育ちます。枯れることもありません。

ベルのなる木の注意点

10000ベル以上を埋めるのは賭け

ベルのなる木は埋めた額が10000ベルを超えると、一定確率で10000ベルの袋しかならないという危険があります。

手持ちによほど余裕がある場合でなければ、10000ベル以上を埋めるのはやめておきましょう。

木が育たないとお金を回収できない

ベルのなる木は10000ベル以下を埋めるのであれば確実に利益が出ますが、すぐに手元にベルが返ってくるわけではありません。

木が成長するまでは埋めた分も取り出せないので、埋める金額やタイミングには注意しましょう。

コメント一覧(72)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

結局のところ、、、
①10,000ベルまでは、埋めたベルが3つ育つ
②10,001ベル以上は基本は10,000ベルが3つだが、確率で埋めた額が3つなる。
 →確率未検証、低いと思われる
なので、無難に稼ぎたい人は10,000ベル、ローリスクハイリターンなのは30,000ベル埋めると良いのではないでしょうか?

海岸って早々ないと思いますが、場所変えましたか?(何かを置きたいときとか)

海岸だと育たないと思います。



記事へのご指摘・ご意見はこちら