【あつまれどうぶつの森】おかねのなる木(ベルのなる木)の育て方と注意点【あつ森】

最終更新日
123
件のコメント
攻略大百科編集部

『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)でお金を稼ぐ方法の1つ「おかねのなる木」についてのまとめです。ベルのなる木の育て方と、育てる際に気をつけるべき注意点について掲載しています。

お金のなる木について

お金のなる木は、つける実がフルーツではなくベルになっている木のことです。自然には発生しませんが、特定の方法で育てることができます。

注意すべき点に気を付けながら使用すれば、リスクなしでお金を増やせるので有効に活用していきましょう。


[PR]

お金のなる木の育て方

①光っている地面をスコップで掘る

光っている地面は1日に1か所出現します。高台など、道具がないといけない場所にも発生するので、自分がいける範囲で見つからない場合、その日は諦めましょう。

スコップの入手方法について

②埋まっていた1000ベルを入手する

光っている地面には1000ベルが埋まっています。光っている穴が重要なので、穴を埋めないようにしてください。

③光っている穴にベルを埋める

光っている穴にベルを埋めると、ベルのなる木の苗木ができます。埋まっていた1000ベルを埋め直しても良いですが、所持金に余裕がある場合は「10000ベル」がおすすめです。

ベルの分け方


ベルはアイテム欄から所持ベルの部分を選択すれば、好きな金額をアイテムとして分けることができます。

④4日経つと埋めた額のベルが3つ成る

木が大きくなると、埋めた額のベルが3つ成り、フルーツと同じように揺すって回収できるようになります。一度実をつけた後は普通の広葉樹になるので、必要がない場合はオノで切り倒してしまいましょう。

水は必要?


水は与えなくても育ちます。枯れることもありません。

ベルのなる木の注意点

30,000 ベル以上を埋めるのは賭け

お金のなる木は埋めた額が10,000 ベルを超えると、一定確率で10,000 ベルの袋しかならないという危険があります。

2万ベルを埋めると、3万ベル(10,000ベルx3)6万ベル(20,000ベルx3)のどちらかが入手でき、3万ベルを埋めた場合は、3万ベル(10,000ベルx3)9万ベル(30,000ベルx3)のどちらかになります。ここまでなら損にはなりません。

手持ちによほど余裕がある場合でなければ、30,000 ベル以上を埋めるのはやめておきましょう。

木が育たないとお金を回収できない

お金のなる木はすぐに手元にベルが返ってくるわけではありません。

木が成長するまでの4日間はベルが入手できないので、埋める金額やタイミングには注意しましょう。

コメント一覧(123)

当たり前
植えたいなら再度植えるしかない。

一度入手したら無理って決まってし

できるわけがありません。バグですかね


関連カテゴリ・タグ