【あつまれどうぶつの森】北半球と南半球の違い|おすすめとメリット・デメリット【あつ森】

最終更新日
11
件のコメント
( 5日前 )

『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)では無人島の位置を「北半球」と「南半球」から選べます。その違いやメリットをご紹介します。

北半球と南半球の違い

ゲーム開始時の移住する島を選ぶ時に、あつ森では「北半球」か「南半球」かを選ぶ事が出来ます。この選択は、ユーザー毎ではなくSwitch本体1つの中で共有されますので、ご家族で遊ぶ場合は最初に相談して決めるようにしましょう。

季節が違う

日本は北半球にあるため、「北半球」を選ぶと日本と同じ季節になりますが、「南半球」を選ぶと日本とは全く逆の季節になります。

取れる魚や虫が違う

季節が違うので、当然そこにいる虫や魚たちが違います。

北半球

南半球

▲3月に「アゲハチョウ 」が飛んでいます

▲3月に「ショウリョウバッタ 」がいます

高価で売れる事で有名な「タランチュラ 」は、北半球では11月~4月に出現しますが、南半球では 5月~10月に出現するため、あつ森が発売された3月に南半球を選ぶと5月になるまで出会う事ができません。

逆に南半球では「サメ 」が良く釣れるので、南半球で始めた人達は3月が終わるまでは「サメ 」がお金稼ぎの基本になります。

景色や天候が違う

島に生えている雑草の草や花の様子、天気なども違います。
北半球では、春らしくクローバーやはこべら(ハコベ)のような草花が生えていますが、南半球ではススキや桔梗が生えています。ただし、採取すると単なる「雑草」になるので、アイテムの違いはありません。

北半球

南半球

また3月の天候について、北半球は日本と同じく晴れの日が多めですが、南半球は雨期に当たるので移住2日目からさっそく雨が降っていました。偶然かもしれませんが、天候も季節に合わせた天気になりやすい可能性があります。

北半球

南半球

北半球と南半球どちらが良いの?

それぞれのメリット・デメリット

北半球と南半球のメリットとデメリットをまとめました。

※日本でプレイしている事を前提にしたメリット・デメリットです

北半球

南半球

メリット

  • 日本と同じ季節で楽しめる
  • 北半球プレイヤーが多いと思われるので、他の人の情報を参考にできる(金策・虫や魚集めのコツなど)
  • 季節を重視したイベントを楽しめる

 

 

デメリット

  • 違う季節の虫や魚を集めるのが難しい

 

メリット

  • 日本と違う季節を楽しめる
  • 南半球のプレイヤーは少ないと思われるので、他の人とプレイすると両方の季節の虫や魚を集めやすい

 

デメリット

  • 季節感が合わない為、イベント等では違和感が発生する可能性が高い。(秋のイースター、春のハロウィン、真夏のクリスマス、等)
  • 他のユーザーやサイトの情報が参考にしづらい
    (北半球を前提に書かれている事が多い為)

北半球・南半球は変更が可能?

今のところ、北半球と南半球の変更はできないようです。

どちらがおすすめ?

上記の通り「北半球」の方がメリットは若干多いので、日本でプレイしているユーザーにとっては「北半球」がおすすめです。
でも、楽しみ方は人によってそれぞれですので「日本と違う」というそれだけの理由で、南半球を遊びたい!と思うプレイヤーもいると思います。友達や知人と相談してそれぞれ違う半球を選んで、お互いの島に遊びに行くのも楽しみ方の1つです。どちらを選べば良いのか、ぜひ参考にしてみてください。

コメント一覧(11)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

私的には、南半球の方が楽しいと思いました!

なるほど、そうすれば1つの季節で2つの季節を楽しめますね。

私的には、南半球の方が楽しいと思いました!

私も正しく、「他の皆が選ばないから」という理由で勢いのまま南半球で始めました♪
確かに、季節感とイベントの違和感は全くないといえば嘘になりますが、
私としては私達が北半球での生活を送っている一方、南半球の方々がどんな1年を送っているのか体感できるようで新鮮な気持ちで楽しんでいますよ(o^^o)♪
まだ始めたてですが、これからが楽しみです(笑)



記事へのご指摘・ご意見はこちら